メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

ワークフロー

ワークフローはAdaptive Planningの任意機能です。これが有効になっているときは、このバージョン内でワークフローが承認や組織の却下のプロセスを単純化できます。

会社のワークフロー機能が有効になっていると、個々のバージョン中でも組織は別々の状態をとっており、それをシート概要スクリーンで見れます。

ワークフローはバージョンと組織に特有です−ワークフロー関連のことを行う時は正しいバージョンと組織が選択されていることを確認してください。

組織を提出

  1. シート>概要]へ移動
  2. 組織とバージョン両方のセレクタが正しく組織とバージョンを選択していることを確認してください。
  3. オプションで、[ノート]ボックスに注釈を追加できます。注釈は組織を見れる人なら誰でも見ることができ、組織でも上の階層の人に情報を伝える時に便利です。
  4. スクリーン下方の[提出]をクリックしてください。

組織が提出されると、次の階層レベルの担当者に通知され、その人が組織を承認または却下できます。どちらにしても、Eメールメッセージの通知を受け取ります。組織が却下されたら、その組織のシートを編集することで変更でき、必要に応じて再提出できます。

組織は様々なレベルのマネージャに受領そして承認され、階層をロールアップします。

ワークフローの管理

ワークフロー] スクリーンでは、自分でコントロールしている組織の提出を管理できます。

workflowUI.png

組織ツリーには、コントロールしているすべての組織とその現在のワークフローの状態が表示されます。

workflowInProgress.png  組織は依然として 進行中

workflowSubmittedForReview.png 組織はレビュー用に送信済み

workflowApproved.png 以前に送信された組織は承認済み

workflowRejected.png 以前に送信された組織は拒否済み

workflowLocked.png 以前に承認された組織は承認された後に、確定済み

ワークフローはどの組織とユーザ割当シートがどのように送信、確認、拒否(必要な場合)、承認されるかについてのプロセスです。 組織とユーザ割当シートには次のライフサイクルがあります。

進行中 > 拒否済み (オプション) > 承認済み

組織またはシートが承認されると、さらに更新できないようにロックされます。

親組織は、その下のすべてのサブ組織が承認されている場合にのみ送信できます。権限がある場合は、親組織を送信する一環としてサブ組織を承認できます。

親組織を送信すると、その下のすべてのサブ組織も承認および確定済みになります。親組織の送信を解除しない限り、サブ組織の送信を解除することはできません。

組織のワークフローの状態に関するメモを組織に添付することができます。"メモ" ボックスにテキストを入力してから "メモのみを保存" ボタンをクリックしてください。メモはワークフローの状態が変更される際にも保存されます(組織が送信または承認される場合など)。

"リセット" ボタンを使用すると、すべてのサブ組織とユーザー割り当てシートのステータスが「進行中」に設定されます。

シート

ユーザー割り当てシートへのアクセス権がある場合は、そのワークフローの状態をこのページでコントロールできます。"「シート 」"ツリーでシートを選択した後、ボタンをクリックすると状態を変更できます。シートのワークフローの状態とサイクルは、組織の場合と同様です。

組織と同様、ユーザー割り当てシートにはワークフローの状態に関するメモを添付できます。[メモ]ボックスでテキストを入力したら、[メモのみを保存]ボタンをクリックしてください。

  • この記事は役に立ちましたか?