メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

データ抽出

Discoveryグラフの細分化設定の使用方法を説明します。

細分化の設定では、カテゴリまたはセグメント(期間、サブ科目、属性など)にデータが 切片化されます。細分化はグラフの [データ設定] タブから指定できます。グラフのタイプの大半にはデータの細分化オプションがあります。– ゲージグラフ、KPIグラフ、クロス集計グラフ、およびスコアカード グラフには細分化オプションはありません。

細分化オプション 説明 グラフのタイプ
属性 徹底的な分析のため、カテゴリ別にデータを分類します。カテゴリには「販売チャネル」、「場所」、「製品」など 多くの 可能性があります。 面、横棒、縦棒、ドーナツ、 折れ線、円、ピラミッド
なし 科目はカテゴリ別に分類されません。 面、横棒、縦棒、折れ線
メトリック データを科目別に定義したカテゴリに分類します。たとえばウォーターフォールでは、 総収益、売上原価、売上総利益、管理コスト、純利益などの販売メトリック別にデータを 分類できます。  ウォーターフォール
シリーズ グラフに追加する科目で系列が決定し、その 系列ごとにデータを分類します。たとえば収益の円グラフで 系列ごとにデータを細分化すると、スライスは製品、サービス、保守の収益を示します。 ドーナツ、じょうご、円、プラミッド
時間層
時間
科目データを月、四半期、年などの期間に細分化します。 面、横棒、縦棒、 ドーナツ、折れ線、ピラミッド、ウォーターフォール

第2段階の細分化 

面グラフ、 横棒グラフ、縦棒グラフ、折れ線グラフでは、一連のデータを第1段階と第2段階に細分化することで、データをさらにきめの細かいデータ切片にしてグループ化して分析できます。たとえば、四半期別の年間収益/レベニューの報告を考えているが、さらに場所や製品ごとにデータを細分化したい場合に利用できます。

縦棒グラフの細分化例

時間で細分化する

以下は 時間で細分化した 縦棒グラフ の例です。第1四半期の各月は、スマートフォン、モバイル サービス、保守の 実収益を 示しています。このグラフは縦棒グラフの既定の設定を表します。 

Column Chart with a Time Breakdown

実績のオーバーレイの場合、 背景色は自動的にオーバーレイを示す色で表示されます。

以下は、積み上げのデータ系列を持つ同じ縦棒グラフです。[データ設定] の [細分化] セクションから、データの積み上げまたは挿入ができます。 

Example Column Chart with a Stacked Data Series

属性で細分化する

次の例は、スマートフォン、モバイル サービス、保守の収益を時間ではなく場所の属性で細分化して示しています。[データ設定] タブで、分類を [時間層] から [属性] > [場所] に変更します。

Column Chart with breakdown by Location Dimension

細分化なし

時間または属性の分類のないデータ系列を比較する場合は、[細分化] 設定で [なし] を選択します。次の縦棒グラフは細分化されていません。このグラフは3つの収益/レベニューストリームの 実績を示しています。第1四半期(1月〜3月)におけるモバイル サービス、スマートフォン、保守の 契約。

Example of a Column Chart with No Breakdown

円グラフの細分化例

円グラフとドーナツ グラフを系列、時間、属性ごとに細分化できます。

系列で細分化する

以下は第1四半期のデータ系列別の実収益を示す、円グラフの例です。スマートフォン、モバイル サービス、保守。 このグラフは円グラフの既定の設定を表しています。 

Pie Chart with Revenue broken down by Data Series

属性で細分化する

円グラフまたはドーナツ グラフは属性別にスライスできます。

以下は収益実績を 場所別に表示した円グラフの例です。各スライスは、スマートフォン、モバイル サービス、メンテナンスの場所における収益合計をそれぞれ表します。

Pie Chart with Breakdown by Location Dimension

時間で細分化する

場合によっては時間別に円グラフのデータを細分化することにも意味があります。次の例では円グラフを2つ表示します。各グラフは、収益/レベニューを時間で 細分化した1つのデータシリーズです。各グラフの 扇形は1年間の実収益を示し、– 扇形1つが 2015年 から2017年までの各年を表しています。

Example Pie Charts with Breakdown by Time

ウォーターフォールの細分化例

ウォーターフォールのデータはメトリック、属性、または時間ごとに細分化できます。

メトリックで細分化する

以下は、前年度の予測収益と実績を 比較したウォーターフォールの例です。メトリック別に細分化されており、各ステップは3つの製品ラインの収益です。 このグラフはウォーターフォール グラフの既定の設定を表しています。

Example Waterfall that Compared Planned Revenue with Actuals

属性で細分化する

次のウォーターフォール グラフは、場所の属性で細分化された収益を示しています。

Waterfall with Breakdown by Location Dimension

時間で細分化する

次のウォーターフォール グラフは時間ごとに細分化されたデータを示しています。このグラフは、四半期の各月の収益/レベニューがどのように認識されたかを可視化するのに役立ちます。

Example of a Waterfall Chart with Breakdown by Time

  • この記事は役に立ちましたか?