メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

仕訳入力

仕訳入力は、通常、入力を調整するために定義されます。これらの入力は、タイミングの問題によって発生する場合があります。たとえば、入力がレポートに必要であるが、総勘定元帳データからまだ統合されていない場合や、総勘定元帳に含まれないレポートにのみ保持される入力である場合などです。

仕訳入力は、ヘッダー行と明細行で構成されます。ヘッダーには、入力に関するコンテキスト­情報が含まれます。これらの行には詳細 (GL 科目と金額) が含まれます。行には貸方および借方があり、各行には貸方額または借方額のいずれかが含まれます。貸方と借方の金額でバランスが取れている必要があります。

仕訳入力リストは、仕訳入力を管理するためのメインページです。次の操作ができます:

  • 仕訳入力を手動で作成する
  • 仕訳入力のコピーと削除
  • 仕訳入力のインポートまたはエクスポート
  •  仕訳入力のリストを Excel スプレッドシートにエクスポートする

ナビゲーション: Consolidation > 仕訳入力

許可が必要: Consolidation へのアクセス

仕訳入力の検索

上部にあるフィルターを使用すると、 多数の­仕訳入力から、希望する入力を見つけやすくなります。以下でフィルターすることが可能です。

  • 仕訳入力バージョン
  • 期間
  • 説明に次が含まれる
  • 組織
  • 通貨
  • 仕訳入力番号には次が含まれます:
  • 科目
  • 次の金額より大きい
  • 次の金額より小さい

仕訳入力調整を管理する手順

仕訳入力を管理するためのハイレベルの手順は次のとおりです。

  1. 仕訳入力バージョンを作成します。
  2. 仕訳入力を手動で作成するか、仕訳入力のバッチをインポートします。
  3. サブ仕訳入力を作成します。

仕訳入力の逆仕訳

場合によっては、ソースシステムブックが期間で確定された後で、仕訳入力が会計期間の終了時に転記されることがあり、これは次の期間にソース­システムにも転記されます。この場合、この転記のタイミングにより、重複エントリが転記されることがあります。

この複製の影響を無効にするには、次のオプションがあります。

  • Consolidation で逆仕訳を行い、重複を相殺します。
  • 自動的に逆仕訳するよう、元の仕訳入力を設定します。仕訳入力に自動逆仕訳設定を適用すると、それ以降の期間で元の仕訳入力が自動的に相殺されます。

 Adaptive Planning での仕訳入力情報 

仕訳入力バージョンを表示しているときに、セルエクスプローラに仕訳入力情報が表示され、仕訳入力にドリルダウンできます。

また、仕訳入力は完全に監査可能であるため、管理者は、入力を作成、編集、または削除したユーザーを確認できます。変更履歴は、仕訳入力ヘッダーと行の両方の変更を取得します。

ユーザーが仕訳入力を表示または編集できるかどうかは、ユーザーの’ロール権限­で設定されます。[ルール期間] で、ルールをバージョン全体に適用するか、特定の月のみに適用するかを選択します。

仕訳入力で使用されている科目は削除できません。

逆仕訳された元の仕訳入力 (または親) を管理する場合、仕訳入力ページには逆仕訳へのリンクが含まれます。逆仕訳入力には、親仕訳へのリンクが含まれます。

  • この記事は役に立ちましたか?