メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

表示データの操作

Discoveryにグラフを表示したときのデータの操作方法について説明します。エリアのコンテキスト別にフィルタをかけてデータポイントの詳細を探索し、データポイントに ドリルダウンして期間を変更できます。

データを更新

プレゼンテーション  モード データを取得して、ダッシュボードとグラフを最新データで更新できます。

エリアツールバーにある Refresh Data Icon をクリックします。

期間の変更

入力エリアモード、プレゼンテーション モード、編集モードで使用できます。各グラフの下部にある [時間] ツールバーから、グラフの既定時間を上書きできます。 

Time Period Toolbar

DIS-timeResetIcon.png 時間をリセットする: 時間を既定の時間設定にリセットします。

 DIS-timeSpanIcons.png 期間と1つの期間   : 一定期間の範囲または単一期間のデータを表示します。

DIS-timePeriodMenu.png時間:  月や年などの時間の範囲を変更します。 

DIS-datePeriodCalendar.png日付セレクター:  日付の期間を選択します。[期間の範囲] が選択されると、 [開始日・終了日セレクター] が表示されます。

データのコンテキストの変更

入力エリアモード、プレゼンテーション モード、編集モードで使用できます。分析するデータの範囲を変更するには、[ エリアの コンテキスト]を使用します。[エリアのコンテキスト] を使用すると、エリアにある全グラフを評価するデータが変わります。例えば、アメリカ大陸やEMEA地域など、特定の組織のデータのみをフィルターして表示することができます。

1 エリアタイトルの横にある DISC-downArrowIcon.png をクリックしてコンテキストメニューを展開します。2ドロップダウンから希望の項目を選択してコンテキストを 変更 します。  DISC-upArrowIcon.png をクリックすると、コンテキストメニューバーが非表示になり、コンテキストの選択項目の概要が表示されます。 以下は、展開された状態のエリアのコンテキストの例です。

Expanded Perspective Context Showing the Level and Currency Filters

エリアを編集すると、さらにコンテキストフィルタを追加できます。

データポイントの概要の表示

入力エリアモードとプレゼンテーション モードで使用できます。 グラフを表示しているときは、データポイントにツールチップを表示できます。 データポイントにマウスを置くと、そのデータポイントの概要情報が表示されます。 概要情報には、時間とデータの値が含まれます。

Data Point Tooltip

データポイントの詳細を調べる

入力エリアモードのみで使用できます。データ ポイントの詳細は、セルエクスプローラを使用すると表示できます。データポイントをクリックし、ドロップダウンから [Explorer Data(データの探索)] を選択します。

Cell Explorer on a Data Point

データポイントのドリルダウン 

入力エリアモードのみで使用できます。グラフのデータポイントをドリルダウンすることで、分析の根源を特定するのに役立てられます。たとえば、製品の収益/レベニューが低下した場合、データを深く掘り下げて期待を下回る販売地域などの異常を見つけ出します。

グラフでデータポイントをクリックして、ドロップダウンから [属性] を選択します。[ 戻る ]をクリックして、ダッシュボードに戻ります。

次はドリルダウンの一例です。1 KPIデータポイント  2 組織別、 3 場所別。

Example Drill-down into Q4 Revenue

  • この記事は役に立ちましたか?