メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

新しいデータ エージェントの作成

パソコン上でデータ エージェント サービス マネージャを構成した後で、新しいデータ エージェントを作成できます。個々のデータエージェントを1つまたは複数のJDBCまたはスクリプト化されたオンプレミス データ ソースに関連付けることができます。

同じデータベースに対して複数のデータ エージェントを使用することができます。各データ エージェントは、異なるプロパティを持つことができます。別のコンピュータにデータ エージェントを持つこともできます。たとえば、全国のオフィスでAdaptive Planning  Integrationを使用している人がいる会社で働いているとします。それぞれの従業員は、そのコンピュータに情報をもたらすデータ ソースに関連付けられたデータ エージェントを持つことができます。

How You Get There

Compass.png nav menuで [Integration] > [デザイン統合] へ進む

Before You Begin

  • 許可が必要: [統合] > [データ デザイナー]
  • ローカルコンピュータにデータ エージェント サービス マネージャがインストール済みであることを確認します。
  • インスタンスの Adaptive Planningユーザーのためのユーザー名とパスワードを取得します。
  • ユーザをAdaptive Planningに同期する Workday テナントについては、「Workday 認証情報でデータエージェントにログインする」を参照してください。

Basic Steps

  1. 新しいデータ エージェントの作成
  2. データ エージェントのプロビジョニング

新しいデータ エージェントの作成

このプロセスでは、テンプレートに基づいてプロビジョニングされていないデータ エージェントのみが作成されます。データ エージェントは本質的にはデータ エージェントのサーバー部分のプログラムスタブになります。スタブは、作成プロセスの一環として特定のデータ エージェント サービスに関連付けられます。

  1. コンポーネントライブラリで [データエージェント] を選択し、エージェントのリストを表示します。
  2. [新しいデータ エージェントの作成] を選択し、[新規作成] ページを開きます。
  3. このエージェントを一意に識別する意味が通じる名前を入力します。
  4. 作成] を選択します。

新しいデータ エージェントを作成すると、構成と構造が作成されますが、プロビジョニングするまでエージェントを使用することはできません。

データエージェントのプロビジョニング

データエージェントを作成したら、データ エージェント サービス マネージャにおいてプロビジョニングします。­プロビジョニングでは、データ エージェントのインスタンスが作成され、新しく作成されたエージェントがサーバー上のスタブにフックされます。プロビジョニングプロセスを完了すると、データ エージェントが作成され、サーバーに関連付けられます。その後、サーバーはエージェントと通信できます。

  1. まだ開いていない場合は、データ エージェント サービス マネージャを起動します。
  2. テナントに対するデータ デザイナー ロール権限を持つAdaptive Planningユーザーとしてログインします。
    ユーザをAdaptive Planningに同期する Workday テナントについては、「Workday 認証情報でデータエージェントにログインする」を参照してください。
  3. [新しいエージェントのプロビジョニング] を選択します。
  4. Adaptive Planningパスワードを入力します。
  5. リストからテナントを選択します。通常、1つのテナントのみが表示されます。
    Adaptive Data Agent - Provision Agent

各顧客には、すべての構成とデータを含む専用のデータベース スキーマを持つテナントがあります。参考として、テナントはAdaptive Planningアーキテクチャのインスタンスの概念と同じです。

  1. [エージェント名] ドロップダウンリストから、プロビジョニングしたいエージェントを選択します。
  2. [プロビジョニング] を選択し、Adaptive Planningパスワードを入力します。
  3. [OK] を選択します。

この時点で、データ エージェントは、オンプレミスのソースシステムおよびAdaptive Planning Integrationと通信することができます。

データ エージェント構成の更新

データ デザイナーの「Update Configuration」アクションは、クラウドとオンプレミスAdaptive Planningのデータ エージェントのエージェント関連プロパティを同期します。

データ デザイナーで [構成を更新] を選択して、更新をトリガーします。

[構成を更新] をクリックすると、

  • オンプレミス エージェントのインメモリ AgentConfig インスタンス オブジェクトが更新されます。
  • プロパティが更新された場合、エージェント デバイスの設定と、クラウド内の対応するエージェント プロパティが更新されます。
  • この記事は役に立ちましたか?