メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

プロファイルとホームページの更新

個人情報の変更手順、パスワードの変更手順、Adaptive Insights からの通知受取りルールの設定手順、および個人 E メールグループの管理手順について説明します。

プロファイルでは、次の操作を実行できます。

  • 個人情報、パスワード、ホームページの変更。
  • E メール通知の送受信。
  • 自分の個人 E メールグループの作成。
  • 複数のアクセス権を持っている場合は、デフォルトのインスタンスを選択します。

プロファイルフィールドの包括的なリストについては、「ユーザフィールド」を参照してください。テーブルの 3 列目をチェックして、このフィールドがプロファイルに表示されるかどうかを確認します。

How You Get There

Compass.png 画面のトップメニューで、プロファイルアバターをクリックしてドロップダウンを開きます。[プロファイルを表示] をクリックします。

パスワードの変更

お使いのインスタンスでパスワードの変更が許可されている場合は、 [管理] > [一般設定] > [パスワードリセットの管理] でパスワードを変更できます。

画面の右上で、古いパスワードを入力し、次に新しいパスワードを入力、さらに確認のために再入力します。[保存]をクリックします。

ホームページの変更

最初にログインしたときに表示されるページは、管理者が設定したホームページです。ホームページは変更できます。自分にとって最も役立つホームページを選択してください。

あなたが管理者で、ユーザのデフォルトのホームページを変更する場合は、「ユーザの作成、編集、削除」を参照してください。

マイプロファイルから

  1. ツールバーでプロファイルアイコンの右側にある矢印をクリックし、[設定] を選択します。
  2. [ホームページ] のドロップダウンを見つけて、別のホームページを選択します。
  3. 画面下部の [保存] をクリックします。

ホーム ページ オプション

使用できるオプションは、ロールに割り当てられた権限によって異なります。

ホーム ページ オプション 最低要件

ようこそ: Workday がキュレーションしたコンテンツにリンクするページ。

ログインIDとパスワード
最新情報: Workday Adaptive Planning の最新リリースの強調表示を確認するページです。 ログインIDとパスワード
お知らせページ: 管理者が作成したコンテンツを確認するページ。

ログインIDとパスワード

管理者が [一般設定] で選択した [お知らせタブを有効化]。

シート: [シートの概要] では、アクセス権のあるシートが開きます。「シートの使用」を参照してください。 権限: シートへのアクセス
前提条件: ユーザ割当シートの概要では、直接割り当てられたシートが開きます。「シートの使用」を参照してください。

権限: シートへのアクセス

レポート: [レポートの概要] では、個人レポートおよび他の人が共有したレポートを実行します。 権限: レポートへのアクセス

ダッシュボード:  ダッシュボードの概要または共有された特定のエリアとダッシュボード。[ダッシュボード] を選択した場合、次の 3 つのオプションがあります。

  • エリア: 特定の共有エリアを選択する。
  • ダッシュボード: 共有エリア内で特定のダッシュボードを選択する。
  • [エリア] および [ダッシュボード] ドロップダウンを空白のままにして、ホームページをダッシュボードの概要ページにする。

ダッシュボードの使用」を参照してください。

権限: ダッシュボードにアクセス

エリアを共有した人がいない場合は、エリアとダッシュボードのドロップダウンで使用できるオプションはありません。

プロセス: [プロセス概要] では、割り当てられたタスクをレビューし、完了します。「プロセスとタスクを開始する」を参照してください。

モジュール: ワークフロー

権限: プロセス トラッカへのアクセス

ワークフロー [ワークフローステータス] では、送信済み組織のステータスをレビューして承認します。「ワークフローの使用」を参照してください。

モジュール: ワークフロー

権限: 組織を承認

モデル管理 [モデリング] エリアでは、シート、科目、カスタム属性、特性、共有数式を作成します。権限によっては、追加のアクセス権が付与される場合があります。「モデル管理」を参照してください。 権限: モデル管理アクセス > モデル
モデル概要: モデルの視覚的なグラフィック。モデルがどのように適合するかを確認できます。視覚的なモデル概要を参照してください。 権限: モデル管理アクセス > モデル
管理: モデルの管理エリアでは、ユーザ、ロール、アクセスルール、および一般設定を管理します。「セキュリティと管理」を参照してください。 権限: [管理アクセス

グループ間相殺消去: 相殺消去ルールを管理するモデルの [連結] > [グループ間相殺消去] エリア。「連結」を参照してください。

モジュール: 連結。

権限: 連結アクセス

エクスポート: データを csv ファイルにエクスポートするモデルの [統合] > [データのエクスポート] エリア。 権限: エクスポート機能
インポート: データをシートにインポートするモデルの [統合] > [データのインポート] エリア。 権限: インポート機能

E メール通知の送受信

次のイベントによって、E メール通知がトリガーされます。

これらのイベントに関する通知を確実に送受信できるようにするには、[E メール] の横にある [E メールとしてユーザ名を使用] を選択するか、別のE メールアドレスを指定します。

個人E メールグループの作成

レポートを送付する際、E メールを個人宛に発送するのではなく、ユーザーのグループを作成、管理することでレポートの送付がより効率的になります。例えば販売レポートを販売部長と役員に毎週送るのであれば、[販売レポート] というグループを作成し、レポートを受け取る人全員をそのグループに含めることができます。

個人Eメールグループの作成

  1. 画面下方にある[新しいグループ] をクリックします。
  2. グループの [名前] を入力します。
  3. 複数の項目を一度に選択するには、Shift+クリックまたは Ctrl+クリックを使用します。以下を使用できます。
  • 使用可能なグループ: Adaptive Planningにすでに設定されているユーザグループのリストです。
  • 使用可能なユーザ: モデル内の全ユーザーのリストです。
  • 使用可能な組織: 。このタブには、モデルで使用できる組織構造が表示されています。組織を選択すると、その組織へのアクセス権限を持つ全ユーザーを含めることができます。 

5. グループ、ユーザあるいは組織を選択した後、右矢印 (>>) をクリックし、[選択された受信者] に含めます。

6. [OK] をクリックします。

個人Eメールグループの編集または削除

既存のグループを編集するには、[鉛筆] アイコンをクリックします。次の操作ができます。

  • グループの名前を変更します。
  • グループ、ユーザー、またはグループの組織を削除および追加します。

グループを削除するには、[X] アイコンをクリックします。

デフォルトのインスタンスを選択

複数インスタンスにアクセスできる場合は、[デフォルトのインスタンス] ドロップダウンからインスタンスを選択します。

  • この記事は役に立ちましたか?