メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

Workdayデータ ソースのセットアップ

WorkdayからAdaptive InsightsへデータとメタデータをロードするためのWorkdayデータソースのセットアップ方法について説明します

[就業日-Adaptive Insights] 統合の設定はAdaptive Insightsによって処理されます。[就業日-Adaptive Insights] 統合の初回設定はAdaptive Insightsの専門サービスまたは認定済み実装業者が実施することを強く推奨します。開始するにはAdaptive Insightsのカスタマーサクセスマネージャーへご連絡ください。

Workdayデータ ソースを使用してWorkday レポートを選択し、それらからデータとメタデータをAdaptive Insightsにインポートできます。Workday データ ソースをセットアップする場合、Workday 認証情報を作成する必要があります。Workday 認証情報を使用することで、より多くのWorkday データ ソースやローダで認証詳細を再利用できます。

が始める前に

Workday内で、

  • 許可が必要: APIクライアントを登録する機能。
  • Adaptive InsightsのSSOをセットアップします。
  • [ウェブサービスとして有効化] と [ワークシートに対して有効化] の両方を使用して、インポート元のレポートを構成します。
  • 有効化されたOAuth 2.0 クライアントテナントセットアップ - セキュリティで選択されていることを確認します。

Adaptive Insights内で、

  • プロビジョニングによってWorkday Power of Oneがインスタンスに対し有効になっていることを確認します。
  • 許可が必要: [統合] > [データ デザイナー]、および [インテグレーション オペレーター]。
  • 管理者として [管理] > [一般的なセットアップ] に移動し、[機能の有効化] > [統合] 内でWorkdayが選択されていることを確認します。

そこに着く方法

Navigation Icon5.pngナビゲーションメニュー > [統合] > [データ デザイナー] に進みます。 

基本ステップ

  1. Adaptive InsightsWorkday 認証情報を作成します。
  2. Workday データ ソースを作成します。
  3. インポートするWorkday レポートを選択します。
  4. レポートからWorkday 構造をインポートします。
  5. ステージング テーブルからWorkday データをインポートします。
  6. 統合タスクを使用してWorkday インポートを自動化します。

Adaptive InsightsからWorkday へのドリルスルー(ドリルバック) を有効にするための追加手順

  1. プロビジョニングによってWorkday Power of Oneが Adaptive Insightsインスタンスに対しオンになっていることを確認します。
  2. Workday 外部システムを作成します。
  3. Workday 認証情報を選択します。
  4. Workday データ ソースから実績データをロードします。
  5. ドリルするシート内の交差にWorkday データ ソースからのインポートが含まれていることを確認します。

Workday 認証情報の作成

セキュリティ上の理由から、Workday Adaptive Insightsの統合には認証用のWorkday 認証情報のセットアップが必要です。Adaptive Insights内の1つのWorkday 認証情報を1つまたは複数のWorkday データ ソースまたはローダに関連付けることができます。コンポーネントライブラリの [認証情報] ペインを使用して、認証情報を作成および削除します。

  1. コンポーネントライブラリ内の [認証情報] ペインを展開して、[新しい認証情報を作成] を選択します。
  2. [認証情報] メニューから [Workday認証情報] を選択します。
  3. 接続先のWorkdayテナントとユーザーを識別するための一意の名前を入力します。
  4. [作成] を選択します。クライアントの付与タイプは、Jwt Bearer付与にデフォルト設定されます。
    [承認コード付与] を選択した場合、この記事で後に記載されている「承認コードを付与してWorkday APIクライアントを登録」セクションの手順を続行します。 
  5. 接続はローカルにデフォルト設定されます。つまり、認証情報は、プロビジョニングチームによってこのAdaptive InsightsインスタンスとペアになったWorkday テナントで承認されます。
    [外部] を選択した場合、この認証情報を使用するWorkday テナントのリモートテナントID、リモートUI URL、およびリモートレストURLを指定します。 

JWT Bearer付与によるWorkday APIクライアントの登録

  1. [証明書を表示] を選択して、x.509証明書をコピーします。WorkdayでAPIクライアントを登録するには、この証明書が必要です。
  2. 新しいブラウザウィンドウを開き、APIクライアントを登録できるユーザーとして、Workday にログインします。
  3. APIクライアントの登録」の語を検索します。
  4. [APIクライアントの登録] を選択します。
  5. このAPIクライアントが Adaptive Insightsと統合されることを明確にするクライアント名を指定します。

計画をWorkdayに公開するにはJWT Bearer付与が必要です。

  1. クライアントの付与タイプとして [Jwt Bearer付与] を選択します。
  2. [x509公開キーを作成] を選択し、Workday データソースの証明書表示リンクからコピーした証明書を貼り付けます。
  3. リダイレクトURI用にhttps://signin.adaptiveplanning.comを入力します。これは必須フィールドですが、JWT Bearer付与がこのURLを呼び出すことはありません。
  4. [無期限の更新トークン] を選択します。
  5. 適用範囲(機能領域)をテナント構成不可に設定します。

    Workdayの場所属性にアクセスする必要がある場合、適用範囲(機能領域)の [組織とロール] も選択します。ドメイン設定組織で、表示専用アクセスおよびインテグレーターアクセス用のセキュリティグループを構成します。

  6. [OK] を選択します。

JWT Bearer付与用にAdaptive Insights Workday 認証情報を完成

  1. 不完全なWorkday 認証情報を含む Adaptive Insightsのブラウザウィンドウに戻ります。
  2. この認証情報に関連付けるWorkday ISUユーザー名を入力します。
  3. [操作] ペインで [接続テスト] を選択し、[テスト] を選択します。接続が成功したかどうかを示すメッセージが表示されます。

承認コードを付与してWorkday APIクライアントを登録

推奨されるクライアントの付与タイプはJWTです。2019年12月6日以前に作成された既存のWorkday データ ソースで、クライアントの付与タイプを使用するもの: 承認コード付与は引き続き機能しますが、Workdayに計画を公開することはできません。

認証情報にクライアントの付与タイプを使用する場合、Workday に計画を公開することはできません。承認コード付与。代わりにJwt Bearer付与を使用します。

  1. リダイレクトURIをクリップボードにコピーします。WorkdayでAPIクライアントを登録するには、このURIが必要です。
  2. 新しいブラウザウィンドウを開き、APIクライアントを登録できるユーザーとして、Workday にログインします。
  3. APIクライアントの登録」の語を検索します。
  4. [APIクライアントの登録] を選択します。
  5. このAPIクライアントがAdaptive Insightsと統合されることを明確にするクライアント名を指定します。
  6. [Bearerアクセストークン付きで承認コード付与] のクライアント付与タイプを選択します
  7. Adaptive InsightsからコピーしたリダイレクトURIをWorkday リダイレクトURIフィールドに貼り付けます。
  8. [無期限の更新トークン] を選択します。
  9. 適用範囲(機能領域)をテナント構成不可に設定します。

Workdayの場所属性にアクセスする必要がある場合、適用範囲(機能領域)の [組織とロール] も選択します。ドメイン設定組織で、表示専用アクセスおよびインテグレーターアクセス用のセキュリティグループを構成します。

  1. [OK] を選択すると、キー、秘密、および新しい統合クライアントを識別するその他の詳細情報が生成されます。
  2. これらの項目をAdaptive InsightsのWorkday 認証情報に貼り付けられるよう、コピーします。 
    • クライアントID
    • クライアントシークレット

承認コード付与用に Adaptive Insights Workday 認証情報を完成

  1. 不完全なWorkday 認証情報を含むAdaptive Insightsのブラウザウィンドウに戻ります。
  2. Workday API クライアントからコピーした項目への貼り付け:
    • クライアントID
    • クライアントシークレット
  3. OAuth2範囲は空白のままにします。承認を正常に要求すると、その情報が入力されます。
  4. Adaptive Insights Workday認証情報を保存します。
  5. [操作] ペインで [認証をリクエスト] を選択しますプロンプトが表示され、Workdayにリダイレクトされます。
  6. Workday 認証ウィンドウで [許可] を選択します。Workdayからログアウトした場合は、まずログインしてから、[許可] を選択します。Workday からリダイレクトされ、Adaptive Insightsに戻ります。
  7. Workday 認証情報において、構成ステータスフィールドが「完全に構成済み」に更新されたことを確認します。
  8. [認証情報] ペインで認証情報を再度選択して、認証情報の表示を更新します。認証ステータスは、リクエストを承認したことと承認の日付を示します。
  9. [操作] ペインで [接続テスト] を選択し、[テスト] を選択します。接続が成功したかどうかを示すメッセージが表示されます。

正常に完成した認証情報を選択するまで、Workday データ ソースのレポートの管理、接続テスト、構造のインポート、データのインポートのリンクは無効のままになります。

Workday データ ソースの作成

  1. コンポーネントライブラリ内のデータ ソースを展開して、[新しいデータ ソースの作成] を選択します。
  2. Workdayを選択します。
  3. データソースの一意の名前を入力し、[適用] を選択します。
  4. 既存のWorkday 認証情報を選択します。認証情報が存在しない場合、前述の手順を使用して作成します。
  5. [テスト接続] を選択し、認証情報設定が機能していることを確認します。
  6. データソースの設定を保存します。

インポートするWorkday レポートの選択

Workday データ ソースは、選択したカスタムWorkdayレポートのみをインポートします。Workday からの科目、属性、組織、特性はこれらのレポートから来ています。たとえば、Workday からの「計画の属性と階層レポート」には、Adaptive Insightsの属性と階層と同等のものが含まれています。仕訳ラインレポートには仕訳入力が含まれています。財務データまたはHCMデータにアクセスすることもできます。

  1. Workday データ ソースが未選択の場合は、コンポーネントライブラリで選択します。
  2. [操作] ペインで [レポートの管理] を選択します。
  3. [レポートの管理] ダイアログで [レポート] フォルダーを選択します。
  4. [レポート] フォルダーの下にある [追加] > [レポート] を選択するか、[レポート] のフォルダーを右クリックし、[レポートを追加] を選択します。
  5. レポートにAdaptive Insightsにおける用途を示す名前を付け、[適用] を選択します。たとえば、このレポートがAdaptive Insightsにロードしたい「コストセンター」の属性を定義している場合、「コストセンター属性」の名前を付けることができます。"
  6. カスタムWorkday レポートを選択します。

[ウェブサービスとして有効化] と [ワークシートを有効化] の両方の設定を持つ高度なWorkday レポートのみがリストに表示されます。

  1. [適用] を選択します。
  2. これらの手順を繰り返して、インポート元のすべてのWorkday レポートを追加します。

ベスト プラクティス: Workday レポートに日付またはtrue/falseプロンプトが含​​まれている場合、[パラメーターの編集] リンクを使用して、これらの日付およびtrue/falseプロンプトに関連付けることができる統合パラメーターを作成します。詳細については、この記事の「統合パラメーターの編集」セクションを参照してください。

データをフィルタリングするパラメーターの作成

2種類のレポートパラメーターを設定することによってWorkday レポートのデータをフィルタリングできます。

  • 必須パラメーター
  • オプションのプロンプトと列。

これらのパラメーターを設定する場合、3つの垂直ドットで識別されるWID(Workday 参照パラメーター)またはドロップダウン三角形で識別される既存の統合パラメータータイプ(整数、ブール値、テキスト)を選択できます。

Workday 参照パラメーターは特定のWorkday レポートにのみ存在します。それらを他のレポートや統合の他の場所で共有することはできません。これらはレポート固有であるため、[パラメーターの編集] ダイアログには表示されません。参照パラメーターをクリックして選択すると、レポートパラメーターエディターが表示されます。このエディターは、WIDリスト検索のWorkday UIを模倣しています。

結果をフィルタリングするために検索用語を入力して、Enterキーを押します。

複数選択の選択肢は、検索フィールドの上にスタックされます。選択した項目を削除するには、スタックの「X」をクリックするか、結果リストをスクロールします。

単一選択の選択肢は、検索フィールドの上にも表示されます。選択項目の「X」をクリックして削除するか、リスト内の別の項目を選択します。

期間パラメーターの開始日と終了日などの一部のパラメーターは、参照パラメーターと統合パラメーターの両方に対して選択できます。

Workday レポートパラメーターの入力 

  1. [レポートの管理] ダイアログの左ペインでレポートを選択すると、パラメーターが表示されます。
  2. 必要なWorkday レポートパラメーターの値を指定します。
  3. パラメーター名の右側にある [追加] を選択し、Workdayから値を選択します。

Workday からAdaptive Insightsに属性をロードすることを計画している場合は、その名前と階層の両方を選択します。たとえば、属性としてWorkday からコストセンターをロードするには、「コストセンター」および「コストセンター階層」の両方を選択します。"

レポートパラメーターの値として既存の統合パラメーターを選択するには、パラメーターのドロップダウンをクリックして選択します。統合パラメーターの作成方法については、次のセクションを参照してください。

  1. [適用] を選択して、ダイアログを閉じます。
プログレッシブ パラメーター フィルタリングを使用してパラメーターを選択

プログレッシブ フィルタリングは、他の選択に基づいてどのWorkday 参照パラメーターを選択できるかを決定します。パラメーターを検索して一致するものが見つからない場合、このレポートの他のパラメーターのフィールドに入力する必要がある場合があります。たとえば、Workdayレポートが総勘定元帳科目である場合、会社を選択するまで会計年度を指定することはできません。

統合パラメーターの入力

  1. コンポーネントライブラリでWorkday データ ソースを選択します。
  2. 左ペインで [パラメーターの編集] を選択します。[レポートの管理] ダイアログ内で [パラメーターの編集] を選択することもできます。 
  3. [パラメーターエディター] ダイアログの左ペインでフォルダーを選択します。
  4. フォルダーペインの下にある [追加] を選択するか、フォルダーを右クリックし、[追加] を選択します。
  5. 選択元:
    • フォルダー: パラメーターを入れて共有するためのフォルダーを1つ作成します。
    • ブール値: 2つの値(true/false)のいずれかを選択することを要求するパラメーターを設定する場合。
    • 整数: 整数を入力することを要求するパラメーターを設定する場合。
    • テキスト: テキストを選択または入力することを要求するパラメーターを設定する場合。
  6. パラメーターに名前を付け、データのインポート時に利用可能な選択肢を入力します。
  7. 変更を適用し、ダイアログを閉じます。

レポートから構造をインポート

Workday レポートを選択した後、データをインポートする前に構造をインポートします。

  1. [操作] ペインで [レポートの管理] を選択します。
  2. [レポートの管理] ダイアログで [追加] > [レポート] を選択し、その用途のわかる名前を付けます。このウィンドウで [レポート] フォルダーを右クリックして、[レポートを追加] を選択します。
  3. インポートするWorkday レポートを選択して、[適用] を選択します。左側の [レポート] リストに表示されます。
  4. 追加したばかりのレポートを選択します。
  5. 必要なレポートパラメーターを選択します。これらのパラメーターは、Workdayにおけるこのレポートのプロンプト可能な値です。
    1. レポートパラメーターによってレポートをフィルタリングするには、[追加] を選択して、1つまたは複数の項目を選択します。
    2. 階層項目を選択するには、階層とその名前を選択します。たとえば、会社を選択するには、「会社」と「会社階層」の両方を選択します。"
  6. [構造をインポート] を選択して、警告またはメッセージがないかインポート進捗状況を表示します。また、[操作] ペインから [構造をインポート] を選択して、[レポートの管理] ダイアログにリストされているすべてのレポートをインポートすることもできます。
  7. [構造をインポート] ダイアログを閉じます。
  8. インポートしたテーブルと列のデータコンポーネントを表示します。[レポートの管理] から選択したすべてのレポートもステージング領域に自動的に表示されるため、含まれているデータをプレビューできます。
  9. データ ソースを保存します。

列を管理

Workday レポートのどの列をステージング領域からインポートするかを素早く編集できます。

  1. ステージング領域でテーブル名の右にある三角形を選択します。
  2. [列の管理] を選択します。
  3. インポートに含める列名を選択します。選択した列のみがインポートされます。システムによって生成された列または必須列の選択を解除することはできません。
  4. 変更を適用し、ダイアログを閉じます。
  5. データ ソースを保存します。

また、個々のテーブル列を [データコンポーネント] ペインからステージング領域にドラッグすることもできます。

テーブル設定のカスタマイズ

それぞれのWorkday レポートからデータをインポートする方法をカスタマイズできます。

  1. ステージング領域でテーブル名の右にある三角形を選択します。
  2. [テーブル設定] を選択します。
  3. 設定を変更します。選択肢は、テーブル列によって異なります。
    • データ インポート モード:
      • 最善の同期アプローチを自動的に選択するデータ ソース
      • データのインポートを実行するたびに置き換えられたすべてのレコード
      • 受け取ったすべての行は新しいために、追加される必要があります
    • 列パラメーター。期間パラメーターの場合、月、四半期、または年ごとにデータページを選択することもできます。

Workday データのインポート

Workday レポート構造のインポートが済んだら、そこからデータをインポートできます。

  1. データコンポーネント領域からステージング領域へと追加したいWorkday レポートテーブルをドラッグします。
  2. [操作] ペインで [データをインポート] を選択します。データは、データインポート フィルターとパラメーターによってフィルタリングされます。
  3. 実行時に表示されるパラメータープロンプトに必要なパラメーター値を入力します。
  4. インポートエラーまたはメッセージがないか、インポートの進捗状況を表示します。
  5. ステージング領域でデータを確認します。インポートされたデータは、[操作] ペインで [ステージング テーブルのクリア] を選択してクリアするまでそこに残ります。

ステージング テーブルにインポートした後、Planning組織ローダPlanning科目ローダPlanning属性ローダPlanning特性ローダ、またはPlanningデータローダを使用して、ステージングからAdaptive Insightsにロードできます。

統合タスクを使用してWorkday インポートを自動化

Workday データ ソースのセットアップを使用すると、計画ローダをスケジュールに従って自動的に実行するIntegrationタスクを作成できます。

Integrationタスクには、1つまたは複数のローダを含めることができます。タスクには、Planningデータ ローダPlanning科目ローダスクリプト化されたローダなど、他のタスクが含まれる場合があります。

ベスト プラクティス: 各ローダに個別の統合タスクを持たせます。

タスクに複数のローダが含まれている場合は、タスクの実行時にプロンプトに各ローダのパラメーターが表示されます。タスク内のローダに共通または共有パラメーターがある場合、タスクがパラメーターの入力を求めるのは1回だけです。パラメータープロンプトは上書きするよう選ぶことができます。 

計画実行されるタスクの場合、ローダ用のパラメーターのデフォルト値が使用されます。

Adaptive InsightsからWorkdayへのドリルバック

Workdayからインポートされた実績に対してドリルバックするように Adaptive Insightsをセットアップすることができます。Workday で適切な権限を持つユーザーは、Workday 実績のインポートを含む Adaptive Insightsシートとレポート内のリンクをクリックして、データの送信元のWorkday レポートに移動できます。

ユーザーは、Adaptive Insightsシートセルを右クリックして [Workday にドリルイン] を選択し、関連するWorkday レポートを含むウィンドウを起動することもできます。

Adaptive Insightsの属性、組織、または科目がWorkdayからのものである場合、セル エクスプローラーでWorkday由来のオブジェクトにカーソルを合わせると、関連アクションのアイコンが表示されます。

Workday インポートのドリルバックの構成方法:

  • Workday外部システムをセットアップし、こちらで説明する計画ローダのプロファイルに関連付けます。
  • こちらで説明するPlanningデータ ローダを使用してWorkday 実績データをロードします。

WorkdayのカスタムSQLタプル列の構成

ドリルバック用にカスタムSQL列を設定するには、次のすべての手順を完了する必要があります。これらの手順は、複数のWorkday 列から単一のプランニング属性にデータをインポートする必要がある場合にのみ実行します。

Adaptive Insightsがさまざまなデータ項目をソースのWorkday 列に分類するには、このデータをAdaptive Insightsにインポートする前に、どのWorkday レポート列を組み合わせて1つの列を作成するかを指定する必要があります。

異なるWorkday 列が結合する順序と指定された区切り記号は、Workday外部システムでの多対1列マッピングの指定方法と全く同じである必要があります。

構成Workday レポート列を示すことで、Adaptive InsightsAdaptive InsightsシートにドリルスルーURLを構築します。

カスタムSQLタプル列を作成する前に、Workday外部システムで多対1列マッピングを設定していることを確認してください。

IDのカスタムSQLタプル列の作成 
  1. [コンポーネントライブラリ] で Workday  データ ソースを選択します。
  2. 左側の [データコンポーネント] パネルでドリルバックを指定したいWorkday レポートテーブルを選択します。これは [ステージング領域] で明確になります。
  3. [データコンポーネント] の [カスタム列] フォルダーを展開します。
  4. SQL列をステージング領域のテーブルにドラッグアンドドロップします。この列にcompany-cost IDなどの名前を付けて、WorkdayからのIDとして識別できるようにします。
  5. [SQL式] を選択して、SQL式エディターを起動します。
  6. 属性を構成する結合列の[使用可能な列]で[Id]列を選択します。"Company (Id)" || '_' || "Cost Center (Id)"など、垂直パイプ「||」と単一引用符付きテキスト定数を使用してそれらを連結します。
  7. [適用] を選択します。
  8. データ ソースを保存します。
ラベルのカスタムSQLタプル列の作成
  1. 前の手順からのものと同じWorkday レポートテーブルを選択して、それにフォーカスします。
  2. SQL列をステージング領域のテーブルにドラッグアンドドロップします。この列にcompany-cost Labelなどの名前を付けて、Workdayからのラベルとして識別できるようにします。
  3. [SQL式] を選択して、SQL式エディターを起動します。
  4. 属性を構成する結合列の[使用可能な列]で[ラベル]列を選択します。"Company (Label)" || '_' || "Cost Center (Label)"など、垂直パイプ「||」と単一引用符付きテキスト定数を使用してそれらを連結します。
  5. [適用] を選択します。
  6. データ ソースを保存します。
Planningデータ ローダにおける列マッピングの設定

作成されたタプル列を使用することにより、 Planning データ ローダの列にそれらをマップすることができます。

  1. [外部システムのレポート設定] タブで、パラメーターマッピングでマップした外部属性マッピングに対応するプランニング属性を選択します。
  2. [マッピング] タブを選択します。
  3. [外部属性] ごとに、対応するテーブルの列をマップします。
  4. [適用] を選択します。
  5. [操作] パネルで [保存] を選択します。

ローダ調整の実施

Workday データをインポートするようローダを設定します。

  1. 設定したWorkday 外部システムにプロファイルをリンクさせます
  2. Workday外部システムを含めたプロファイルをローダに添付します
  3. [列マッピング] タブを選択します
  4. 科目行の場合:
    • ソーステーブルの [ソースID] 列で [accountInternalId ] 列を選択します
    • [ソース表示名] 列で表示名を選択します。
  5. ドリルしたい標準属性のそれぞれについて、上記の手順を繰り返します。
  6. ローダを保存します。
  • この記事は役に立ちましたか?