メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

財務計画の構築

詳細な記事へのリンクなど、財務計画を構築するための大まかな手順を紹介します。 

基本的な財務計画を構築するための全体的な手順を理解してください。 

セキュリティ構造を選択

Security.png

デフォルトでは、インスタンスのセキュリティ構造は組織ベースです。権限、組織の所有権、バージョン アクセスコントロール、および組織、科目、シートの設定を組み合わせて、モデルのデータと領域へのユーザーアクセスを管理できます。

追加のレイヤーとしてルールベースのセキュリティをリクエストすることもできます。  

はじめに:

モデル構造の構築

会計カレンダーをセットアップ

FiscalCal.png

 

インスタンスの会計カレンダーは1月から始まり、12月に終了します。カレンダーの期間は、年、四半期、および月です。柔軟な時間モデリングを使用すると、異なる方法でカレンダーをセットアップすることができます。 

はじめに:

バージョンを作成 

VersionSheets.png

 

すべての財務計画には、少なくとも1つの実績バージョンと1つの計画バージョンがあります。複数の計画を作成し、セキュリティ構造にバージョン アクセスコントロールを使用することもできます。

はじめに:

組織を作成

Picture1.png

組織は一般的に組織構造を模しています。組織を作成したり、インポートすることができます。 

はじめに:

カスタム属性の作成

Dimensions.png

カスタム属性と特性はオプションです。 カスタム属性は、製品、顧客、地域など、ビジネスモデルに固有のものです。 それらは組織、科目、およびバージョンに対する追加の属性です。特性は、標準階層の範囲外の属性をグループ化します。組織、科目、および任意のカスタム属性に特性値をタグ付けできます。例えば、製品グループ属性を作成して、関連する属性値にタグ付けします。

はじめに:

ビジネスのモデリング

数式の作成

Formula.png

数式はプランニングモデルのバックボーンです。数式を使用して、予測データを生成し、メトリックを計算し、モデルのパーツを接続します。それらを使用する方法: 

  • メトリック科目:メトリック科目の数式は、財務比率と非財務メトリックを算出します。売上総利益%のような科目に最適です。  
  • デフォルトの数式: これらの推奨式は、シート上の編集可能なセルに表示される唯一のシステム数式です。データを入力する際に、それらを編集または上書きできます。特定の組織とバージョンで総勘定元帳とカスタム科目の値を計算します。旅費など、さまざまな組織で異なる数式を使用する不定の科目に最適です。 
  • マスター数式 この科目設定により、総勘定元帳およびカスタム科目用の数式を作成できます。 デフォルトの数式とは異なり、マスター数式はすべての組織とすべてのバージョンで値を計算します。純利益など、一貫した算出科目に最適です。
  • 算出科目: モデルシートとキューブ シートを構築する際に、これらの科目を作成します。従業員計画シート上の給与や人員などの専門的な計算に最適です。 

はじめに:

科目の作成

Account.png

 

インスタンスには、標準的な総勘定元帳科目および科目コードが含まれています。さらに多くの総勘定元帳科目またはカスタム科目を作成できます。 

はじめに:

シートの構築

BuildSheet.png

 

シートには標準、モデル、キューブの3種類があります。 異なる科目や異なる仕様事例について、異なるシートを構築できます。

はじめに:

データをインポート

Import.png

 

モデルの数式とリンクにフィードするデータをインポートする準備が整いました。スプレッドシートまたは統合がある場合はAPIを使用して、実績データと計画データをインポートできます。

はじめに:

プランニングの開始

データの入力

Build.png

計画の準備ができたら、シートまたはExcel for Planningを使用してデータを更新できます。

はじめに:

データの分析

AnalyzeChartsReports.png

最も良い点は、必要なすべてのデータが揃っているため、リアルタイムプランニングのためのレポートとグラフの作成を開始できることです。 

はじめに:

    • この記事は役に立ちましたか?