メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

SQL結合テーブルと列の追加

スプレッドシートまたはデータベースからデータ テーブルと行が直接使用できることに加え、SQL結合を使用してテーブルを作成することもできます。列内のデータにSQL式を使用することもできます。すべてのデータ ソースでSQL結合テーブルと列を使用できます。

 

SQL結合テーブルを追加

SQL結合テーブルを使用すると、情報の抽出やフィルタリングにおける柔軟性が向上します。

SQL結合テーブルを追加するには、次の手順を実行します:

  1. [データ コンポーネント] メニューで [カスタムテーブル] フォルダーを展開します。

  2. [結合テーブル] をデータ ソースにドラッグして、テーブル領域にドロップします。
    以下のように [結合テーブル] ダイアログ ボックスが表示されます。

    !sqljoin_1.jpg
  3. 結合テーブルの’情報を入力してください:

  • 名前: 結合テーブルに、既定の名前を使用するか別の名前を入力します。
  • 主テーブル:  ロップダウン リストからSQL結合の主テーブルを選択します。
  1. [結合を追加] をクリックします。
  2. ドロップダウン リストから [新規の結合を作成] を選択します。

以下に示すように、新規の結合作成に関する情報が画面に表示されます。

!sqljoin_2.jpg

6. 新しい結合’情報を入力します:

  • 結合名: 結合に、既定の名前を使用するか別の名前を入力します。(1つのテーブルに複数の結合を含めることができます。)
  • 主テーブル: ドロップダウン リストから主テーブルを選択します。
  • 結合テーブル: 主テーブルを結合するテーブルをドロップダウン リストから選択します。
  • タイプ: ドロップダウン リストからSQL結合タイプを選択します: [内部]、[左結合]、[右結合]。
  • 列接頭辞: オプションの列接頭辞を入力します。列接頭辞は短い文字列値で、結合テーブル内のそれぞれの列名に追加されます。これにより、結合テーブルの列一覧に表示されるそれぞれの列の起源を­識別できます。
  • 結合式: このフィールドをクリックします。以下のような [SQL結合式を編集] ダイアログ ボックスが表示されます。
!sqljoin_3_xantus.png
  1. SQL結合式を入力します。利用可能な列の一覧がダイアログ ボックスの左側に表示されます。結合式の SQL 構文を自動的にチェックするには [適用]  をクリックします。入力した式は、次のように [結合式]  フィールドに表示されます。詳細な SQL 構文のヘルプについては、こちらの [注意] セクションをクリックしてください。­

    !sqljoin_4.jpg
  2. [結合テーブル] ダイアログボックスで新しい結合バーを作成し、[適用]  をクリックして変更を適用してください。
  3. プロセスを繰り返してこのテーブルに別の結合を追加できます。または、ダイアログボックスの下部にある [適用]  をクリックすると、変更が結合テーブルに保存されます。

完成された結合テーブルが、データ ソースのテーブルのリストに表示されます。(インポート用の列を含めるには、新しく作成された結合テーブルをデータ ソースの下のテーブルのリストに配置します。結合テーブルを開き、インポートに含める列を見つけます。選択した列を、[プレビュー] 領域の結合されたテーブルにドラッグアンドドロップします。­

テーブルの設定を編集するには、テーブル名の横にある矢印をクリックします。これにより、他のテーブルの標準の [テーブル設定]  ダイアログボックスではなく、先ほど表示した [結合フィルター]  ダイアログボックスが表示されます。

SQL列の追加

SQL列は、ローダーによって Adaptive Discovery に簡単にロードできる新しい値を作成するために使用されます。(ローダーはこちらで説明されています。)

SQL列を追加するには、以下の手順に従ってください。

  1. [データ コンポーネント] メニューから、[カスタム列]  フォルダを展開します。

  2. [SQL列]  をデータ ソースにドラッグし、テーブル領域のテーブルにドロップします。
    以下に示すような [列設定]  ダイアログボックスが表示されます。

    !sqlcol_1.jpg
  3. 以下の通り、SQL列’の情報を入力します。

  • 名前: デフォルトの名前を使用するか、SQL列に別の名前を入力します。
  • 列タイプ: この表示専用フィールドには、その列のデータタイプが表示されます。
  • 列タイプの変換: 新しい列を変換するデータタイプを選択するか、選択を(変換しないでください)のままにして、[列タイプ] に表示されるデータタイプとして列を保持します。
  • SQL 式フィールドをクリックすると、先ほど示した[SQL 式]  ダイアログボックスが表示されます。フィールドにSQL式を入力します。式の SQL 構文を自動的にチェックするには [適用]  をクリックします。(エラーがある場合は、エラーが式に表示されます。)入力した式は、[列の設定] ダイアログボックスの [SQL 式] フィールドに表示されます。詳細な SQL 構文のヘルプについては、こちら の [注意] セクションをクリックしてください。

 4. [列設定]  ダイアログボックスの [適用]  をクリックします。

完成した列が選択したテーブルに表示されます。列の設定を編集するには、列名の横にある矢印をクリックします。これにより、他の列の標準の [列設定]­ ダイアログボックスではなく、先ほど表示した [列設定]  ダイアログボックスが表示されます。

カスタム クラウド データ ソース

カスタム クラウド データ ソース(CCDS)の設定に関心がある場合は、こちらの   CCDS デベロッパーガイドをご覧ください。

  • この記事は役に立ちましたか?