メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

シートタイプの特定

表示中および編集中のシートの種類(標準、モデル, またはキューブ)を特定する方法について説明します。

 

シートには、データ(実際の元帳データ、予測、人事情報および予算など)を表示、入力、更新するためのインターフェイスが用意されています。シートには、標準、モデル、キューブの3種類があります。 

[シートの概要] および [インターフェイスツアー] を参照してください。 

標準シート

標準シートは科目と期間で構成されるシンプルなグリッドを含んでいます。標準シートの一例としては費用シート、収益/レベニューシート、利益と損失シート、残高シート、キャッシュフローシートなどが挙げられます。

ExampleStandardSheet1.png

次を探します。

1 行の下の科目または組織。 

2 ドロップダウンメニューの組織または科目。ドロップダウンを使用して行を切り替えます。 

3 列全体の時間。[表示オプション] を使用して期間を変更します。

4 ドロップダウンの値を持つセルを有する列としての属性。標準シートはすべて属性を有しているとは限りません。属性を選択するには分割を追加します。 

標準シートはツールバーに [分割の追加addSplit.png]、[分割の削除deleteSplit.pngおよび [分割の名前変更] renameSplit.pngボタンを有しています。「分割と行の追加」を参照してください。

モデルシート

モデルシートレコードベースのデータを入力する場合に使用します。このシートには、列全体にカスタマイズされたフィールド名前があり、行としてレコードがあります。モデルシートには、売上から得られた収益、作業員の月収、資本購入の償却など、財務イベントをモデル化するための基礎的なビジネスロジックが含まれます。

Example Model Sheet

次を探します。

1 分割の追加、削除、名前変更ボタンに加え、あるいはそれらの代わりとなる [行の追加] sheetAddRow.pngおよび [行の削除sheetDeleteRow.pngボタン。「分割と行の追加」を参照してください。

2 上部全体のラベル付けされた列および行の下にリストされたレコード。列のタイプは、フィールドに入力するか、ドロップダウンから選択するかのいずれかによってデータの入力方法を決定します。行ヘッダーがありません。列ヘッダーのみです。

新しい情報を既存の行に入力するか、新しい行を追加します。管理者は、モデルシートが一度に表示できる最大行数を設定できます。この事例の場合、合計で行がいくつ表示されているかを示すメッセージが表示されます。フィルターを使用すると、異なるデータセットを見つけることができます。

キューブ シート

キューブ シートは、大きくなる可能性がある属性セットのいくつかの科目で多次元データを入力できるタイプのシートです。

Example of a Cube Sheet.

次を探します。

1 ツールバーに表示オプションがさらに表示されます。シートをピボットし、複数の方法でデータを表示します。「シート表示の変更」を参照してください。

2 組織のドロップダウンはありません。組織は、フィルタ、列、行として使用するための属性です。 

3 代替的な属性: データをフィルターし、列と行にドラッグアンドドロップし、行に最大5つの属性をネストします。

  • この記事は役に立ちましたか?