メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

用語

アクセスルール

アクセスルールは、ユーザーまたはグループが編集または表示できるデータの特定の交差を定義します。

科目

科目とは、費用、資産、債務、売上、任意のビジネスメトリックなどの実績情報または予測情報を分類する入れ物です。

科目グループ 

科目グループは、合計を計算することなしに科目リストに科目を含む、フォルダのような組織ツールです。 

科目の合計

科目の合計は、子科目を持つ科目の合計です。たとえば、[出張] 科目の合計には、ホテル費用、レンタカー、航空運賃などが含まれる可能性があります。 

実績バージョン

実績バージョンには、2020年5月からの所得や費用といった、一定期間の実際の財務結果が含まれます。実績は、発生したイベントのレコードです。 

管理作業の公開

管理公開 を使用すると、管理者は各変更を個別に公開するのではなく、複数の変更を一度にインスタンスに行い、すべてを公開できます。

配賦ルール

配賦ルールでは、組織の多様な部門に値(費用と収益)を割り振るのに使用する計算を定義します。

面グラフ

面グラフ は、傾向をデータポイントとして視覚化します。この場合X軸は時間または属性です。このグラフは、線としきい値の間を色で塗りつぶした折れ線グラフと似ています。

前提条件

前提条件は、自分の計画に数式を書き込むときにすべてのユーザーがアクセスできるグローバル値です。 前提条件はそのときどきで異なることがあり、異なるバージョンでは値が異なります。しかし、すべての組織、すべての科目で同じ値になります。 

前提条件科目

前提条件科目はグローバル前提条件とも呼ばれ、他の科目の計算を決定付けます。 前提条件科目のいくつかの例には、[標準引き上げ%]、[コミッション支払い]、[ボーナス支払い] が含まれます。これらの科目のデータは、従業員ごとの年間給与といった他のデータに基づく計算を決定付けます。[会社全体] の組織において前提条件科目の値を入力し、その値はすべての組織と同じです。 

特性

特性は、潜在的な値を持つリストを備えた論理グループです。特性を使用して、科目、属性、組織にタグを付けます。特性を作成して、組織ごとに異なる合計階層を示します。 

変更履歴

変更履歴 には、ユーザーがシートに入力した変更履歴が表示されます。この情報は、データがセルに作成された場所や日時についての質問(たとえば、このセルの最終変更者はだれか)に対応するのに役立ちます。変更履歴はインポートや数式の更新などの結果として生じる変動も記録します。

棒グラフ

横棒グラフ は、複数のデータ系列を横棒で視覚化します。この場合のY軸は時間または属性です。このチャートは軸が入れ替わった縦棒グラフに似ています。

ブレッドクラム

ブレッドクラムとは、ユーザーインターフェイス内でユーザーが自分の位置を追跡するのに役立つナビゲーションヘルプです。 

按分

ブレークバックは、時間の合計に入力された値を、合計内の時間単位に分散するときに使用する一連のルールのことです。

算出科目

計算効率を高めるために設計された算出科目には、すべての計画にわたって一貫性のある単一の数式が含まれており、モデルの各場所にあるデータの計算を実行するのに使用されます。メトリック科目は計算された科目のタイプです。 

縦棒グラフ

縦棒グラフは、データ系列を縦棒で視覚化します。この場合のX軸は時間または属性です

連結比率

連結比率は、会社の所有する割合です。少数株主持分と呼ばれることもあります。 

クロス集計グラフ

クロス集計は、表形式でデータを視覚的に表示します。このグラフは、多くの場合データセット間の関係を比較するのに使用されます。

CTA

 為替換算調整勘定 (CTA)は、特定の期間にわたり異なる為替レートで発生した利益/損失の概要を示す 為替換算後 の貸借対照表の包括的な収益セクションの入力項目です。

キューブ シート

キューブ シートは、大きくなる可能性がある属性セットのいくつかの科目で多次元データを入力できるタイプのシートです。

為替換算調整勘定

 為替換算調整勘定 (CTA)は、特定の期間にわたり異なる為替レートで発生した利益/損失の概要を示す 為替換算後 の貸借対照表の包括的な収益セクションの入力項目です。

カスタム科目

カスタム科目は、いずれかの種類の数値データまたは数式を保持できる科目です。時間、属性、組織の合計論理は、一意の能力を持つ科目を作成する設定の多くと同様に柔軟です。 

ダッシュボード

ダッシュボードは、一連のグラフなどのデータ分析をテーマまたは件名などでグループ化するための入れ物です。

属性

属性とは、可能な値のリストをもつ科目の性質です。すべてのタイプのシートにおいて属性を使用します。製品属性は、自社で販売される製品ラインと製品を示します。ジョブ属性は、従業員に割り当てられた職種を示すことができます。組織属性は、組織の代替的な合計構造を提供できます。 

ドーナツグラフ

ドーナツは、データ系列を円形のグラフとして視覚化します。このグラフは円グラフと似ていますが、中心がありません。

相殺消去

相殺消去 は、共通の親の配下にある複数の科目残高による財務的影響を相殺する プロセスです。

相殺消去組織

相殺消去組織は、 グループ間で科目残高を相殺する組織です。

フォーミュラアシスタント

フォーミュラアシスタントは構文的に正しい数式の作成を支援します。フォーミュラアシスタントを使用して有効な科目、前提条件、フィルタリング、および関数を数式に 挿入 できます。 

じょうごグラフ

じょうごはカテゴリ別に分割したデータを視覚化します。このタイプのグラフは、販売サイクルや製造プロセスなど、 ビジネスにおける段階の進行を示すためによく使用されます。さまざまな販売段階で潜在的な収益を特定したり、生産ラインの非効率性を特定したりするのに役立ちます。

ゲージグラフ

ゲージは、データをメーター(速度計)またはゲージとして視覚化します。売上総利益やEBITDA(金利・税金・償却前利益)の割合などを表すのによく使用されます。 ゾーンはメトリックの状況(良好・普通・悪い)を示します。

総勘定元帳科目 

プランニング向けの総勘定元帳科目GL)は、実際の総勘定元帳の科目をミラーリングします。この設定は一般的に標準会計原則に従います。総勘定元帳の多くは科目ツリーに組み込まれています。  

インスタンス

インスタンスは、フル機能を装備した実在物を定義する構造的コンポーネントの集まりです。インスタンスは、インストールと呼ばれることもあり、科目、組織構造、バージョン、属性、特性、シート、権限、会計年度、統合の一連のセットから構成されます。Adaptive Insightsを使用すると複数のインスタンスが可能となります。 

インスタンス ツリー

インスタンスツリーを使用すると、階層またはツリー内でインスタンスをまとめてリンクさせることができます。これらには、あらゆる組織の階層で任意の数のインスタンスを格納できます。

統合

インスタンスツリーを使用すると、階層またはツリー内でインスタンスをまとめてリンクさせることができます。これらには、あらゆる組織の階層で任意の数のインスタンスを格納できます。

仕訳入力バージョン

仕訳入力バージョンは、インポートした実績の統合性を連結インスタンスが保持できるようにするためのサブバージョンのタイプです。データを変更するのではなく、データを調整する仕訳入力を作成します。そのような調整は均衡がとれている必要があります。つまり、仕訳入力を転記する前に、調整におけるすべての借方は、すべての貸方の合計に等しくなければなりません。  GAAP、増数額、再分類に対するIFRS用の複数の仕訳入力バージョンを作成します。

KPIグラフ

KPI(重要業績評価指標) は、指標と業績を比較して把握できるようメトリックを視覚化します。

リーフ層

リーフ層は時間層における最小構成単位です。リーフ層の期間のみがデータを格納できます。

組織

組織はビジネスの組織構造です。たとえば、組織は部門、原価センター、利益センター、または地理的な地域を表します。

組織承認者

組織承認者は、自身の組織に関する特殊な特権を持っています。インスタンスが組織ベースのセキュリティを使用している場合、組織承認者はデータアクセスを制御する主要な方法でもあります。

組織の合計

組織の合計は、科目のサブ組織に入力された値から計算された合計です。

組織ワークフロータスク

組織ワークフロータスクは、(特定のユーザーではなく)組織に割り当てられるタスクタイプです。このタスクタイプが表示されるのは、組織承認者に対してのみです。

折れ線グラフ

折れ線グラフは、傾向をデータポイントとして視覚化します。この場合のX軸は時間または属性です。

リンク組織

リンク組織は、子(ソース)インスタンスの最上位レベルのデータを部分的またはすべて継承する親(ターゲット)インスタンスの組織です。

リスト属性

リスト属性は全体的に階層構造を持たない属性を意味します。サブ属性や属性値の階層構造を持たず、値の一様なリストのみが存在します。

確定したバージョン

確定したバージョンは、変更や編集ができないデータを持ちます。 適切な権限がある場合、管理者はバージョンの確定またはアンロックができます。 

メトリック科目

メトリック科目は比率とメトリックを計算する数式を保持します。メトリック科目は、他の科目からデータを引き出します。たとえば、[粗利益率%] は、[粗利益] および [売上] 科目の値に基づいて数式を使用するメトリック科目です。  

モデルシート

モデルシートレコードベースのデータを入力する場合に使用します。このシートには、列全体にカスタマイズされたフィールド名前があり、行としてレコードがあります。モデルシートには、売上から得られた収益、作業員の月収、資本購入の償却など、財務イベントをモデル化するための基礎的なビジネスロジックが含まれます。

マルチインスタンス

マルチインスタンスは複数のAdaptive Insights インスタンス を階層的にリンクできる機能です。子インスタンスからのデータは、科目と属性間に設定されているマッピングに基づいて自動的に渡すことができます。「インスタンス」も参照してください。

ナビゲーションアイコン

ナビゲーションアイコンがインターフェイスの左上隅に表示されます。このアイコンをクリックしてナビゲーションメニューを開きます。 

組織構造

組織構造 は、会社の業務と、計画・分析目的におけるデータのロールアップ方をモデル化します。また、組織の階層とも呼ばれています。「組織」も参照してください。

承認組織 

組織所有者」を参照してください。

画面

エリアとはダッシュボードとグラフのグループで、財務や売上といった共通の機能に特化したものを指します。

エリアのコンテキスト

画面のコンテキストは、どのような画面からも利用できる一連のシステムまたは管理者定義フィルターです。これらのコンテキストを使用して、分析の焦点を一時的に絞り込み、アイデアをテストするかパターンを確認できます。

円グラフ

は、データ系列を円形のグラフとして視覚化し、データ値に比例するサイズのスライスを表示します。

計画バージョン

計画バージョンは、プランニングバージョン、計画、プランニングと呼ばれることもあり、予算、what-ifシナリオ、または想像できる他のほぼすべてである可能性があります。

一次軸

グラフの一次軸  はメトリック値の大きさを示します。例えば、縦棒グラフのY軸には、科目を基にした値が表示されます。

ピラミッドグラフ

ピラミッドグラフはカテゴリ別に分割されたデータを視覚化します。このグラフはただ反転させたじょうごグラフに見えます。

再分類

再分類は、1つの総勘定元帳科目から別の科目への金額の移動を意味します。再分類の例としては、月末の締切り後に誤記入の修正や、複数の事業体の元帳の連結などが挙げられます。親事業体との連結の際は、事業体の特定科目の金額を別の科目に移動する必要があります

報告通貨

通貨を中間通貨から変換するのではなく、通貨の完全な為替レートを用意することが重要な場合、通貨は報告通貨としてマークされます。しかし、大規模な企業では、通貨を報告通貨にすると数百個の為替レート科目が作成される場合があるので、慎重に判断してください。

合計

合計は、事前に設定された構造に従って入力の値を合計するか平均します。合計セルは、時間、科目、属性、組織の値の合計を示します。 

合計

合計の合計に寄与するには。値は組織、科目、期間に合計できます。また、分割も元の科目合計に合計されます。 

合計科目

合計科目は、子科目の合計を合計する親科目です。

ルート科目

ルート科目は階層の最上位科目です。これは親科目を持たず、別の科目に合計されません。Adaptive Insightsは複数の総勘定元帳(GL)ルート科目を備えており、追加する科目はすべて最終的にルート科目の1つに合計されます。 

ルート層

ルート層は時間層における最大構成単位です。ほとんどの場合、会計年度は他のすべての層を含むルートです。

散布図

折れ線グラフは、傾向をデータポイントとして視覚化します。この場合のX軸は時間または属性です。 

スコアカード チャート

スコアカード は、実績データと計画データの比較および分散を要約した一連のデータを、表形式で視覚します。このチャートには、重要なメトリックを強調するマイクロチャートが含まれている場合がよくあります。

保護された属性

保護された属性は、アクセスルールを定義するために選択した属性です。これらには、科目、組織、および最大3つのカスタム属性が含まれている可能性があります。

シート

シートには、データ(実際の元帳データ、予測、人事情報および予算など)を表示、入力、更新するためのインターフェイスが用意されています。シートには、標準、モデル、キューブの3種類があります。 

シートグラフ

ダッシュボードのシートAdaptive Insightsシートを表示します。ダッシュボードのシートによって、ダッシュボードから移動することなくアクティブにシートデータを更新できます。

シート ワークフロー タスク

シートのワークフロータスクは、ユーザーではなくシートに割り当てられるタスクのタイプです。このタスクタイプを表示できるのは、シートへのアクセス権限を持つユーザーのみです。

スナップショット

スナップショットは、ダッシュボード、グラフ、レポートの静的画像です。

移動元実績

配賦や相殺消去のルールが実績バージョンに適用されると、移動元実績 ではユーザがルールの移動元として使用する実績の特定のサブバージョンを 指定できるようになります。「移動先実績」も参照してください。

スパークライン

スパークラインとは、経時の科目値の変化を示す小さな折れ線グラフまたは棒グラフのことです。スパークラインを表示オプションとして標準シートとキューブ シート(および期間列を含むモデルシート)に追加できます。 

分割

分割は科目の計算をサポートします。分割を使用することで、ユーザは経費やビジネス測定基準などさまざまな科目を詳細に計画することができます。分割の入力値は、親科目にロールアップされます。分割は所有者限定の情報であり、他のシートやレベルには表示されません。

標準シート

標準シートは科目と期間で構成されるシンプルなグリッドを含んでいます。標準シートの一例としては費用シート、収益/レベニューシート、利益と損失シート、残高シート、キャッシュフローシートなどが挙げられます。

サブバージョン

サブバージョンは実績のスライスであり、バージョンツリーの既存の実績バージョンに基づいて作成されています。各サブバージョンのデータは、実績に表示されるデータに合計されます。すなわち、データは重複していません。実績に対して任意の数のサブバージョンがある可能性がありますが、サブバージョンもサブバージョンを有している可能性があります。実績サブバージョンを作成し、実績をさまざまな方法で整理、フィルタリングします。

移動先実績

配賦や相殺消去のルールが実績バージョンに適用されると、移動先実績ではユーザがルールの移動先として使用する実績の特定のサブバージョンを 指定できるようになります。「移動元実績」も参照してください。

地域の割り当て

地域マップを作成する際、地域の割当は販売担当者および担当する地域の名前を示す上で必要です。1つの列および別の地域において販売担当者の属性値を選択することにより、モデルシート内の地域の割り当てを設定します。地域の割り当てには通常、市場セグメントや業界といった他の情報が含まれています。

地域マップ

地域マップは販売地域の所有権の境界を定義する地理的なチャートです。それをクリックすることにより、地域の販売関連データを閲覧できます。地域マップには、販売担当者、その地理的な割り当ておよび、販売実績や販売機会に関連するその他の多次元データを含むキューブシートが必要です。

地域プランニング

地域プランニングは、販売目標達成の一環として、地域、マーケットセグメント、業界に販売担当者を割り当てるプロセスです。

テキストグラフ

ダッシュボードのテキストは、ダッシュボードに表示される可視化について、ガイド付きのサポート、使用メモ、一般的な情報または注意を提供することが可能です。

期間

ダッシュボードのテキストは、ダッシュボードに表示される可視化について、ガイド付きのサポート、使用メモ、一般的な情報または注意を提供することが可能です。

時間合計

期間は、 連続した日、週、月または開始日と終了日が確定したその他の時間層のコレクションです。期間になりえるのは、データが格納されるリーフ層または合計層です。

時間層

時間層は、リーフ層からルート層まで互いにロールアップする時間の層です。

時間層

時間層は、時間層内の個々の時間レベルです。

最上位レベル(全社)

最上位レベル(全社)は必須フィールドで、組織構造の最上位レベルです。最上位レベルに表示される全シート、および組織の全レベルは最上位レベルに合計されます。

取引パートナー

取引パートナーとは、1つの会社内の2つの組織、通常、子会社または部門は、独自に業務を行い、会社間の取引を記録します。通常、借方と貸方のトランザクションは、2つの組織により記録され、セラーはバイヤーに請求します。

未公開の変更

未公開の変更とは、管理作業の公開が実行されている間にインスタンスに加えられた変更のことです。未公開の変更は管理者がそれらを公開するまで有効になりません。 

ユーザー割当シート

ユーザ割当シートは、管理者が1人以上の特定のユーザーに割り当てるシートのことです。組織割り当てシートとは異なり、割り当てられたユーザーは任意のレベルでこれらのシートを確認できます。 

ユーザグループ

管理者が作成する ユーザーグループは、装置への個々のログインの集合です。これらのグループは、ユーザーの人数が多い場合にバージョンの権限を割り当てたり、管理したりするのに便利です。グローバルユーザーグループは様々なユーザーグループにレポートをEメールするのにも便利です。

バージョン

バージョンは特定の財務シナリオを表します。 たとえば、バージョンは、本年度の実績、次年度の予算、3ヶ年計画、事業取引の効果を評価するためのwhat-if計画である可能性があります。

仮想バージョン

仮想バージョンは、2つの異なるバージョンからデータを使用して読み取り専用の複合バージョンを作成する計画バージョンです。 仮想バージョンを用い、1つのバージョンのデータを使用して別のバージョンの為替レートを適用できます。これによってレート変動を排除できます。 仮想バージョンを作成し、固定通貨レポートの作成を可能にします。

ウォータフォール グラフ

ウォーターフォールは、開始時、終了時、途中経過を示すデータを視覚化します。初期値と最終値は多くの場合、縦棒全体で表され、途中の値は浮いた縦棒で表されます。

加重平均換算(WAT)

加重平均換算(WAT)は累積科目向けの科目設定です。マスター数式は、フロー科目からデータを引き出してストック科目にそれを投入します。その後、加重平均換算によって、平均周期為替レートでデルタの通貨を換算します。これにより、加重平均換算が提供されます。追加設定: [リセット] 時の [残高リセット] と [残高転送] によってデータフローを自動化できます。

加重の数式

配賦ルールの基準数式では、配賦-借方科目の金額がターゲット組織間でどのように分散されるかを表します。

ワークフロー

ワークフローとは、計画策定サイクル時に各組織が通過するプロセスのことです。このプロセスには次の段階があります。進行中 >レビュー用に送信済み >承認済み(または拒否済み) > 確定済み

  • この記事は役に立ちましたか?