メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

Adaptiveデータ エージェント サービス マネージャのインストール

2016年12月9日以前にデータ エージェントをインストールし(Kettle 4.4, 5.x)、それらをインストールして使用する場合は、「従来のデータエージェントのインストール」を参照してください。

データ エージェントを介してAdaptive Insightsに接続する予定のWindowsコンピューターに、Adaptive データ エージェント マネージャをインストールします。通常、1回のインストールですべてのソースシステムに接続できます。1回のインストールですべてのソースシステムに接続できない場合は、ソースシステムに接続できる他のコンピューターにデータ エージェント サービス マネージャをインストールします。別のシステムでKettleスクリプトが必要な場合は、スクリプトを含む各システムにインストールします。

そこに着く方法

[Compass.png ナビゲーションメニュー navicon.gif > Integration > 設計の統合] へ進む

が始める前に

  • 許可が必要: [統合] > [データ デザイナー]
  • コンピューターにソフトウェアをインストールする管理権限があることを確認します。
  • コンピューターにJava Environmentバージョン8以降があることを確認します。OpenJDKはサポートされています。 
  • インスタンスのAdaptive Insightsユーザーのために、ユーザー名とパスワードを取得します。
  • コンピューターにKettleをインストールした場合、そのインストールディレクトリをメモします。

基本的なステップス

  1. Adaptiveデータ エージェント サービス マネージャ インストーラーをダウンロードします。
  2. インストーラーを実行します。

Adaptiveデータ エージェント マネージャ インストーラーのダウンロード

Adaptive データ エージェント サービス マネージャのダウンロード用リンクにアクセスするには、エージェント作成プロセスを開始する必要があります。

  1. コンポーネントライブラリで [データエージェント] を選択します。
  2. [新しいデータ エージェントの作成] を選択します。
  3. このデータエージェントを一意に識別できる名前を入力します。
  4. [作成] を選択すると、ダウンロード用リンクが表示されます。
  5. Kettleを使用するかどうかを決定します。

Kettleで使用するインストーラーのダウンロード

Data Integration (Kettle) 6.1を使用してスクリプト化されたデータ ソースまたはスクリプト化されたローダを起動するには、Pentaho次のリンクからKettleをダウンロードします。
https://sourceforge.net/projects/pentaho/files/Data%20Integration/6.1/

  1. コンピューター上でKettleダウンロードを抽出します。
  2. [Pentahoデータ統合] フォルダーへの完全なパスをメモします。Kettleとともに使用するAdaptive データ エージェント マネージャをインストールするには、このパスが必要です。

Pentaho Kettle(Pentaho Data Integration)とKettle Spoonをインストールする際、エージェントサービスがKettle ETL実行インスタンス(ジョブランナー)のプールを管理します。各ジョブランナーは、独自のプロセスで実行されているJava 仮想マシンです。このエージェントサービスマネージャは、独立したジョブランナーに開始済みのKettle ETLスクリプトを委ねます。

Adaptiveデータ エージェント インストーラーのダウンロード 

  1. Adaptiveデータ エージェント マネージャウェブまたはオフライン インストーラーをダウンロードします。
  2. 既存のAdaptiveデータ エージェントがある場合は、次のようにしてアンインストールします。
  • データ エージェントのWindowsサービスを停止します。
  • [開始] > [すべてのプログラム] > [Adaptiveデータエージェント] > [アンインストール] を選択します。
  1. コンピュータを再起動して、古いインストールファイルをクリアします。

インストーラーの実行

  1. ダウンロードしたインストーラーを起動し、セットアップウィザードを続行します。
  2. Java Environment(JE)または Java Runtime Environment(JRE)を含むフォルダーを参照します。システム環境変数のJAVA_HOMEがデフォルトで入ります。
  3. [機能] および [インストールフォルダー] タブが表示されるまで [次へ] を選択します。
  4. Kettleも使用するかどうかを決定します。

Adaptive Data Agent Service Manager Installation - Custom Kettle Options

Kettleなしで使用するためのインストール

  1. Kettleを使用しない場合は、[カスタムデータ インポート用のスクリプトエンジン] のチェックマークを外します。
  2. [次へ] を選択し、インストールを続行します。

Kettleとともに使用するためのインストール

  1. [カスタムデータ インポート用のスクリプト作成エンジン] を選択し、[次へ] を選択します。
  2. Kettleインストールフォルダーを参照し、data-integrationディレクトリを選択します。

Adaptive Data Agent Service Manager Installation - Kettle data-integration location

  1. [次へ] を選択し、インストールを続行します。

インストールの完了

  1. インストールした後、Adaptiveデータ エージェント マネージャを起動します。
  2. Adaptive Insightsユーザー名を使用してログインし、[新しいエージェントのプロビジョニング] を選択します。
  3. [テナントとエージェント] 、次に [プロビジョニング] を選択します。
  4. エージェント ステータスが「実行中」に更新されるように、Adaptive Insights内のデータ エージェント ページが更新されるまで数分待ちます。

コンピューター1台につき持つことができるAdaptive データエージェント マネージャのインスタンスは1つに限られています。

  1. [Adaptiveデータサービス エージェント マネージャの構成] にある手順を完了します。
  • この記事は役に立ちましたか?