メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

CRMデータのモデルシートを作成

地域プランニング用の CRM データを保持するモデルシートを作成する方法について説明します。

Available only with sales planning.

地域プランニングの一部として、モデルシートを使用して CRM データを保持します。販売データを保存するためのモデルシートを使用するメリットは、次のとおりです。

  • 5つ以上持つことができる。
  • 定義済みの販売地域を使用して、販売属性のコンポジットにマップできる。

基本ステップ 

  1. 空白のモデルシートを作成します。
  2. シートに地域プランニング属性を追加します。
  3. インポートするCRMフィールドのそれぞれについて、[データ入力列] を追加します。
  4. ソースデータのID列を追加します。
  5. シートを保存してデータをインポートします。

空白のモデルシートを作成

  1. nav menuで [モデリング] > [組織割当シート] または [ユーザ割当シート] を選択します。
  2. シートリストの下部で [新規シート] を選択します。
  3. シート名を入力します。シート名はインスタンスごとに固有でなければなりません。
  4. [新規シートを作成] > [モデリング済み] を選択し、[空白モデルシート(高度)] を選択します。
  5. 科目コードプレフィックスを入力します。ベストプラクティス: シート名の短い省略形を入力します。このプレフィックスは、モデルシートに作成するすべての科目の最初の文字です。
  6. [次へ] を選択します。

地域属性を追加します。

次の画面では以下を行います。

  1. 列と組織を選択します。
  2. 組織が自動的に追加され、必須になります。キャンバス行で [組織] を選択します。右パネルの [一般プロパティ] から、このデータを利用可能する組織を選択します。子組織を選択できるように、必ず組織を展開してください。
  3. 左側のパネルの [要素] タブで [属性] を選択します。
  4. 販売担当者と地理の属性をキャンバスにドラッグ アンド ドロップします。
  5. 右側のパネルの [属性プロパティ] から、各属性のすべての値を選択します。

CRMデータ用のデータ入力列の追加

  1. 左ペインで [データ入力列] を選択します。
  2. CRM からインポートする各データフィールドについて、数字列を行にドラッグ アンド ドロップします。
  3. キャンバスから数字列を選択します。[名前] の右パネルで、作成したマッピングキーを使用してそのフィールド用に作成した科目コードを入力します。
  4. インポートするCRMフィールドのそれぞれについて列ができるまで、各数字列に対して繰り返します。

固有の識別子列を追加

  1. テキストまたは数字列をもう1つキャンバスにドラッグおよびドロップします。
  2. 名前には、データソースに関連付けられているレコードの固有の識別子を入力します。
  3. テーブルを保存します。

 

  • この記事は役に立ちましたか?