メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

マルチインスタンス ソリューション - リンク元レベルを更新

リンク元レベルを更新する権限のあるユーザーが親インスタンスでデータを更新できます。これによりソース子インスタンスのデータと同期化されます。リフレッシュは各バージョンで別個に実行できます。

 

列の説明

[組織の更新]ページの列は一つの組織を更新するか、すべてを更新するかで異なります。表示される可能性のある列は次のとおりです。

  • バージョン名: この列には、現在の(親)インスタンスのターゲット バージョンが列記されます。ロックされたバージョンはリストに表示されますが、[リフレッシュ] ボタンがないのでリフレッシュできません。
  • デフォルト: デフォルトのバージョンは、この列のチェックマークによって示されます。
  • 最終更新: この列には、このバージョンで最後に更新を行ったユーザーの名前と、最終更新の日時が表示されます。
  • ソース バージョン: この列には、最後の更新中にデータを引き出したリンク元インスタンスのバージョンが表示されます。ターゲット バージョンがソース バージョンから更新されていない場合、この列は空白になります。
  • 更新: このアイコンをクリックするとダイアログが表示され、子インスタンスからソース バージョンを選択できます。その後、親インスタンスで、選択した行のバージョンを更新します。

組織の更新

組織は個別にも全社でも更新できます。

個別の組織を更新するには、次を実行してください。

  1. [組織を管理] 画面で(モデル>モデル管理クリック組織)、組織構造ツリーから更新したいリンク元レベルを見つけ、クリックして選択します。
  2. [リンク元レベル] ボタンをクリックしてメニューを表示、リンク組織を更新] を選択します。
    [リンク組織を更新] 画面が表示されます。
  3. 更新したいバージョンの横にある [更新] ボタンをクリックします。
    実績バージョンを更新する場合、実績バージョンは常にリンク元インスタンスの実績バージョンから更新されます。それ以上の作業は必要ありません。
    計画バージョンを更新している場合は、次のステップに移ってください。
  4. 計画バージョンの [更新] ボタンをクリックすると、ソース バージョンのリストを伴ったダイアログ ボックスが表示されます。ターゲット バージョンを更新したいソース バージョンを選択します。計画バージョンを更新する際に実績バージョンも更新したい場合は、「実績をインポート」というラベルの付いたドロップダウンから更新する実績バージョンを選択してください。
  5. 更新をクリックします。

リンク元レベルのすべてを一度に更新するには次の手順に従ってください。

  1. [組織構造の管理]画面で(モデル>モデル管理クリック組織)、[リンク元レベル] ボタンをクリックしてそのメニューを表示し、[全組織を更新]を選択します。
    [全組織を更新] 画面が表示されます。
  2. 更新したいバージョンの横にある [更新] アイコンをクリックします。
    実績バージョンを更新する場合、実績バージョンは常にリンク元インスタンスの合計実績バージョンから更新されます。それ以上の作業は必要ありません。
    計画バージョンを更新している場合は、次のステップに移ってください。
  3. 計画バージョンの [更新] ボタンをクリックすると、ソース バージョンのリストを伴ったダイアログ ボックスが表示されます。ターゲット バージョンを更新したいソース バージョンを選択します。計画バージョンを更新する際に実績バージョンも更新したい場合は、「実績をインポート」というラベルの付いたドロップダウンから更新する実績バージョンを選択してください。
  4. 更新をクリックします。

リンク元レベル通貨

更新時には通貨換算は行われません。 リンク元計画内の通貨が、子インスタンス内の社用通貨に合致することを確認します。

 

マルチインスタンスモデルの詳細な情報については、以下を参照してください。

マルチインスタンスソリューション
マルチインスタンスソリューション - 科目マッピング
マルチインスタンスソリューション - 属性マッピング
マルチインスタンスソリューション - 属性値マッピング

  • この記事は役に立ちましたか?