メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

CRMデータのトランザクションテーブルを作成

Adaptive Insights for Salesでのみ利用可能

販売プランニングドメインの場合、最大5つのトランザクションテーブルを持つことができます。トランザクションテーブルを使用して、顧客関係管理システム(CRM)からのデータを保存します。

各トランザクションテーブルは、インポートするトランザクションタイプを表すことができます。テーブルに分かりやすい名前を付け、CRMからデータをインポートします。地域プランニングの場合、テーブルは、地域プランニンググラフに使用するキューブシートにデータを送ります。 

が始める前に

地域プランニングのセットアップ全体のどこにいるかを理解します。 

  1. (現在ここにいます) トランザクション テーブルまたはモデルシートを作成し、CRMデータをインポートします。 
  2. 販売担当者と地理についてカスタム属性を作成します。 
  3. 販売担当者に対して地域を割り当てるためのモデルシートを作成します。 
  4. オポチュニティのキューブ シートを作成します。このシートには、CRMデータと地域の割り当てに基づいて、販売担当者ごとの販売オポチュニティが表示されます。
  5. オブジェクトモデリングを完了して、CRMデータと地域の割り当てをキューブ シートにまとめます。 
  6. (オプション)地域マップグラフおよびその他のグラフを作成します。

そこに着く方法

ナビゲーションメニューから [モデリング] を選択します。「その他」メニューで、[トランザクション] を選択します。

トランザクションテーブル

Transaction Tables Overview

[トランザクションテーブルの概要] ページでは次のことができます。

1 トランザクションテーブルの編集または名前の変更。デフォルトのトランザクションテーブルの名前は変更できません。

2 トランザクションビルダー内のトランザクションの定義フィールドを編集するには、テーブル名をクリックします。

トランザクションテーブル名には特殊文字(~!@#$%^&()_)を含めることはできません。含んだ場合、トランザクションデータをインポートできなくなります。

基本ステップ

地域プランニング用に作成するトランザクションテーブルには、以下の通り特定の列が必要です。

  • 作成した販売担当者および地理属性の属性列。 
  • インポートするCRMフィールドにマップする列と、オポチュニティキューブ シートで作成するキューブ シート科目。
  • ソースデータを識別する数字列。

トランザクションテーブルを作成する方法:

  1. CRMフィールド、トランザクション列名、オポチュニティキューブ用に作成するキューブ科目コードのマッピングキーを準備します。 
  2. テーブルに地域プランニング属性を追加します。 
  3. CRMデータの列を追加します。 
  4. ソースデータのID列を追加します。 
  5. テーブルを保存してデータをインポートします。

マッピングキーの準備

トランザクションデータをオポチュニティ キューブ シートにマップするには、列の名前がキューブ科目コードと完全に一致する必要があります。キューブ シート科目はまだ作成していない可能性がありますが、科目コードを何にするかは事前に準備できます。 

科目コードを作成する方法

キューブ科目コードには、シートコードと科目コードの2つの識別子があり、ピリオドで区切られています。例えば、OC.FARR は完全な科目コードです。プレフィックスはシートを識別し、残りは科目を識別します。 

キューブシートを作成する場合、科目のプレフィックスコードを入力する必要があります。このコードは、そのキューブに作成したすべての科目のプレフィックスになります。一般的に、プレフィックスコードには、キューブ シート名のイニシャルまたは省略形を選択します。例えば、オポチュニティキューブには、「オポチュニティ」の名前を付けることができます。シートのプレフィックスには、「OC」を選択できます。 

キューブ科目を作成する場合、各科目のコードと名前を必ず入力する必要があります。オポチュニティ キューブ シートの科目名は、CRMデータのフィールド名に整合している必要があります。[予測ARR] のフィールドがあるとします。キューブ科目の場合は、「予測ARR」のような名前を使用します。コードの場合、「FARR」を使用します。 

キューブ科目のフルコードは、「OC.FARR」になります。 

トランザクションフィールドをコードにマッピングする

  1. キューブシートコードを選択します。短くしてください。 
  2. インポートするCRMデータのフィールド名をリストし、各フィールドの省略形またはイニシャルを作成します。これらのコードは、オポチュニティ キューブ シート科目に対して入力します。
  3. シートコードと科目コードを組み合わせ、ピリオドで区切ります。これらは、トランザクションテーブル列の名前になります。例えば「OC.FARR」に似たものになるはずです。
  4. リストをExcelファイルに保存します。トランザクションテーブル、オポチュニティ キューブ シート、およびオブジェクトモデリングを作成するときに参照できるように、手元に保管してください。

マッピング キーの例:

CRMフィールド キューブ科目コード トランザクション列の名前
予測ARR FARR OC.FARR
顧客数 CustCount OC.CustCount
ARR ARR OC.ARR
オポチュニティ数 OppCount OC.OppCount

テーブルに属性を追加

  1. [要素] ペインから [属性] を選択します。 
  2. 属性リストから、[地理] および [販売担当者] 属性を行にドラッグ アンド ドロップします。  
  3. 左ペインから [要素に戻る] を選択します。

CRMデータの列を追加

  1. 左ペインから [データ入力列] を選択します。 
  2. CRMからインポートする各データフィールドについて、数字列を行にドラッグ アンド ドロップします。 
  3. キャンバスから数字列を選択します。[名前] の右パネルで、マッピングキーを使用してそのフィールド用に作成した科目コードを入力します。
  4. インポートするCRMフィールドのそれぞれについて列ができるまで、各数字列に対して繰り返します。

ID列の追加

  1. もう1つの数字列をキャンバスにドラッグ アンド ドロップします。
  2. 名前には、データ ソースに関連付けられているIDを入力します。これはオブジェクトモデリングのステップで必要になります。 
  3. テーブルを保存します。 

以下の例は、CRMトランザクションテーブルのトランザクション列を示しています。

Sales Transaction Definition Example

1 属性としての [地理] 列。  

2 属性としての [SalesRep] 列。 

3 OC.FARR数字列。名前は、オポチュニティのキューブ シートの将来のキューブ科目と一致します。

4 OC.OpportunityCount数字列。名前は、オポチュニティのキューブ シートの将来のキューブ科目と一致します。

次の例では、キューブ シート ビルダーはキューブ科目コードを示しています。

Opportunities Transactions Example - Cube Accounts

  • この記事は役に立ちましたか?