メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

グラフのタイプ

 
Discovery で利用できるグラフのタイプについて説明します

さまざまなタイプの中からグラフを選び、適切な分析ができるグラフを構築します。 ダッシュボードに次のグラフを追加できます。

領域

areaChart.png

面グラフ は、傾向をデータポイントとして視覚化します。この場合X軸は時間または属性です。このグラフは、線としきい値の間を色で塗りつぶした折れ線グラフと似ています。

詳細は「面グラフと折れ線グラフの設定」 を参照してください。

横棒グラフ

barChart.png

横棒グラフ は、複数のデータ系列を横棒で視覚化します。この場合のY軸は時間または属性です。このチャートは軸が入れ替わった縦棒グラフに似ています。

詳細については「 横棒グラフと縦棒グラフの設定」を参照してください。

columnChart.png

縦棒グラフは、データ系列を縦棒で視覚化します。この場合のX軸は時間または属性です

参照情報: 

クロス集計

Crosstab Chart Icon

クロス集計グラフ は、表形式で データ を視覚的に表示します。このグラフは、多くの場合データセット間の関係を比較するのに使用されます。

参照情報:

ドーナツ グラフ

doughnutChart.png

ドーナツグラフ は、データ系列を円形のグラフとして視覚化します。このグラフは円グラフと似ていますが、中心がありません。

詳細は「ドーナツグラフと円グラフの設定」を参照してください。

ゲージ

gaugeChart.png

ゲージグラフは、データをメーター(速度計)またはゲージとして視覚化します。 売上総利益やEBITDA(金利・税金・償却前利益)の割合などを表すのによく使用されます。 ゾーンはメトリックの状況(良好・普通・悪い)を示します。

詳細は「ゲージグラフとメーターグラフの設定」を参照してください。

KPI

KPIChartpng.png

KPI(重要業績評価指標) は、指標と業績を比較して把握できるようメトリックを視覚化します。

参照情報:

LineChart.png

折れ線グラフは、傾向をデータポイントとして視覚化します。この場合のX軸は時間または属性です。

以下も 参照してください:

円グラフ

pieChart.png

円グラフは、データ系列を円形のグラフとして視覚化し、データ値に比例するサイズのスライスを表示します。

詳細は「ドーナツグラフと円グラフの設定」を参照してください。

スコアカード

scorecardChart.png

スコアカード は、実績データと計画データの比較および分散を要約した一連のデータを、表形式で視覚します。このチャートには、重要なメトリックを強調するマイクロチャートが含まれている場合がよくあります。

参照情報:

ウォーターフォール

Waterfall Chart Icon

 ウォーターフォール グラフ は、開始時、終了時、途中経過を示すデータを視覚化します。初期値と最終値は多くの場合、縦棒全体で表され、途中の値は浮いた縦棒で表されます。

例えば、財務部門では分散分析を利用して収支計画と収益実績を比較し、GL収益サブ科目全体または異なる地域にわたる、ポジティブ分散およびネガティブ分散を表すことができます。

以下も参照してください

  • この記事は役に立ちましたか?