メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

按分による合計セルの編集

時間、組織、属性、科目の合計における按分方法の使用方法について説明します。

対象者:シートにデータを入力する入力者。

合計は、事前に設定された構造に従って入力の値を合計するか平均します。合計セルは、時間、科目、属性、組織の値の合計を示します。 

すべての合計をシート内で編集できるわけではありません。合計を編集するには、青色のセルを探します。「シート内の合計セル」を参照してください。

どのようなときに使用するか

目的の総合計が分かっており、詳細または関連要素が重要ではない場合に使用します。

が始める前に

  • 合計計算タイプを知って、按分の仕組みを理解してください。「編集可能な合計セル」セクションを参照してください。

そこに着く方法

Compass.pngナビゲーションメニューから [シート]、[前提条件] または [プロセス] を選択します。シートを開いたらバージョンを選択し、組織を選択します。セルを編集するにはリーフ組織を選択しなければなりません。

シートを開く」および「編集可能なセルに移動」を参照してください。

合計値の入力と按分方法の選択

  1. 合計の計算タイプを確認します。
  2. 青色のセルに値を入力し、[Enter] キーを押します。 
  3. 方法の選択:
    • 過去の値の比率で按分
    • 均等に按分
    • 前年同期の値の比率で按分
    • 時間の合計の場合、さらにオプションがあります。4-4-5、4-5-4、5-4-4、または前提条件。
  4. [適用] を選択します。
  5. シートを保存します。

按分プロンプトなし

合計値を入力し、按分オプションが指定されていない場合は、次のいずれかを実行します。

  • モデルの一般的な設定に従ってシートが自動的に按分を計算する。 
  • または、合計計算タイプを [最後] にする。最後の関連セルには、合計と同じ値が入ります。

按分方法

科目、時間、および属性の合計に使用できます 

各方法について、開始値は次のとおりです。

セル1:100

セル2:200

セル3:300

合計に「1000」を入力します。

按分方法 仕組み 総合計の場合 平均合計の場合
過去の値の比率で按分

関連セルの既存の値に比例して分配します。

 

セル1:167

セル2:333

セル3:500

セル1:500

セル2:1000

セル3:1500

前年同期の値の比率で按分

関連する各セルに前年の値を使用し、比例分配します。 

セルの現在の値ではなく前年を使用することを除いて、比例的按分に似ています

セルの現在の値ではなく前年を使用することを除いて、比例的按分に似ています
均等に按分

合計を均等に分割するか、平均をすべての関連セルにコピーします。

セル1:333

セル2:333

セル3:333

セル1:1000

セル2:1000

セル3:1000

 

時間のみに使用できます

この方法はパターンに従って加重されます。

各方法について、開始値は次のとおりです。

セル1:100

セル2:200

セル3:300

合計に「1000」を入力します。

方法 仕組み 総合計の場合 平均合計の場合 
4-4-5 3セルごとに最大の加重がかかります。

セル1:308

セル2:308

セル3:385

923、923、1,154

セル1:308

セル2:308

セル3:385

4-5-4 最大の加重は2つ目のセルにかかり、その後は3セルごとにかかります。

セル1:308

セル2:385

セル3:308

セル923

セル2:1154

セル3:923

5-4-4 最大の加重は最初のセルにかかります。その後は3セルごとにかかります。

385、308、308

セル1:385

セル2:308

セル3:308

1,154、923、923

セル1:1154

セル2:923

セル3:923

前提条件 ドメイン用にカスタム作成された按分方法を含むドロップダウンメニュー。 不定 不定

合計セルのトラブルシューティング

合計が編集できない場合は、シートタイプと合計計算タイプを確認します。一般的なシートのトラブルシューティングについては、「編集可能なセルに移動」を参照してください。 

シートタイプの確認

  • モデルシート:時間合計のみ編集可能です。 
  • 標準シート:
    • 時間と科目の合計のみ編集可能です。
    • 科目ではなく組織が下方に伸びている場合、時間合計のみ編集可能です。最初の列を右クリックして、[科目別に表示] を選択すると、科目の合計も編集できます。
  • キューブ シート:「キューブ シートの合計セルガイドライン」セクションを参照してください。

合計計算の確認

合計セルを右クリックして、[セル エクスプローラー] を選択して、合計がどのように計算されるかを確認します。

time rollup in cell explorer

テーブルはそれぞれの計算を定義し、編集可能かどうかと各合計に使用できるかどうかを示します。

合計タイプ シートで編集可能 時間 組織とカスタム属性 科目
合計: 関連セルの合計。 ✓(フロー科目)
平均: 平均は空白をゼロ値として計算します。  ✓     
非空白平均:関連セルの平均。空白をゼロ値として計算しません。    
最新:  最後の関連セルと同じです。 ✓(ストック科目)    
加重平均:別の科目で加重した平均。    
テキスト:管理者が指定した読み取り専用テキスト。      

キューブ シートの合計セルガイドライン

キューブ シートで合計セルを編集する方法:

  • 行に1つの属性のみを追加します。行に属性をネストする必要がある場合は、ガイドライン(以下)をご覧ください。
  • 垂直アクセスで、行の組織とカスタム属性を保持します。 

キューブ シートの行にネストされた属性

キューブ シートでは、時間、科目、組織、およびすべてのカスタム属性は属性です。行に複数の属性がある場合、属性は行にネストされます。次の画像では、時間が行の最初の属性であり、2番目は科目になっています。科目が時間にネストされている場合: 

Accounts nested in time

行に複数の属性が必要な場合、一般的に最後にネストされた属性である合計を編集できます。上の画像では、科目は2番目にリストされているため、科目合計を編集することができます。科目と時間の順序を切り替えると、時間合計を編集できます。

キューブ シートの組織およびカスタム属性の合計

組織とカスタム属性の合計を編集するには、行の最後の属性として追加します。合計が以下の状態の場合、これらの合計を編集することはできません。

  • 列にある。
  • 行内の単独または最初の属性である。

 

  • この記事は役に立ちましたか?