メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

Adaptive Integrationデータ エージェントの技術要件

Adaptiveデータ エージェント

Adaptive データエージェントは、Adaptive Insights顧客のオンプレミスサーバーで実行されるAdaptive Integrationのコンポーネントです。データ エージェントは、JDBC準拠のデータベースまたはカスタムスクリプト化されたデータ ソースから情報を抽出します。また、データ エージェントは、Adaptive Insightsからのデータのエクスポートも行います。データ エージェントには顧客のファイアウォールの背後に展開されたWindowsを実行するコンピューターが必要であり、ホストされたサービスとして実行されます。データ エージェントは、オンプレミス アプリケーションへのアクセスとクラウド上の Adaptive Integrationへの接続を管理します。

Adaptive データ エージェント サービス(エージェントサービス)は、データ エージェントを管理します。このサービスはWindowsサービスとして実行され、顧客のファイアウォールの背後にインストールされたJava アプリケーションを起動します。エージェントサービスはAdaptive ゲートウェイを長期間ポーリングします。Adaptiveゲートウェイサーバーは、ファイアウォールを介してエージェント サービスのオンプレミスインスタンスへの通信を仲介します。このゲートウェイは、サービスのそのインスタンスによってホストされるすべてのデータ エージェントに代わってAdaptive Insightsサーバーからリクエストを受信します。エージェント サービスのインストールされた各インスタンスは、複数のデータ エージェントをホストできます。

インストールにはAdaptive データ エージェント サービス マネージャが含まれます。これは、顧客がエージェントサービスを最初にセットアップおよび構成するために使用するデスクトップユーティリティです。インストールにはオプションでPentaho Kettle およびSpoonKettle ETLデザイナー )が含まれます。オプションのPentaho Kettle コンポーネントが使用されている場合、エージェントサービスはKettle ETL実行インスタンス(ジョブランナー)のプールを管理します。各実行インスタンスは、独自のプロセスで実行されるJava仮想マシンです。エージェントサービスは、起動するすべてのKettle ETLスクリプトを独立したジョブランナーに委任します。Adaptive Insightsは、Spoon 環境とAdaptive Integrationの間のデザインタイム接続を可能にするプラグインを提供します。これらのプラグインにより、Adaptive Insightsのクラウドインスタンスへの認証、クラウドへのスクリプトの公開、およびKettle UI内からのスクリプトベースの統合のテストが可能になります。オプションのPentaho コンポーネントは、Pentaho Kettle スクリプトを使用してデータを抽出することが要求されている場合にのみ必要です。データエージェントがAdaptive Integration’JDBC データソースを使用してJDBC準拠のデータベースからデータを抽出する場合、これらのコンポーネントは必要ありません。

オンプレミス データ エージェントは、エージェントUIを使用してクラウドから管理および制御されます。エージェントUIはAdaptive Integration’sのデータ デザイナーの一部であり、ウェブブラウザからアクセスします。データ デザイナーでエージェントが作成されると、顧客はオプションのPentaho Kettleコンポーネントと共に、データ エージェントの最新バージョンをダウンロードしてインストールできます。エージェントUIは、エージェントの現在のステータスとバージョンの詳細を表示し、顧客がデータエージェントをプロビジョニング/プロビジョニング解除/一時停止/再開できるようにします。顧客は、エージェントUIを介してデータ エージェントのより新バージョンにアップグレードすることもできます。Adaptive Integrationを参照してください。

技術仕様

データ エージェントが存在するマシンには、次の技術仕様が推奨されています。正確な仕様はデータ量に依存するため、Adaptive Insightsの専門サービスコンサルタントによる検証が必要です。

オペレーティングシステム

対応するプラットフォーム:

  • Windows 2019 Server
  • Windows 2016 Server
  • Windows 2012 Server (R2)
  • Windows 2008 Server(R2 が推奨されます)
  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 7

Pentaho KettleおよびJavaバージョンのデータ エージェント サポート:

データ エージェントのバージョン Javaバージョン Pentaho Data Integration(Kettle)バージョン
2019.3 データ エージェント v8 8、11、OpenJDK 8.2
2017.1 データ エージェント v60 および v7x 8 6.1 
v60より前の従来のデータ エージェント 7 4.4 

2019.3 データエージェント v8(OS、JDK、およびKettleバージョンによるサポート)

OS JDK Pentaho Data Integration (Kettle) バージョン
Windows Server 2016 Open JDK 8 Kettleなし
Windows Server 2016 Open JDK 8 Kettle 8.2
Windows Server 2016 Open JDK 8 Kettle 7.1
Windows Server 2016 Open JDK 8 Kettle 6.1
Windows Server 2016 Open JDK 11 Kettleなし
Windows Server 2019 Open JDK 8 Kettleなし
Windows Server 2019 Open JDK 11 Kettleなし
Windows Server 2016 Oracle JRE 8 Kettleなし
Windows Server 2016 Oracle JDK 8 Kettle 8.2
Windows Server 2016 Oracle JDK 8 Kettle 7.1
Windows Server 2016 Oracle JDK 8 Kettle 6.1
Windows Server 2016 Oracle Java SE 11 Kettleなし
Windows Server 2019 Oracle Java SE 8 Kettleなし
Windows Server 2019 Oracle Java SE 11 Kettleなし

 

Kettle Spoonは、独自に指定しない場合、最大ヒープサイズが2048MBのパラメーター設定で始まります。32ビットJDKでSpoonを起動すると、このパラメーターが正常な起動を妨げます。32ビットJDKの場合、次を使用して、最大ヒープサイズを設定します。set PENTAHO_DI_JAVA_OPTIONS="-Xmx1024m"

ディスク容量

60GBのディスク容量を推奨しています。これは一時ファイルとディスクキャッシュに使用され、必要な実際のサイズは、顧客の実装のニーズに応じて異なります。

メモリー

少なくとも8GBを推奨しています。仮想マシンを使用してデータ エージェントをホストする場合、12GBを推奨します。

接続性

データ エージェントは、HTTPSを使用してAdaptive Insightsサーバーと通信します。ポート443(HTTPSのデフォルトポート)は、データ エージェント サービス マネージャがAdaptive Insightsサーバーおよび他のウェブベースのソースと通信するために使用されます。

地理

エージェントサービスを実行する 1 台のマシンは、複数の地域でテナントに対応することはできません。

ドメインのホワイトリスト登録

トラフィックの均衡とデータ主権/データ常駐管理には、*.adaptiveplanning.comドメインのホワイトリスト登録が必要です。 

  • この記事は役に立ちましたか?