メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

[セルを探索] と [行の詳細] を起動する

数式エラーの特定、セルの変更履歴の確認、および Workday と他のデータソースのドリルインのための [セルを探索] の使用方法について説明します。

[セルを探索] と [行の詳細] は、シート、レポート、およびグラフのデータポイントから起動するウィンドウです。ウィンドウには、データに関する情報が表示されます。Workday の実績やオブジェクトなどが関連するデータソースをドリルスルーしたり、他の科目、属性、組織からの関連する値をドリルダウンしたりできます。これらのウィンドウから表示および実行できる操作は、権限、アクセス権、および探索するデータのタイプによって異なります。

一般的な情報およびその他のドリル方法については、「ドリルダウンとドリルスルー」を参照してください。

How You Get There

  • シート、レポート、グループ間相殺消去、数式の検証からウィンドウを開くには、データポイントを右クリックして、[セルを探索] または [行の詳細] を選択します。
  • グラフからウィンドウを開くには、右クリックして [データを探索] を選択します。

[セルを探索] 内の情報とリンク

左側で、科目、組織、時間などの属性に関する情報を見つけます。ここから、以下の場所にリンクできます:

  • 科目と組織の設定。
  • 科目、組織または時間の合計値。これにより、合計データの [セルを探索] ウィンドウが開きます。

右側で、この値に関する情報を見つけます。ここから、以下の操作を実行できます:

  • 値を表示する他のシートにリンクする。
  • 履歴を表示するため変更履歴レポートを取得する。
  • Workday レポートおよびオブジェクト、Adaptive Planningトランザクション テーブル、および NetSuite データなどのソース詳細をドリルスルーする。
  • 数式がある場合は、それをレビューします。

下部で、ドリルダウンオプションを見つけます。データの関連要素によっては、次の操作が行えます。

  • 各数式コンポーネントまたはリンクされた科目のソース科目について、別の [セルを探索] ウィンドウを開く。
  • 関連するバージョン、科目、組織またはカスタム属性をドリルダウンする。
  • 選択したデータの通貨を表示する。

行の詳細の情報とリンク

[行の詳細] には、モデル科目のみのデータに関する詳細情報が表示されます。セルを右クリックし、[行の詳細] を選択します。ウィンドウの上部で、組織、バージョン、行名を探します。テーブルで、すべてのシートの科目について各期間の値をレビューします。

  • この記事は役に立ちましたか?