メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

インテリジェント プランニングの開始

詳細記事へのリンクなど、インテリジェント プランニングを設定するための大まかな手順を紹介します。

インテリジェント プランニングでは、機械学習を使用してパターンを特定し、データを予測して、異常を検出します。機械学習でより正確なモデルを構築することで、今後24か月まで、収益性の高い機会を特定し、未知のリスクを回避できる可能性が高くなります。

Before You Begin

  • インテリジェント プランニングは、財務計画インスタンス、総勘定元帳科目、カスタム科目に使用できます。
  • インテリジェント プランニングはExcel Interface for PlanningやOfficeConnectでは機能しません。
  • 実績バージョンに 24 か月分のデータが必要です。

機械学習予測バージョンの作成

wd-accent-calculator-coins.png

 

機械学習バージョンは、アルゴリズムの予測値を保持する計画バージョンです。アルゴリズムは実績バージョンに基づいて予測を行います。実績のサブバージョンがある場合は、アルゴリズムは実績のオーバーレイで選択した実績バージョンを使用します。

はじめに:

このバージョンは削除しないでください。このバージョンがないと、異常検出と異常値レポートは機能しません。

新しい機能チケットを開く

wd-accent-headset (1).png
  1. nav menuで、[サポート] の横にある矢印をクリックします。[リクエストを送信する] をクリックします。
  2. [リクエストタイプ] で、[科目のプロビジョニング] を選択します。
  3. [プロビジョニングカテゴリ] で、[新規機能リクエスト] を選択します。
  4. [リクエスト機能] で、[異常検出と異常値レポート] を選択します。

予測が予測バージョンにロードされるまで数日かかる場合があります。

異常の管理

シート内の異常検出

wd-accent-playbook.png

標準シートで [異常を表示] をクリックして、強調表示された異常を表示します。検出された異常にカーソルを置いて予測値の上限と下限確認し、右クリックして異常の印をはずし、計画バージョンと予測バージョンをシート上で並べて比較できます。

はじめに:

異常値レポートの作成

wd-accent-clipboard-chart-compass.png

機械学習予測バージョンと他の計画バージョンの値の分散を計算するマトリクスレポートを設定します。条件付き書式で定義した範囲外の分散にフラグを付けます。

はじめに:

さらに詳しく見る

wd-accent-puzzle.png

よくあるご質問 (FAQ) の回答はこちら:

 

 

  • この記事は役に立ちましたか?