メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

NetSuiteデータ ソースの設定

Adaptive Integrationを使ってNetSuite インスタンスから情報を抽出できます。Adaptive ユーザーは、Adaptive IntegrationNetSuite アダプタを介してNetSuite インスタンス内のデータにアクセスできます。

NetSuite データ ソースの設定は、次の手順で実行します:

  1. [統合] > [データデザイナー] に移動して、[データ デザイナー] にアクセスします。

  2. [コンポーネント ライブラリ] の [データ ソース] フォルダーを展開します。
    NetSuite データ ソースは個別にライセンスされています。データ ソースの一覧にこのアダプタが表示されない場合は、Adaptive サポートに連絡してください。)

  3. [NetSuiteデータ ソース] をクリックします。
    以下のように、画面の中央エリアに新規データ ソース’の設定およびその他の情報が表示されます。

  4. データ ソースの’情報を入力します。

  • アカウントID:  NetSuite ユーザー アカウントのアカウントIDを入力します。
  • E メールアドレス: アカウントIDと関連付けられているE メールアドレスを入力します。
  • サンドボックスを使用する: NetSuite サンドボックスを使用するには、このチェックボックスをオンにします。(サンドボックスとはNetSuite から個別に購入可能なアカウントで、データベースを他のサーバーにコピーできます。)実装プロセスにおいて、データ インポート プロセスの一環としてサンドボックスでのテストが必要な場合のみ、このチェックボックスをオンにしてください。実稼働状態のNetSuite インスタンスからデータを取得する必要がある場合は、必ずこのチェックボックスをオフにしてください。
  • ロールID: Netsuite ユーザー アカウントにアクセスしたいロールIDを入力します。(ロールIDは、[設定] > [ユーザー/ロール] > [ロールを管理]NetSuite ユーザー/ロール設定画面で確認できます。ロールIDは、“「ウェブサービス」”パーソン­が有効になっている必要があります。[“内部ID”]、つまりロールIDの列が見えない場合は、NetSuite [表示をカスタマイズ] オプションで追加してください。)
  • アカウント タイムゾーン: ドロップダウン リストから、アカウントの正しいタイムゾーンを選択します。(ここで選択するタイムゾーンは、このユーザー アカウントのNetSuiteユーザー インターフェイス内で使用されているタイムゾーンと同一でなければなりません。NetSuite[ホーム] > [ユーザー設定] > [ローカライズ] に移動します。)
  • 穴埋めのバッチ時間: 穴埋めのバッチ時間を選択します。既定値は1週間(168時間)です。この値は、差分インポートされたNetSuiteテーブルの一度の更新パスで抽出されるデータの時間数です。これにより、スケジューラのチャンクを設定し、大規模なバッチジョブと小規模なバッチジョブとのバランスを維持できます。NetSuite データが非常に大量にある場合は、この値を下げてください。値が小さいほど、特定のカレンダー期間に必要な穴埋めのループが多くなります。

入力する値は、ジョブサイズ、小規模ジョブと大規模ジョブの割合、所要時間、システムリソースなど、サイト固有の変数に大きく左右されます。

  • ログレベル: ドロップダウン リストからログレベルを選択し、このデータ ソースをどこまで詳細にログするかを指定します。オプション:
    • エラー: 重大なエラーのみを記録します。
    • 情報: データ ソースが更新されたときなど、すべての基本情報を記録します。
    • 詳細: 全ての段階と操作に関する非常に詳細な情報を提供します。(このレベルは、主にデバッグや監査に使用されます。典型的な使用方法よりも多くのログ情報を生成する可能性があります。)
  • SSOトークンが有効: この読み取り専用のボックスは、このデータ ソースに有効なSSOトークンがあるかどうかを示します。­追加のコミュニケーション(接続のテスト、構造のインポート、データのインポートなど)が成立するには、有効なSSOトークンが必要です。変更を [アカウントID]、[E メールアドレス]、[サンド­ボックスを使いますか?] または [ロールID] フィールドのいずれかに保存すると、SSOトークンは消去されます。

新規データ ソースを作成する際は、このチェック ボックスはオンになっていません。[操作] メニューの [SSOトークンを生成] をクリックし、新しいSSOトークンを作成する必要があります。アカウントID、E メール、およびロールIDを入力し、[SSOトークンを生成] をクリックします。アカウントのパスワードを入力し、[OK] をクリックしてNet­Suiteに情報を送信します。NetSuiteがSSOトークンを生成します。Adaptive Integrationは [SSOトークンが有効] を自動的にチェックし、[SSOトークンを生成] を [操作] メニューから削除します。SSOトークンはNetSuite にログイン情報を提供します。したがってNetSuite データのインポート時にNetSuiteのパスワードを入力する必要は’ありません。(NetSuite ユーザー資格情報に変更がある場合は、[SSOトークンが有効] をオフにして、SSOトークンを再生成する必要があります。

 5. [操作] メニューの [保存] をクリックします。

新しいエージェントの接続情報をテストするには、[操作] メニューで [ 接続をテスト] をクリックします。システムはデータ ソース フィールドの情報を使用して、NetSuite への接続を試みます。NetSuiteにシステムから接続できたら、[OK] をクリックします。接続に問題がある場合は、Adaptiveサポートに連絡してください。

NetSuiteに接続できたら、データ構造をインポートできます。’これで、NetSuite内のテーブルおよび列が表示されます。

NetSuiteの構造をインポートは、以下の方法で行います:

  1. [操作] メニューで [構造をインポート] をクリックします。テーブルと列が [データ コンポーネント] メニューに表示されます。

データは、以下の容量でNetSuiteユーザー アカウントと同期されます:

Adaptive Integrationは、最適な同期方法を選択します。最初は差分データの取得を試みます。元のデータ ソースがこの方法をサポートして’いない場合、Adaptive Inte­grationはステージング領域のデータの完全なリフレッシュを行います。

NetSuite構造のインポートおよびAdaptive トランザクション要約テーブルの掲示

Adaptive Integrationには、 AdaptivePos­tingTransactionSummaryテーブルと呼ばれるNetSuite向け“「はじめに」”のテーブルがついてきます。

AdaptivePostingTransactionSummaryおよび関連するテーブルは、構造のインポート中は既定で表示されます。このテーブルは、 AdaptivePostingTransactionSummaryからもっとも頻繁に要求されるデータ要素を示しており、構造のインポート中は、関連するテーブルが既定で表示されます。このテーブルは、NetSuite ソースシステムからもっとも頻繁に要求されるデータ要素を示しています。Adaptiveによって作成されたこのテーブルは、PostingTransactionSummaryテーブルと関連テーブルを自動的に結合します。その結果、最も頻繁に要求されるNetSuite カテゴリー­のビジネス フレンドリ名が公開されます: 科目、分類、項目、部門、場所、子会社、顧客。

[名称] 列は各テーブルに含まれます。[アカウント タイプ] 列は、[アカウント] タブから自動的に有効化されます。カテゴリー テーブルは、「構造のインポート」の実行時に自動的にインポートされます。

必要のないアカウントタイプは、「SQLフィルタの作成」で説明されているように、「計画ローダ」のSQLフィルタを使って除外する必要がある場合もあります。

結合テーブルで利用できる属性のうち1つ以上を削除することもできます。Adaptive 「計画」モデルに必要なカテゴリーだけを選ぶことを推奨します。それ以外のカテゴリーは全て結合から取り除き、元の列もPostingTransactionsSummaryからのインポートから除外しましょう。

NetSuite データ ソースにテーブルを追加

データの’構造をインポートしたら、インポートする情報を指定できます。NetSuite の標準テーブルセットは、すでに有効になっています。他のテーブルを追加でインポートしたい場合は、画面の [インポートするテーブル] セクションを使って、インポートされたNetSuite データの設定を行ってください。

ユーザー アカウントからインポートするテーブルを指定するには、次の手順を実行します:

  1. 以下のように、[データ コンポーネント] メニューでデータ ソースのエントリを展開します。

  2. 各テーブルは、個別の項目として表示されます。

3. 以下のように、インポートするテーブルを画面中央の [インポートするテーブル] セクションにドラッグ アンド ドロップします。各テーブルを [インポートするテーブル] セクションにドラッグすると、テーブルのタブが表示され、テーブルの情報が [インポートするテーブル] セクションに表示され、’追加した情報のタイプを確認できます。(複数­のテーブルのサンプルが下に表示されます。)各テーブルの’タブにはドロップダウン メニューがあり、名前の横にある矢印をクリックすることでアクセスできます。

 

列の管理

作業しているテーブルに列が多数ある場合は、[列を管理] を使用してどの列をインポートするかをすばやく編集できます。[列を管理] ダイアログ ボックスにはテーブルの列が表示されるため、インポートする列を選択または選択解除できます。

インポートする列を管理するには、次の手順を実行します:

  1. テーブル名の右にあるタブの矢印をクリックします。
    いくつかのオプションを含むフローティング メニューが表示されます。

  2. フローティング メニューで [列を管理] をクリックします。
    [列を管理] ダイアログ ボックスが表示されます。

3. インポートする列の横にあるチェックボックスをオンにします。列をチェックすると、ポップアップの内容を保存してからプレビュー ウィンドウに列が表示されます。列のチェックを外すと、プレビュー ウィンドウから列が削除されます。

­isDeletedなどの、システムが生成するフィールドのインポート ステータスを変更することはできません。個々の列のインポート状態は、­列のプロパティを選択してプロパティを設定するか、列をデザイナーにドラッグ アンド ドロップして、変更することもできます。

テーブルのカスタマイズ

テーブルごとにデータのインポート方法をカスタマイズできます。

テーブル設定をカスタマイズするには、次の手順を実行します:

  1. テーブル名の右にあるタブの矢印をクリックします。
    いくつかのオプションを含むフローティング メニューが表示されます。

  2. フローティング メニューで [テーブル設定] をクリックします。
    以下のように [テーブル設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

3. テーブル設定を入力します:

  • データ インポート モード: ドロップダウン リストには以下のオプションのみが表示されます:
    • データ ソースが最良の同期アプローチを自動的に選択。これがデフォルトです。データ ソースがNetSuite を検分し、最良の方法でステージング領域のデータをNetSuite内の情報と同期します。(全てを読み込むか、­差分更新を行うかはテーブルによって異なります。)
  • データ インポート フィルタ: これを使用して、インポートしている情報をフィルタリングまたはフォーマットするSQL式を入力します。SQLフィルタはNetSuiteからデータを抽出する前に適用され、インポートする必要があるデータの量を 削減します。それによってステージング領域に取り込まれるデータをさらに細かく制御できます。フィールドをクリックすると、前述の [SQL式を編集] ダイアログ ボックスが表示されます。(ここで入力したフィルタは、ステージング領域の プレビュー データにではなく、NetSuite内の実際のデータに適用されます。)すべてのデータ ソースが同レベルのSQLフィルタリング機能をサポートしているわけではありません。­
  • 期間パラメーター:  NetSuite のテーブル PostingTransactionBalancePostingTransactionSummary はデフォルトでインポートされますが、インポートの前に期間パラメーターの構成が必要です。 ConsolidatedExchangeRateまたはBudgetExchangeRate テーブルのインポートを選択する場合も、期間パラメーターの構成が必要です。そのようなテーブルに対して期間パラメーターを構成しないと、インポートは次のようなメッセージとともに失敗します。 

    必須のパラメーターが構成されていません 

NetSuite には、きわめて限定的ながら非SQLフィルタリング機能があります。きわめて­単純な式のみがサポートされます。

4. [適用 ]をクリックして設定を適用します。

5. 各テーブルに対して手順1〜3を繰り返します。

6. [保存] をクリックして、データ ソースに設定を保存します。

列のオプション設定

[インポートするテーブル] セクションを使用中は、データ ソースまたはインポート後のステージング領域にある状態でのデータのプレビューを表示できます。各列のオプションを変更するには、見出しをマウスでクリックし、その名前の横にあるドロップダウン メニューをクリックします。オプションは次のとおりです:

  • 昇順で並べ替え: この列に基づいてテーブル全体を昇順で並べ替えます。
  • 降順で並べ替え: この列に基づいてテーブル全体を降順で並べ替えます。
  • 列の設定: このダイアログを使用して、ステージング テーブルの列のプロパティを変更します。
    • 名前: ヘッダーに表示される列の名前。
    • 列の型: 列で使用されるデータ型。
    • 列の型を変換: このドロップダウン メニューから新しい型を選択します。
  • インポートから列を除外する: インポートするデータからこの列を削除する場合に選択します。
  • カスタム列を削除: このオプションを選択して列を削除します。(カスタム­列でのみ使用可能。)

サブクエリ列の作成

サブクエリ列を使い、他の関連テーブルの条件をもとにNetSuite の行をフィルタリングできます。例えばNetSuite の「機会」レコードを、1つ以上の「見積もり」レコードの有無をもとにフィルタリングできます。サブクエリ列を使うことによって、プライマリ テーブル/列および関連テーブル/­列を選び、関連テーブルの特定の条件をチェックし、そのチェックの結果をもとに牽引テーブルに適切な値を挿入できます。

テーブルごとにデータのインポート方法をカスタマイズできます。

サブクエリ列の作成は、以下の手順で行います:

  1. [データ コンポーネント] メニュー内で、データ ソースの [カスタム列] フォルダーを展開します。

  2. [サブクエリ列] コンポーネントを、画面中央の [インポートするテーブル] セクションにドラッグ アンド ドロップします。[列の設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

3. 列の設定を入力します:

  • 名前 サブクエリ列の名前を入力します:
  • 列の型: この表示専用フィールドは、ブール値列として識別されます。
  • 関連テーブル: 比較に使用する関連テーブルを選択します。
  • 結合式: このフィールドをクリックし、結合条件を入力します。[SQL結合式を編集] ダイアログ ボックスが表示されます。(SQL結合の作成に関する詳細情報 iは、「SQL結合テーブルの追加」をご覧ください。)
  • 結合値の規則: ドロップダウン リストから、以下のSQL結合値オプションのうち1つを選択します: 「存在する」、「存在しない」、「合計」、「カウント」、「最小」、または「最大」。
  1. [適用 ]をクリックして設定を適用します。
  2. [保存] をクリックして、データ ソースに設定を保存します。

ステージング テーブルからデータをダウンロード

単一のステージング テーブルからデータをダウンロードできます。

単一のステージング テーブルからデータをダウンロードするには、次の手順を実行します:

  1. [インポートするテーブル] セクションの テーブルの見出しにある下矢印をクリックします。

  2. [データをダウンロードする] を選択します。

  3. 「“この操作では、データをダウンロードするためのURLを含むメールを送信します”」というプロンプトで、 [送信] をクリックします。 Adaptive IntegrationはURLを記載したEメールを、データ デザイナーに関連づけられたEメール科目に送信します。

  4. E メールを開いてURLをクリックします。データは.csv形式でダウンロードされます。

高度なフィルタの使用

[ソース] ドロップダウン メニューの下にある [高度なフィルタ] をクリックすると、[インポートするテーブル] のプレビュー領域にデータ­を表示するオプションが表示されます。高度なフィルタは、ステージング テーブル内のデータのサブセットをステージング テーブル内で、あるいは([NetSuite ソースから ] ドロップダウン メニューを選択した場合)遠隔ソースから直接、表示および閲覧できるツールを提供します。

プレビュー領域は、ステージング領域(またはNetSuite)のデータの小さな一部分をプレビューする専用領域です。[スプレッドシート] 科目で利用できるデータを探索して、ステージング領域をチェックすることで予定のデータが入手できることを確認できます。高度なフィルタで、使用するデータ インポート フィルタを絞り込むこともできます。(­プレビュー関数で設定されたフィルタは、ステージング領域の実際のデータには影響しません。)

[高度なフィルタ] のオプションは次のとおりです:

  • 個別の行: 重複する行を非表示にするには、このボックスをオンにします。

  • 最大行数プレビュー領域に表示される行数を制限するには、テキスト ボックスに数値を入力します。

  • : このドロップダウン メニューの列をオンまたはオフにし、列を表示または非表示にします。

このリストから列を削除しても、その列はインポート リストから削除されません。

  • SQLフィルタ: 大型のテキストボックスをクリックし、(先に示した)[SQL式を編集] ダイアログ ボックスを表示します。ここでSQLフィルタを入力し、­プレビューする行を制限することができます。[適用] をクリックすると、フィルタのSQL構文を自動的にチェックします。(エラーがある場合は、式にエラーが示されます。)入力したフィルタは [データ インポート フィルタ] フィールドに表示されます。詳細なSQL構文のヘルプについては、[注記] セクションでこちらをクリックしてください。NetSuiteには、きわめて限定的ながら非SQLフィルタリング機能があります。きわめて単純な式のみがサポートされます。

[フィルタを削除] ([ソース] ドロップダウンの隣)をクリックし、­プレビュー ウィンドウの設定をクリアします。

NetSuite は特定の列をキー列に指定します。この情報はステージング テーブルに持ち込まれます。この情報は変更しないでください。

NetSuiteからのデータのインポート

NetSuite データ ソースを設定して保存すると、データをインポートできます。

NetSuiteデータベースからデータをインポートするには、次のようにします:

  1. [操作] メニューから、[データをインポート] をクリックします。
    選択したデータは、任意のSQL式でフィルタリングされ、ステージング領域に読み込まれます。ステージング領域でデータをプレビューできます。

情報はクリアするまでステージング領域に残ります。

ステージング領域からデータをクリアするには、次のようにします:

  1. [操作] メニューから、[ステージング領域をクリア] をクリックします。
    データ ソース内のすべてのテーブルのステージング領域がクリアされます。

NetSuite で保存済み検索のインポート

保存済み検索のインポートには、NetSuite アダプタが必要です。このデータ ソースのSSO認証も設定する必要があります。

保存済み検索をインポートするには、データ デザイナーでNetSuite 保存済み検索を設定し、保存済み検索の構造をインポートする必要があります。Adaptive Integration内の保存済み検索は、NetSuite のカスタム レコード、カスタム フィールド、およびカスタム セグメントをサポートします。

データ デザイナーで保存済み検索を設定する

  1. [操作] メニューから、[保存済み検索を管理] をクリックします。

  2. [管理された保存済み検索] ダイアログ内で、­ナビゲーション ツリーの下の [操作] ボタンをクリックして [保存済み検索を追加] を選択するか、[保存済み検索] フォルダーを右クリックして [保存済み検索を追加] を選択します。保存済み検索に [名前] をつけます。

  3. [NetSuite レコード型] を選択します。

  4. [NetSuite 保存済み検索] を選択します。

  5. [適用] をクリックします。

保存済み検索’の構造をインポートする

  1. [管理された保存済み検索] ダイアログ内で、以前に­作成した [保存済み検索] をクリックして選択します。

  2. ナビゲーション ツリーの下の [操作] ボタンをクリックして、[操作] メニューの [構造をインポート]  を選択するか、[保存済み検索] を右クリックして、[構造をインポート] を選択します。

  3. [保存済み検索 ] 構造のインポートが成功したら、[管理された保存済み検索] ダイアログを閉じます。

  4. ステージング領域に、インポートした保存済み検索構造が個別のタブに表示されます。

[操作] ペイン内の [構造をインポート] をクリックすると、[データ コンポーネント] パネル内のすべての [保存済み検索] がインポートされることに留意してください。

ベスト プラクティス: [保存済み検索] 構造のインポートの結果が [NetSuite要約結果] の列を含まないことを確認してください。これはNetSuite ウェブ サービスAPIによる制限です。

インポートできる [NetSuite 保存済み検索] の数は最大で1000です。

[保存済み検索データ インポート モード] を選択します。

  1. ステージング領域で、タブ内の矢印アイコンをクリックし、NetSuite 保存済み検索のテーブルを表示します。
  2. ドロップダウンから [テーブル設定] を選択します。

以下の2つのオプションが利用できます:

  • データのインポートの実行ごとにレコードすべてを置き換え: これがデフォルトです。インポート実行時にすべてのデータを置き換えられます。
  • 期間範囲内のすべてのレコードを送信: パラメータを使って期間範囲を選択し、パラメータが適用される [保存済み検索] テーブルの 日時列を選択できます。このダイアログ内の [パラメータを編集] をクリックし、使用する期間範囲パラメータを作成します。期間範囲のインポートを選択する場合、期間パラメーターを設定する必要があります。設定しないと、インポートは失敗します。   
  1. [適用] をクリックします。
  2. [操作] パネルから、[保存] をクリックします。

保存済み検索からデータをインポートする

  1. [操作] パネルから、[データをインポート] をクリックします。

  2. [NetSuite 保存済み検索] データはステージング領域にインポートされます。

NetSuite保存済み検索の消去

  1. [操作] ペインから、[管理された保存済み検索]をクリックします。

  2. [管理された保存済み検索] から保存済み検索を右クリックし、[削除] を選択します。保存済み検索は [管理された保存済み検索] ダイアログ一覧からは削除されますが、検索の構造は [構造をインポート] を再び実行するまで [データ コンポーネント] ペインおよび [ステージング] 領域に残ります。

NetSuite内でNetSuite 保存済み検索が削除された場合、構造のインポートを実行する時にその検索は利用できない­旨を告げるメッセージが表示されます。[統合] 内ですでにデータ インポートに使用中の保存済み検索がNetSuiteで変更された場合、以降のデータ インポートの成功は 保証されません。

ベスト プラクティス: NetSuite内で、特にAdaptive Integrationで使うための保存済み検索を作成し、他のNetSuiteユーザーに変更、削除されないように名前をつけましょう。

ベスト プラクティス: NetSuite において、保存済み検索の結果から返ってくるコンテンツを表示できる適切な権限を持っていることを確認してください。コンテンツを表示できる権限がない場合は、検索はゼロレコードを返し、エラー メッセージは表示されません。NetSuiteのこの制限については、オンラインヘルプに以下のように示されています:

 権限のない保存済み検索を参照した場合は、例外は無視され、フィールドには値が入りません(またSOAPの応答には全く含まれません)。

Adaptive 計画からNetSuiteにドリル スルーして戻る

NetSuiteからインポートしたデータのドリルスルーを有効化できます。ドリルスルーのリンクは、[計画] シートおよびNetSuiteからインポートされた実績のレポートで利用可能になります。NetSuiteのドリルスルーを設定するためには、内部識別子­が計画ローダ内の列マッピングの一部として使われていることを確認してください。NetSuite 外部システムを設定し、計画ローダに使用するプロファイルに添付する必要があります。

NetSuite 側の複数の列を単一の「計画」属性にマップするよう設定する場合は、タプルSQL列を使ってそれらのNetSuite 列をデータソース内で一つにまとめる必要があります。

詳細については、「マッピング プロファイルを理解する」を参照してください。

Planning から NetSuite へのドリルスルーを有効にするための高度な手順

  1. 始める前に、[計画] の [統合] > [NetSuite 設定] メニュー内の、[強化されたバンドルベースのドリルスルー] チェックボックスがオンになっていることを確認してください。

  2. NetSuite外部システムを設定する。

  3. 複数のNetSuite カテゴリーを単一の­「計画属性」にマップしている場合は、[NetSuite データ ソース] に再度アクセスして、列の多対1マッピング用タプルSQL列を追加してください。

  4. 上記の手順のあと、計画ローダを設定してNetSuiteの実績データをインポートします。

  • 手順2で設定した「外部システム」をプロファイルにリンクします。
  • このプロファイルを計画ローダに接続します。
  • この記事は役に立ちましたか?