メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

キューブシート表示の変更と保存

フィルタ、表示オプション、およびツールバーボタンを使用してキューブシート表示を変更する方法について説明します。

キューブシートでは、次の操作を実行できます。

  • 期間をフィルタリングする。
  • ゼロと空白を非表示にする
  • 行、フィルタ、列をスワップする。下記を参照してください。
  • 選択した属性と特性を非表示にする。下記を参照してください。
  • 属性または特性別でフィルタリングする。以下を参照してください。
  • 行を展開および折りたたむ。

シートを保存すると、オプションが優先表示として保存されます。シートの管理者のデフォルト表示に戻すには、保存する前にツールバーの [デフォルト表示にリセット] を選択します。

Before You Begin

How You Get There

Compass.pngnav menuから [シート]、[前提条件] または [プロセス] を選択します。シートを開いたらバージョンを選択し、組織を選択します。セルを編集するにはリーフ組織を選択しなければなりません。

シートを開く」および「編集可能なセルに移動」を参照してください。

行、列、フィルタをスワップする

  • [列と行をスワップ] ボタンを使用します。
  • ドラッグアンドドロップします。
  • [属性を変更] ボタンを使用します。

ビデオを見る: 1 分

Pivot Cube Sheets
 

列と行をスワップ

列と行をスワップするには: ツールバーで [列と行をスワップ] ボタンを選択します。例えば、列に時間、行に科目がある場合、このボタンを選択すると科目が列に、時間が行に表示されます。

ドラッグアンドドロップ

シートの上部から属性または特性をドラッグアンドドロップするには。フィルタをクリックします。セルが青色に変わるのを待ってから、以下にドロップします。

  • 現在の行の属性を置き換えるには、行の最初の列。または、行にネストされた属性がある場合、それを置き換えたい属性にドロップします。
  • 列の属性を置き換えるには、列のヘッダー行。

Drag and drop and dimension into the rows.

[属性を変更] ボタンの使用

[属性を変更] を使用して、列、行、フィルタを一度にすべて管理できます。

  1. ツールバーで [属性を変更] を選択します。左側で列と行を選択します。右側でフィルターを選択します。列と行の属性を選択すると、[フィルタ] セクションでは使用できなくなります。
  2. [列] ドロップダウンから属性または特性を1つ選択します。
  3. 最初の [行] ドロップダウンから属性または特性を1つ選択します。
  4. (オプション)下方に行ドロップダウンを追加してさらに属性を選択します。それらはその上の属性内にネストされます。
  5. フィルタの場合、使用可能な各属性からの値を選択して、シートをフィルタリングします。
  6. [OK] を選択します。

選択した属性と特性を非表示にする

  1. ツールバーで [表示オプション] をクリックします。
  2. タブをクリックし、任意の数値を選択してクリアします。クリアした値はシートに表示されません。
  3. [OK] をクリックします。

Display option filters.png

属性と特性でフィルタリング

キューブ シート上では、時間、科目、カスタム属性、特性は属性です。次のように表示されます。

  • シートの上のドロップダウンフィルタ:

Dimension filters in a cube sheet

  • 列の入力エリアの上部。
  • シートの左下。複数の属性と特性は、行内にネストできます。

フィルターは次の目的で使用します。

  • 関連フィルタをフィルタリングします。
  • 行をフィルタリングします。
  • 編集可能なセルを検索する。データを編集するには、各フィルタからリーフ組織の属性を選択する必要があります。

選択したフィルタを保存するには、表示オプションまたはデータにその他の変更を加えて、[保存] ボタンを有効にする必要があります。

属性と特性のシナリオ

あなたの会社は、衣類を販売する店舗です。「製品」はモデルの属性です。製品は、グループと呼ばれる属性の特性を有しています。グループは製品を分類します。個々の製品の属性は、適切な特性でタグ付けされています。製品は次のように編成されています。

グループの特性値 トップス ボトムス アクセサリー
製品属性値
  • タンクトップ
  • Tシャツ
  • ブラウス
  • セーター
  • レギンス
  • ジーンズ
  • スカート
  • ショーツ
  • ベルト
  • 帽子
  • 小銭入れ
  • 手袋

関連フィルターのフィルタリング 

説明されているシナリオのように、多くの場合、特性はカスタム属性と関連があります。その場合、特性を使用して、カスタム属性をフィルタリングします。

  1. 特性とそれに関連する属性がフィルターに含まれるように、科目を行に配置し、時間を列に配置します。
  2. 特性であるグループフィルタで [トップス] を選択します。
  3. 使用可能な属性には、トップスにタグ付けされたもの (T シャツ、タンクトップ、ブラウス、セーター) のみが含まれます。
  4. 別の特性である [ボトムス] を選択します。
  5. 使用可能な属性が、レギンス、ジーンズ、スカート、およびショートパンツに変わります。

Filter filters.png 

属性で行の特製をフィルタリングする

  1. ツールバーで [属性を変更] をクリックします。
  2. [列と行] セクションで、最初の [行] ドロップダウンリストで [グループ] という特性を選択します。[OK] をクリックします。
  3. シート上部にある [製品] のドロップダウンフィルタで [ジーンズ] を選択します。行には [ボトム] のみが残ります。
  4. [製品] のドロップダウンフィルターから [Tシャツ] を選択します。そうすると、行には [トップス] のみが残ります。

Dimension filter attributes in rows.png

特性で行の属性をフィルタリングする

  1. [属性を変更] を選択します。
  2. 列には、[製品] の属性を選択し、[OK] を選択します。行にはすべての製品が含まれます。
  3. シート上部の [グループ] のドロップダウンフィルタで [トップス] の特性を選択します。行には Tシャツ、タンクトップ、セーター、ブラウスが表示されます。
  4. [グループ] のドロップダウンから [アクセサリー] の特性を選択します。そうすると、行にはベルト、帽子、ハンドバッグ、手袋が表示されます。

Attributes to fitler dimensions in rows

行の展開と折りたたみ

  1. 行をクリックして展開したり折りたたんだりし、行に表示したいデータが表示されるようにします。
  2. 展開された行、および折りたたまれた行の基本設定を保存するには、表示オプションまたはデータにその他の変更を加えて、[保存] ボタンを有効にする必要があります。
  • この記事は役に立ちましたか?