メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

Adaptive ですべてのユーザに対して SAML SSO を有効にする

設定とテストが完了したら、すべてのユーザーに対して SAML SSO を有効にできます。

連携 ID の入力

[SAML / SSO 設定の管理] ページで、SAML ユーザー ID として SAML の連携 ID を選択した場合、­アプリケーションにアクセスしたいユーザーごとに連携 ID を入力する必要があります。これには、手動で個別に行うか、スプレッドシートをアップロードして一括で行うことができます。

連携 ID とは異なる SAML ユーザー ID を選択した場合は、以下の「“すべてのユーザーに対して SSO を有効にする”」まで進みます。

連携 ID を手動で追加するには:

  1. Adaptive で、[管理]  > [ユーザーの編集]  を開き、アプリへのアクセスを許可するユーザーを選択します。

  2. ユーザーの SAML の連携 ID­ として、Okta または PingOne アカウントの E メールアドレスを入力します。

  3. アプリにアクセスする必要がある他のユーザー(該当する場合)にも、同じ操作を行います。

連携 ID のスプレッドシートをアップロードするには:

  1. Adaptive Insights にログインします。

  2. [管理]  > [管理] [SAML SSOの設定] を開きます。
    リンクが利用できない場合は、Adaptive サポートまでご連絡ください。

  3. 右上にある [ ユーザーの更新] をクリックします。
    [ユーザーの更新] ダイアログが開きます。

  4. コンピューターにテンプレートをダウンロードし、ユーザーリストの連携 ID を入力します。

  5. [ユーザーの更新 ] ダイアログで、[参照] をクリックします。

  6. 上で入力したテンプレートファイルを選択します。

  7. [開く] をクリックします。

  8. [保存]をクリックします。

すべてのユーザーに対して SSO を有効にする

セットアップをテストしたら(該当する場合は連携 ID を入力する)、すべてのユーザーに対して SSO を有効にできます。これを行うには:

  1. [管理]  > [ユーザーを編集] を開きます。 SAML の連携 ID が、すべてのユーザーに存在していることを確認します。

  2. [管理]  > [管理][SAML SSO 設定の管理] を開きます。

  3. [SSO を有効にする ] フィールドで、[ SAML SSO のみを許可する ] または [SAML SSO を許可し、Adaptive Insights のログインを表示する] のいずれかを選択し、インスタンス全体に対して SAML SSO を有効にします。

  • この記事は役に立ちましたか?