メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

ワークフローの使用

ワークフローはオプションです。ワークフローをセットアップすると、プランニングのバージョンおよび実績(実績サブバージョンは除く)内で組織を承認・却下するプロセスが簡素化されます。

Before You Begin

  • ワークフローは追加機能です。担当者を通してリクエストしてください。
  • ワークフローの管理に必要な権限: 組織を承認
  • 承認に向けて組織を送信するために必要な権限:[シートにアクセス] > [編集可能なシートにアクセス]

How You Get There

Navigation Icon5.pngシートを編集できる場合、nav menuで [シート] > [概要] をクリックします。ページの下部にある組織ワークフローステータスを見つけます。アクセス可能な組織でシートを送信します。

Navigation Icon5.pngワークフローを承認できる場合、nav menuで [ワークフロー] をクリックします。すべてのシートおよび、組織ごとまたはユーザーごとのステータスが表示されます。

メインナビゲーションメニューのワークフローオプションは、組織階層へのアクセス権を持つユーザのみが使用できます。リーフ組織にのみアクセスできるユーザは、プロセスタスクを使用してワークフローを表示、送信、承認できます。「プロセスとプロセスタスクの作成」を参照してください。

ワークフローの仕組み

ワークフローは、組織割当シートとユーザー割当シートの両方について、完成したシートの承認プロセスを提供します。シートのすべてのデータ入力が完了するか、データが実績にインポートされると、承認を得るために、シートの概要からマネージャーまたはスーパーバイザーに送信することができます。

Workflow section of the Sheets Overview page

承認者は、E メール通知を受信し、データをレビュー、拒否 (必要に応じて)、承認できます。承認者がステータスを変更すると、Eメール通知が届きます。

ワークフローステータスを承認できる場合、ワークフローページで組織割当シートとユーザー割当シートの両方を表示できます。組織割当シート ([ワークフローステータス] タブの上部にある) は、ワークフロー内の組織別に送信、レビューされます。ユーザ割当シート ([ワークフローステータス] タブの下部にある) は、シート別に送信されます。

workflowUI.png

管理下のすべての組織とシートをステータスとともに表示できます。

workflowInProgress.png進行中:データの入力またはインポートに向けてシートの準備が完了している。特定の組織または親組織へのアクセス権を持つユーザと組織承認者は、シートにデータを入力またはインポートできます。

workflowSubmittedForReview.pngレビュー用に送信済み:レビューに向けてデータの準備が完了している。親組織へのアクセス権を持つユーザと組織承認者のみが、シートの行を追加、更新、置換できます。

workflowApproved.png承認済み:レビュー担当者がデータをレビューし、承認した。組織を承認すると、その組織のセルがロックされます。特定の組織または親組織へのアクセス権を持つユーザと組織承認者は、そのデータを編集できません。

workflowRejected.png拒否済み:レビュー担当者がデータをレビューし、拒否した。ベストプラクティスは、さらに実行する必要がある作業を説明するメモを残すことです。特定の組織または親組織へのアクセス権を持つユーザと組織承認者は、シートにデータを入力またはインポートできます。

workflowLocked.png承認/確定済み:レビュー担当者が親組織を承認し、すべてのサブ組織が確定された。特定の組織または親組織へのアクセス権を持つユーザと組織承認者は、その組織とサブ組織のデータを編集できません。

ワークフローはバージョンと組織に特有であるため、ワークフロー関連の作業を行う時は、必ず正しいバージョンと組織を選択してください。

実績のワークフローの有効化

  1. [モデリング] > [バージョン] に移動します。
  2. リストからルート実績を選択します。ルート実績は、リストの最初の実績バージョンです。
  3. [バージョン詳細] 画面で [ワークフローを有効化] をクリックします。
  4. 保存]をクリックします。

実績のサブバージョンにワークフローを有効にすることはできません。

組織の送信、承認、または却下

組織を送信する場合、その組織の組織割当シートをすべて送信します。

  1. シート>概要]へ移動
  2. 組織とバージョン両方のセレクタに正しい組織とバージョンが選されていることを確認します。
  3. 必要に応じて、画面下部の [ノート] ボックスにメモを追加します。
  4. 画面下部の [送信]、[承認]、または[拒否]をクリックします。

親組織は、その下のすべてのサブ組織が承認されている場合にのみ送信できます。権限がある場合は、親組織を送信する一環としてサブ組織を承認できます。

親組織を送信すると、その下のすべてのサブ組織も承認および確定済みになります。親組織の送信を解除しない限り、サブ組織の送信を解除することはできません。

ユーザー割当シートの送信、承認、または拒否

  1. [前提条件] > [概要] に進み、ユーザー割当シートのリストを表示します。
  2. リストからシートを選択します。
  3. 必要に応じて、右側で [メモ] を追加し、[送信]、[承認]または [拒否] をクリックします。

ワークフローステータスの変更

  1. ナビゲーションバーから [ワークフロー] に進みます。
  2. ツールバーの上にあるバージョンのドロップダウンで正しいバージョンを選択したことを確認します。
  3. リストから送信する組織またはシートを選択します。
  4. 必要に応じて、画面の右側で [メモ] を追加し、[送信]、[承認]または [拒否] をクリックします。

リセット 

すべてのシートおよび組織を1クリックでリセットして [進行中] に戻します。

  1. [ワークフロー] に進みます。
  2. ツールバーの上にあるバージョンのドロップダウンで正しいバージョンを選択したことを確認します。
  3. 組織リストから[会社全体]を選択します。
  4. [リセット] をクリックします。

メモを残す

[メモ] ボックスにコメントを追加して、ステータスの変更を送信するか、[メモのみ保存] をクリックします。これにより、完了した内容、質問、あるいは拒否または承認の理由を他の人に知らせることができます。

  • この記事は役に立ちましたか?