メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

仕訳入力の作成

以下の方法を使用して仕訳入力を作成できます。

  • 仕訳入力を一度に 1 つずつ作成する。

  • インポートテンプレートを使用して、一度に複数の仕訳をまとめてバッチインポートする。

仕訳入力は、[連結] タブの [仕訳入力] サブタブにあります。このサブタブには、特定の入力を表示するためにフィルタリングできる仕訳入力一覧ページが表示されます。

自動番号付けが有効になっている場合、このフィールドには、そのバージョンで作成された次の仕訳入力の入力番号が表示されます。ただし、これは編集できません。

重要: 一度設定すると、手入力の仕訳入力番号は変更できません。保存する前にこれらの入力を確認してください。

一般的なガイドライン

Consolidation で仕訳入力を定義する際は、次のガイドラインに留意してください。

  • 貸方と借方の金額でバランスが取れている
  • 仕訳入力バージョンが必要である
  • 仕訳入力は、選択された組織の有効通貨で転記される
  • 必要に応じて、定期的な期間限定オプションを使用できる
  • 仕訳入力の変更は、以下の場合に可能になります。
    • 仕訳が転記されている期間が確定されていない (クローズされていない)
    • 仕訳入力バージョンが確定されていない
  • 開始期間がバージョンの最終期間でない場合は、次の期間に仕訳入力を繰り越すことができる

仕訳入力の作成

前提条件: 仕訳入力を作成する前に、仕訳入力バージョンを作成する必要があります。

  1. Consolidation > [仕訳 入力] に移動します。

  2. リストページから、[新規] をクリックします。
    [仕訳入力の作成] ページが表示されます。

  3. 仕訳ヘッダーのフィールドに情報を入力します。

  • 仕訳入力バージョン: 複数の仕訳入力バージョンがある場合は、この仕訳入力を入力するバージョンを選択します。

  • 日付 仕訳入力が有効になる日付。

  • 組織: 仕訳入力が影響を及ぼす組織。仕訳入力とそのラインの通貨を決定します。

  • 発生: このドロップダウンは、繰り返しおよび自動逆仕訳機能に影響します。ルートの時間層 (週など) よりも高いレベルの時間層 (月など) を選択できます。仕訳入力を自動的にトリガーする、 繰り返しの時間帯を選択します。自動逆仕訳が有効になっている場合、時間層は、逆仕訳が転記されるときを決定します。

  • 自動逆仕訳: このオプションを選択すると、次の期間に仕訳入力が逆仕訳されます。

後続期間がデータ入力に対してロックされている場合、期間がアンロックされた時点で、転記が行われます。

  • 仕訳番号: 手動による番号付けが選択した仕訳入力バージョンで有効になっている場合、仕訳入力の番号を設定します。自動逆仕訳入力の仕訳番号は、「-R」付きで表示されます。選択した仕訳入力バージョンで、仕訳入力の番号付けが「いいえ」に設定されている場合、逆仕訳には「-R」だけが表示されます。

注:他のユーザーが同じバージョンの仕訳入力を処理している場合、自分の入力と他のユーザーの入力は、作成された順番ではなく、保存された順番に自動的に番号が付けられます。仕訳入力番号フィールドに表示される数字は、保存する際に仕訳入力に割り当てられる番号では ありません。

  • プレフィックス: 手動による番号付けが一部の仕訳入力バージョンで有効になっている場合、このフィールドでは仕訳入力のプレフィックスが表示されます。プリフィックスは編集できません。

  • 繰り返し: 自動番号付き仕訳入力のみ。仕訳入力を毎期間自動的に繰り返す場合は、繰り返しの終了期間を選択します。 

  • 説明: 仕訳入力の説明を入力します。これは [仕訳入力リスト] ページに表示されます。

  1. [仕訳ライン] エリアで、[科目] 列をクリックし、すべての科目のドロップダウンリストを表示します。
  2. このラインが影響する科目を見つけてクリックします。
    このプロセスを高速化するには、検索ボックスを使用します。
  3. [貸方] または [借方] 列をクリックし、貸方または借方の金額を入力します。
  4. 仕訳入力が完了するまで、仕訳ラインの作成を続行します。
  5. ラインを削除するには、 Delete Icon  をクリックして削除します。
  6. [保存]をクリックします。

仕訳入力の編集

ナビゲーション: Consolidation > 仕訳入力 

仕訳入力を編集するには、リストで仕訳入力を見つけて 説明 リンクをクリックします。[仕訳入力の管理] ページが表示されます。これは、仕訳入力の作成に 使用されるのと同じユーザーインターフェイスです。

注:仕訳入力は、確定 (ロック) された期間またはバージョンにある場合は編集できません。

  • この記事は役に立ちましたか?