メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

連結の設定

前提条件

Consolidation をセットアップする前に、エンティティまたは取引先間でアクティビティを処理する方法を決定します。

次の表に、相殺消去メソッドの選択肢を示します。

メソッド 説明 選択
科目特性 各取引先で、内部取引科目買掛金­および売掛金 (貸方と借方) が必要です。 別々のアカウントが優先される場合。このメソッドは、より多くのタッチポイントと同等以上の精度を提供します。
組織属性 (分割) 内部取引科目を区別するために使用されます。これらの科目にデータを入力するために使用されるすべてのシートに、取引先の属性を割り当てる必要があります。 タッチポイントが少なく、適度な粒度のサブ科目構造が望ましい場合。

以下は、相殺消去メソッド が科目特性でセットアップされている場合の内部取引の例です。

Example of Account Attribute Intercompany Transactions

以下は、相殺消去メソッドが分割でセットアップされている場合の内部取引の例です。

Example of Dimensions (or splits) Intercompany Translations

考慮事項: 相殺消去メソッドは、慎重に選択してください。この設定 は、次の場合を除き、いつでも変更できます。

  • 既存の相殺消去ルール。この設定を変更する前に、すべての相殺消去ルールを削除してください。
  • 組織属性 (分割) メソッドでは、取引先の属性­は、シートで使用できません。この設定を変更する前に、すべての参照を削除してください。
  • 既存の取引先はすべて、切り替え時にリセットされます。切り替えが完了したら、再設定­する必要があります。

 Consolidation の セットアップ

これらは、連結プロセスを設定するための高度な手順です。

  1. 相殺消去 (取引先科目識別) メソッドを選択します。 
    1. 次に移動します: [管理] > [システム] > [一般設定]。[セットアップ] ページが表示されます。
    2. [設定の詳細] から、[取引先科目識別] オプションのいずれかを選択します。
      • 科目特性の使用 (デフォルト)
      • 分割の使用
    3. [保存] をクリックします。
  2. 相殺消去および取引先に必要な組織レベルを定義します。
  3. グループ間 GL 科目の定義
  4. 相殺消去ルールを作成します。
  5. オプション。仕訳入力を作成します。
  6. オプション。再分類ルールを作成します。

配賦

配賦とは、ある組織の 1 つの部門から別の部門に値 (収益や人件費) を再度割り当てるプロセスを示します。Consolidation で、このプロセスは、配賦ルールを使用して実行されます。これは、[配賦ルールの管理] ページで作成および管理されます。[管理] ページから、[配賦ルールの管理] ページにアクセスできます。 

  • この記事は役に立ちましたか?