メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

クロス集計グラフ

クロス集計グラフを紹介し、データのグループとスライスを作成する方法を説明します。

クロス集計グラフ は、表形式で データ を視覚的に表示します。このグラフは、多くの場合データセット間の関係を比較するのに使用されます。

クロス集計グラフの構造

クロス集計グラフの基本構造は、少なくとも1つの科目とオプションの属性を収めた列と行で構成されます。 列と行が交差する部分は、第4四半期の米国の 収益/レベニューなどの、データの切片を 表します。 

以下は、現行四半期に対して前四半期の収益/レベニュー結果を比較するクロス集計グラフです。ここで、

1  列: 製品収益/レベニュー科目と売上原価科目は、2つの全社列を表します。

2  ネストされた列Nested Column: 時間は、各科目の下でグループ化されます – これにより、2016年の第4四半期と2017年の第1四半期の結果を並べて比較できます。 時間設定によって、表示される期間が決まります。グラフの下部にある [時間] ツールバーから、時間選択をオーバーライドできます。

3  行: 場所の属性は行です – これは、国別の販売地域ごとにデータを分類します。 

 列と行のどちらの場合も、科目、時間、属性は、[データ設定] タブでの表示順によって グループ分けされます。

正確さを高めるためのデータの切片化

クロス集計グラフでは、データを切片化するための多数の構成オプションがあります。利用可能なオプションの理解を深めるため、 クロス集計グラフを作成し、科目と属性のグループ分けを使ってテストしてみます。

  ルール
科目

必須。少なくとも1つの科目を追加しなければなりません。同じ科目を複数回グラフに追加できます。

科目グループは、列でも行でも構いません。デフォルトでは、科目グループは列です。[データ設定] データから、[列] セクションの科目グループをドラッグして [行] セクションにドロップし、科目を行として位置付けます。  

科目グループは削除できません。

時間

オプション。時間を列または行としてグラフに追加できるのは1回かぎりです。

グラフ内で時間を省略した場合、[時間設定] タブでの時間の選択によって、評価されるデータの範囲が決まります。

グラフから時間を削除することができます。

属性

オプション。多数の固有の属性または属性メンバーを列または行として追加できます。

特定の属性または属性メンバーをグラフに追加できるのは1回かぎりです。 

グラフから属性を削除することができます。

制限事項とデザインに関する考慮事項

複数列と複数行を備えたクロス集計グラフをデザインする場合、以下を考慮に入れます。

  • データ切片はさらにきめ細かくなり絞り込みが進みます。
  • レイアウトはさらに複雑化し、読みやすさが低下する可能性があります。 

時間 - 科目 列構成

時間 - 科目の構成は、クロス集計グラフにおいてデータを切片化する通常の方法です。 以下に、各四半期ごとの2つの製品の販売結果を示す時間 - 科目の構成の例を示します。

Example Column Order is Time - Accounts

[データ設定] の挿入は、時間が科目より前にあることを示します。列内の科目を並べ替えて、グラフのどこに表示されるかを変更することができます。 

科目 - 時間列構成

科目 - 時間の構成は、クロス集計グラフにおいてデータを表示する別の通常の方法です。以下は、各四半期ごとの製品別の販売結果を比較する科目 - 時間構成を示しています。

Crosstab Chart Comparing Quarter Sales for Desktop and Laptops

[データ設定] の挿入は、科目のほうが時間より前にあることを示しています。列内の科目を並び替えて、グラフ内でどこに表示されるかを変更できます。

属性 - 科目 - 時間列構成

科目と属性をさらに追加して、データ切片をさらにきめ細かくすることができます。

以下のクロス集計グラフは、各リセラーの販売結果を比較する属性 - 科目 - 時間構成を使用しています。以下のグラフは、各四半期ごとの製品別の各リセラーの販売結果を比較する属性 - 科目 - 時間構成を示しています。

Crosstab Chart that Compares Desktops and Laptops Sales by Resellers for Prior Year and Current for Desktops and Laptops

[データ設定] の挿入は、組織属性のほうが科目より前にあることを示しています。 時間は最後の順序になります。

科目 - 属性行構成

デフォルトでは、科目は列としてクロス集計グラフに追加されます。場合によっては、科目を列から行に切り替えることができます。

以下のグラフは、第1四半期の各月の利益& Loss by the Function 属性を比較する科目 - 行別の属性構成を示しています。

  • 縦棒:時間(四半期中の3か月)
  • 行: 科目は最初にあって、純利益、営業費用、資産、負債、関数の属性によって順序付けられます。

Crosstab with Accounts as Rows Broken Down by Department and Months in Quarter as Columns

複数列 - 複数行の設定

次のクロス集計では 、複数列、複数行 構成を使用します。 四半期の各月の費用を国別、部門別に比較しています。データ設定の挿入には、以下が表示されます。

  • 列: 科目(事業費)が 1つ目に時間が 2つ目に一覧表示されます。
  • 行: 属性(場所)が1つ目、属性(部門)が2つ目に一覧表示されます。

Crosstab with a Multi-Column, Multi-row Configuration that shows an Expense Report Broken Down by Months in the Quarter and by Location and Department

  • この記事は役に立ちましたか?