メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

マルチインスタンスソリューション - 属性マッピング

この画面では、ソース インスタンスから現在の(ターゲット)インスタンスに属性をマップできます。

  • ソース属性 - この列には、リンク元サブインスタンスの属性がすべて表示されます。
  • ターゲット属性 - この列には、現在の(ターゲット)インスタンスの属性がすべて表示されます。

ソース属性とターゲット属性の間でマッピングを設定するには、以下の手順に従ってください。

  1. マップしたいソース属性を見つけ、これをクリックして選択します。検索ボックスを使うと、リスト内でソース属性をすばやく見つけられます。
  2. この画面の [マッピング詳細] セクションでターゲット属性を見つけたら、これをクリックして選択します。検索ボックスを使うと、リスト内で属性名をすばやく見つけられます。各ターゲット属性は、単一のソース属性にのみマップできます。ターゲット属性がすでにマップされている場合は、[マッピング詳細] セクションで無効として表示されます。特定の単一のソース属性に対して複数のマッピングを作成できます。ソース属性をクリックした後、Control を押しながらクリックすると複数のターゲット属性を選択することができます。
  3. ターゲット属性を見つけて選択したら、[保存] をクリックします。
  4. ソース属性とターゲット属性の間でリンクを確立すると、[マッピング詳細] セクションに [以下の属性値マッピング:] リンクが表示されます。このリンクをクリックすると、属性値マッピングを確立できます。

[印刷対応ビュー]ボタンをクリックし、Excel ファイルとしてこの画面の属性マッピングのエクスポートを入手できます。

関連トピックの詳細な情報については、以下を参照してください。

マルチインスタンスソリューション
マルチインスタンスソリューション - 属性値マッピング
マルチインスタンスソリューション - 科目マッピング
マルチインスタンスソリューション - リンク組織を更新

  • この記事は役に立ちましたか?