メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

Adaptive データ エージェント サービス マネージャについて理解する

エージェントは、ファイアウォールの背後にインストールされたアプリケーションであるAdaptive データ エージェント サービス(または単にエージェント サービス)が管理します。これは、Windows サービスとして実行する Java アプリケーションです。

エージェント サービスは、Adaptive ゲートウェイ(ファイアウォールを介してエージェント サービスのオンプレミス インスタンスへの通信を仲介するサーバー)を長期間ポーリングします。このゲートウェイは、そのサービスのインスタンスがホストするすべてのデータ エージェントに代わって Adaptive サーバーから要求を受信します。エージェント サービスのインストールされた各インスタンスは、複数のデータ エージェントをホストできます。

インストールにはデスクトップユーティリティである Adaptive データ エージェント サービス マネージャが含まれています。これを使用して、エージェント サービスの初期設定と構成を実行します。

エージェント サービスをインストールした後に新しいバージョンのエージェント サービスが利用可能になった場合、Web ブラウザを使用して新しいリリースバージョンにアップグレードすることができます。データデザイナーでは、新しいバージョンが利用可能であることが分かります。 Adaptive データ エージェント サービス マネージャが実行されているパソコンに手動でインストールします。­また、SDK を使用してカスタムコネクタを開発し、それらをエージェント サービスに展開することもできます。

  • この記事は役に立ちましたか?