メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

SAML SSO設定

SAML(Security Assertion Markup Language)はオープンスタンダードのXMLベース形式で、IDプロバイダーとサービス プロバイダー間で認証と許可をやり取りするためのものです。その利点のひとつは複数のオンライン サービスでシングルサインオン(SSO)を利用できる機能です。 

このページではユーザーが Adaptive Insights を設定して様々な ID プロバイダーから SAML トークンを受け入れられるようにします。

SAML SSO セットアップの詳しい手順については、「SAML SSO のドキュメント」を参照してください。 

[SAML SSO の設定] ページでは、ID プロバイダーとやりとりするよう、Adaptive Insights を設定します。このページの SAML 構成フィールドを次に示します。 

SAMLバージョン -  ID プロバイダーとやりとりするために 使用するSAMLのレベル

ID プロバイダー名 - Adaptive にリンクしようとしている ID プロバイダーの名前 

ID プロバイダーのエンティティ ID - ID プロバイダーの ID。これは通常、ID プロバイダーの提供するインターフェイスの管理セクションで見つけることができます。 

ID プロバイダー SSO URL - Adaptive Insights に直接ログインするために、 ID プロバイダーによって使用される URL。通常、次のような形式になります。 
https://ADFS_HOST/adfs/ls/idpinitiatedsignon.aspx?logintoRP=AdaptiveInsights

カスタム ログアウトURL - オプション。ユーザーが Adaptive Suite でログアウトをクリックしたときに読み込まれるURLを入力します。 

ID プロバイダーの証明書 - ID プロバイダーからダウンロードした証明書をアップロードするには [参照] をクリックします。 

SAML ユーザー ID タイプ - 使用するユーザー ID タイプを選択します。ユーザーの Adaptive Insights ユーザー名または連携 ID。 

SAML ユーザー ID ロケーション - ユーザー ID がある SAML トークンの場所を選択します。 

また、SAMLの有効化メニューを使用してSAML SSOの有効化と無効化を切り替えたり、SAML SSOとAdaptiveの両方のログインを有効にしたりできます。SAML SSO を使用して Adaptive Insights のログインページからログインするには、ユーザーは、パスワードフィールドを空のままにしておくことができます。これにより、認証を行う ID プロバイダーに転送されます。

 

  • この記事は役に立ちましたか?