メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

データ ソースの設定

データ ソースの設定
データ ソースと関連テクノロジーを設定する方法について説明し、ベストプラクティス、開始のためのチュートリアル、一般的な状況に関するトラブルシューティング情報の概要を提供します

Adaptive Integrationで最初にやるべきことは、データ ソースの設定です。データ ソースは、スプレッドシートの場所または情報を抽出するデータベースを指定します。また、ユーザー ID やパスワード、使用する列やテーブルの構成情報、Adaptive Integrationが必要なデータにアクセスして抽出するのに必要なその他の情報も含まれています。

Adaptive Integrationは、Excel スプレッドシート、JDBC データベース、オンプレミスソース、クラウドソース、Salesforce, Intacct, Microsoft Dynamics GP,およびNetSuiteなど、様々な場所からデータをインポートできます。スプレッドシート内のすべてのワークシートは毎回インポートされます。データベース全体をインポートすることも、データベースが大きい、または、特定の情報しか必要ない場合は、データベースのスキーマによって、データベース’から使用する列または情報テーブルを選択できます。1 つのスキーマに販売データがあり、別のスキーマに経費データがある可能性があります。情報をインポートした後、SQL 式を使用してデータをフィルタリングできます。

さらに、複数のスプレッドシートまたはデータベースに基づいて結合またはフィルタリングする必要があるデータがある場合は、SQL 結合を使用して異なる場所の情報を結合してからフィルタリングできる、“テーブルグループ”という特殊なデータ ソースを設定できます。

  • この記事は役に立ちましたか?