メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

一次軸と二次軸をもつ縦棒グラフを作成する

グラフの一次軸と二次軸の使用法、および二次軸と手動スケーリングの設定方法について説明します

多くのグラフは x軸とy軸で構成されており、 大抵の場合はそれでデータを完全に説明できます。しかし、同一のグラフ内で別々の値の範囲を使ってシリーズを表示したいときなど、場合によっては二次軸が必要になります。 

次のグラフでは、収益を左側の一次軸として、売上原価を右側の二次軸として表しています。 両軸をグラフ上で表示させることで、販売によって得られた収益と売上原価の関係を表すことができ、販売に関するより完全な説明ができます。 どちらの軸も、関連するデータの範囲に合わせてスケーリングされます。

Example of a Column with Primary and Secondary Axes Set Manually

二次軸を使って横棒グラフ、縦棒グラフ、折れ線グラフを設定できます。この記事では、一次軸と二次軸の設定方法とスケールの調整方法を説明します。

縦棒グラフを作成する

以下は、– 2つのデータシリーズを両科目ともに一次軸によって既定のスケーリングをしたものを、縦棒グラフで表した例です。 

Example of a Column Chart with Two Data Series

一次軸と二次軸を定義し、グラフラベルを単純化することで、このグラフを読みやすくできます。

2データシリーズ縦棒グラフを作成するには: 

  1. 縦棒グラフを作成するエリアとダッシュボードに移動し、 DIS-EditMode.pngをクリックします。
  2. columnChart.png をデザインエリアにドラッグし、縦棒グラフを作成します。
  3. 2つの科目をグラフに追加します。 
    例:
  • 収益」を追加する
  • 売上原価を追加する
  1. DIS-appearanceSettingsTab.png をクリックし、グラフに名前をつけます。
    例: 予測収益対売上原価

一次軸と二次軸を設定する

一次軸と二次軸を使ったグラフを作成する際は、どちらのデータシリーズをどちらの軸にするかを決めます。 この例では、収益が一次データセットです。  売上原価 と収益の関係を示すよう設定します。この例では、売上原価が二次軸になります。

[データ設定] タブを使って科目を一次軸または二次軸に指定し、データの特定の表示の仕方を変更します。 例えば、シリーズタイプの変更、データラベルの表示、 あるいはデータを表す色の変更などです。

二次軸を定義する

グラフに追加される科目はすべて、既定では一次軸として設定されます。 以下は、 「売上原価」科目を折れ線グラフと 二次 軸に変更した後のグラフの例です:

Example of Column Chart with a Data Series Set as a Secondary Axis

この例での「売上原価」は、「収益」よりも視覚的に高く表示されます。左側の一次軸のスケール(単位: 100万)は、右側の二次軸のスケール(単位: 千)と異なります。 

二次軸を定義するには:

  1.  DIS-dataSettingsTab.png をクリックして、データ設定にアクセスします。
  2. グラフの科目を二次軸に変更します。
    例: 科目を展開します: 売上原価
    1. シリーズタイプ」を「折れ線」に変更します。
    2. シリーズY軸」を「二次」に変更します。 

一次軸と二次軸のスケールを調整します。

[外観] タブから一次軸と二次軸のスケールを変更し、このグラフの 視覚的インパクト を向上させられます。軸のスケールを手動で変更する際は、次の点に留意してください:

  • 既定では、軸のスケールは自動に設定されています。「軸自動スケーリング」をオフにする前に、軸の最小値と最大値を書き留めてください。この情報は、データシリーズの最小値と最大値 を設定するのに役立ちます。
  • 2つのデータ範囲が明らかに異なっている場合、お望みの視覚効果を得るためにはデータ範囲の間の 最小値と最大値 の調整が必要な場合もあります。

軸スケールを変更するには:

  1.  DIS-appearanceSettingsTab.png をクリックして「」セクションに移動し、一次軸と二次軸の外観を変更します。 
  2. 一次軸を設定します:
    1. 値の範囲を書き留めてください。例:  0〜3.2(100万)
    2. [一次軸の自動スケーリング] をオフにします。
    3. 「一次軸の最小値」を設定します。例: 1000000
    4. 「一次軸の最大値」を設定します。例: 2400000
    5. 「一次軸の間隔」を設定します。例: 500000
  3. 二次軸を設定します:
    1. 値の範囲を書き留めてください: 例: 0〜800(千)
    2. [二次軸の自動スケーリング] をオフにします。
    3. 「一次軸の最小値」を設定します。例: 500000
    4. 「一次軸の最大値」を設定します。例: 800000
    5. 「二次軸の間隔」を設定します。例: 150000

以上で、一次軸と二次軸、手動による軸のスケーリングを使った例は完了です。

  • この記事は役に立ちましたか?