メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

統合のワークフロー

統合フレームワークは、さまざまなデータ ソースから Adaptive Insightsにデータとメタデータをインポートするための安全なブリッジとして機能します。データ ソースにはスプレッドシート、データベース、クラウドベースまたはオンプレミスのシステムを含めることができます。それらのソースからの情報をフィルタリング、クリーンアップ、マップ、およびマージし、潜在的なインポートエラーを排除できます。また、タスクと業務のスケジュールを設定できるため、特定の時間にデータを自動的にインポートすることができます。 

Adaptive Insights統合フレームワークのアーキテクチャは次のフローを使用します。

Adaptive Insights Applications Adaptive Planningと連結、または ダッシュボードは、ロードされたデータまたはメタデータを取得して、モデル、科目、シート、トランザクション、またはグラフを更新します。
Adaptive Insights Integration Management

 

ローダはソースシステムからのデータまたはメタデータをAdaptive Insights内の対応する位置にマップし、ロードします。

ソースシステムからの抽出物のデータ準備のためのステージング領域。ステージング領域からのデータをフォーマットおよびフィルタリングしてローダに渡すための手動またはスケジュールされたタスク。

ソースシステムからデータを抽出するデータソースおよびアダプタ。

Sources

ソースにはAdaptive Insights, Workday, NetSuite, Salesforce, SAGE Intacct, MSDGP、およびその他のクラウドシステムが含まれます。

オンプレミスエージェントは、Oracleまたはその他のオンサイトシステムから直接データをロードします。

スプレッドシートは、アップロードされた.XLSXファイルから直接ロードします。

統合のビジネスユーザー:開発者、実装者、およびアナリスト

このアーキテクチャは、3つのタイプのビジネスユーザーのワークフローをサポートし、作業は次の順序で次から次へとシフトします。

  1. 開発者(CCDSにのみ必要)
  2. 実装者
  3. アナリスト

各グループは、 Adaptive Insightsにおいて権限を持つロールを取得します。各ロールは、統合ワークフロー全体に貢献します。ほとんどのビジネスユーザーは、実装者とアナリストです。実装者は、アナリストがタスクを実行できるようにデータ ソースを構成します。ウェブアクセス可能なシステムからデータを引き出すためにCustom Could Data Source (CCDS)が必要な場合、ワークフローは開発者ユーザーがデータをインポートするためのJavaScriptを書くことから始まります。その後、ワークフローは実装者、そして最終的にアナリストにシフトします。

開発者のワークフロー

統合開発者ロールの権限

開発者ユーザーが必要になるのは、 ウェブアクセス可能なシステムからデータをインポートするためにCustom Cloud Data Source (CCDS)が必要な場合に限られます。開発者は統合開発者のロールを受け取ります。データをAdaptive Insightsに取り込むAPIを使用するための経験豊富なjavaScriptプログラマーである必要があります。

  1. パラメータを定義
  2. スクリプトを作成し、テストします
  3. CCDSをデータ デザイナーにリリースします

全体のCCDS ワークフローを監視します。

実装者 のワークフロー

データ デザイナー ロールの権限

実装者は、データ デザイナーの統合ロールを使用して、アナリストがタスクを実行するために使用するデータ ソースを作成します。実装者は、テーブルの列からデータを選択し、それをフィルタリングし、プレビューし、他のデータとマージし、アナリストがそのデータを使用してタスクを実行できるように準備します。実装者は、ユーザーまたはグループにタスクを実行する権限を付与することもできます。これにより、実装者は、下位組織のデータ入力スタッフが他のものにアクセスすることなしに特定のタスクを実行するだけに制限することができます。

CCDS が必要な場合は、データ デザイナーは、統合開発者にまずJavaScriptを書いてテストしてもらいます。

  1. データ ソースを定義(変換とマッピングを含む)
  2. ローダの作成
  3. タスクの作成

アナリストのワークフロー

インテグレーションオペレーター ロールの権限

アナリストユーザー(多くの場合 FP&A staff), with the role of インテグレーションオペレーター)は、Adaptive Insightsにデータを取り込むための手動またはスケジュールされたタスクを実行します。アナリストユーザーは、実装者ユーザーによって付与された起動権限に基づいてのみタスクを表示および実行できます。

  1. 手動またはスケジュールされたタスクの実行
  2. 通知を管理
  3. Adaptive Insightsで結果を確認
  • この記事は役に立ちましたか?