メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

Microsoft Dynamics GP データ ソースの使用

Microsoft Dynamics GPデータ ソースの設定」では、事前設定済みのアダプタを使用してMicrosoft Dynamics GP用のデータ ソースを設定する基本を説明しています。このトピックでは、Microsoft Dynamics GPの事前設定済みのアダプタを設定するデータ デザイナーのための技術情報を解説します。Adaptive IntegrationはMicrosoft Dynamics GPバージョン2010、2013、2015をサポートしていますが、Microsoft Dynamics GP旧バージョンの10.0はサポートしていません。

Microsoft Dynamics GPをデータ ソースに使用することの重要な違いは、複数の会社をサポートするという点です。Microsoft Dynamics GPデータ ソースをセットアップする際、データ ソース設定タブ内の [企業データベース] フィールドに、インポートしたい企業をセミコロンで区切って入力することができます。 このフィールドをブランクのままにすると、すべての企業がインポートされます。

サポートされるMicrosoft Dynamics GPテーブル

Microsoft Dynamics GPの事前設定済みのアダプタは、以下のテーブルのメタデータを持ってきます。「Yes」と記録されているテーブルは既定で有効になっています。有効なテーブルについては、Adaptive Integrationは最も一般的なフィールドを既定で持ってきます。ユーザーはその後、必要に応じてフィールドの選択を編集できます。システムテーブルはで示されています:

物理名 – フレンドリ名 既定で有効 注記
GL00100 – 科目マスター はい  
GL00102 – 科目カテゴリ マスター はい  
GL10110 – 現在の科目要約 マスター    
GL10111 – 科目要約の履歴 マスター    
GL20000 – 年度初めから現在までの開かれたトランザクション はい  
GL30000 – 科目トランザクションの歴史 はい  
SY40100 – 期間設定 はい  
SY40101 – 期間ヘッダー はい  
SY01500 – 会社マスター はい  
$ADP_ACCOUNTSUMMARY − アカウントの要約 はい このテーブルは「エージェント」よって作成されます。GPからのネイティブ データベース テーブルではありません。
GL00105 – 科目インデックス マスター    
GL00200 – 予算マスター ヘッダー    
GL00201 – 予算マスター詳細    
GL40200 – セグメント説明マスター    
DTA10100 – MDAトランザクション グループ    
DTA10200 – MDAトランザクション グループ    
GL01201 – 予算要約マスター表示    
GL11110 – 開かれた年次要約マスター    
GL11111 – 歴史年次要約マスター    
SY02200 – ジャーナル転記移動先    
SY02300 – 転記設定    
SY03300 – 支払い条件マスター    
SY04200 – コメント マスター    
TX00101 – 税金スケジュール ヘッダー マスター(ヘッダー)    
TX00102 – 税金スケジュール マスター(詳細)    
TX00201 – 税金詳細マスター    
TX30000 – 税金履歴    
SY003001 – 科目定義ヘッダー    
SY00302 – 科目定義詳細    
SY00801 – リソース活動    
SY01400 – ユーザー マスター    
SY01402 – システム ユーザー既定値    
SY00800 – バッチ活動    
SY60100 – ユーザー アクセス    
SOP10100 – 未転記/作業中トランザクション(ヘッダー)    
SOP10200 – 未転記/作業中トランザクション(行の詳細)    
SOP10101 – コミッション作業と履歴    
SOP10102 – GL流通作業と履歴    
SOP10103 – 支払い作業と履歴    
SOP10104 – プロセス保持の作業と履歴    
SOP10105 – 消費税の作業と履歴    
SOP10106 – ユーザー定義の作業と履歴    
SOP10107 – トラッキング番号の作業と履歴    
SOP10201 – シリアル/ロットの作業と履歴    
SOP10202 – 行コメントの作業と履歴    
SOP30200 – 履歴トランザクション(ヘッダー)    
SOP30300 – 履歴トランザクション(行の詳細)    
SOP60100 – SOP-POPリンク    
SOP60300 – 顧客アイテム番号    
GL10000 – トランザクション作業/未転記(ヘッダー)    
GL10001 – トランザクション作業/未転記(行の詳細)    

その他の考慮事項

Microsoft Dynamics GPのデータにアクセスする場合の追加の考慮事項は次のとおりです:
Microsoft Dynamics GPを照会する際、比較式と論理式を持つシンプルな列フィルタが使用できます。

  • 演算子(+、 - 、/、*、$、||)、スカラー関数、caseステートメントは使用できません。
  • 設定は「Adaptive プロフェッショナル サービス」で利用できる高度な設定でさらにカスタマイズできます。
  • Adaptive Integrationの「MS SQL Server’の統合セキュリティ」における相互運用性の詳細」については、「Adaptive IntegrationMS SQL Server’の統合セキュにおける相互運用性」を参照してください。
  • この記事は役に立ちましたか?