メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

シート内のスパークラインを表示

スパークラインとも呼ばれる折れ線グラフまたは棒グラフを標準シートおよびキューブシートに追加および表示する方法と、スパークラインを使用してデータを更新する方法について説明します。

スパークラインは、標準シートとキューブシートのデータの傾向を視覚的に表示します。オンにすると、シートの最初の列に表示されます。スパークラインセルをクリックすると、より大きく、詳しいバージョンが表示されます。編集できるシート値については、ユーザは視覚的なデータ入力の一手段として、トレンドライン上にポイントをドラッグアンドドロップできます。

Before You Begin

スパークラインを表示するには、キューブシートまたは標準シートを使用する必要があります。

How You Get There

Compass.pngnav menuから [シート]、[前提条件] または [プロセス] を選択します。シートを開いたらバージョンを選択し、組織を選択します。セルを編集するにはリーフ組織を選択しなければなりません。

シートを開く」および「編集可能なセルに移動」を参照してください。

スパークラインを表示

スパークラインをオンにする方法:

  1. ツールバーの [表示オプション] をクリックします。
  2. [スパークライン] タブをクリックします。
  3. 折れ線グラフまたは棒グラフを選択します。
  4. [OK] をクリックします。
  5. グラフを含むセルをクリックすると、スパークラインの拡張ビューが開きます。

スパークラインでデータを編集

セルは編集可能ありで、データは数式であってはなりません。

  1. スパークラインを含むセルをクリックすると、拡張ビューが開きます。
  2. グラフ上の任意のポイントをクリックし、上または下にドラッグします。対応するセルに値が表示されます。

Change data with Sparklines.png

  • この記事は役に立ちましたか?