メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

ドリルバックおよび計画公開用のWorkday外部システムのセットアップ

シートおよびレポートからWorkdayにドリルバックするためのWorkday外部システムのセットアップ方法について説明します。

[就業日-Adaptive Insights] 統合の設定はAdaptive Insightsによって処理されます。[就業日-Adaptive Insights] 統合の初回設定はAdaptive Insightsの専門サービスまたは認定済み実装業者が実施することを強く推奨します。開始するにはAdaptive Insightsのカスタマーサクセスマネージャーへご連絡ください。


外部システムをセットアップし、Planningデータローダのマッピング プロファイルに関連付けることで、ユーザーがAdaptive InsightsシートおよびレポートからWorkdayにデータをドリルインできるようになります。ユーザーがドリルバックリンクをクリックすると、Adaptive Insightsがシステムに接続され、データの基になっているWorkdayのビジネスオブジェクトまたは実績のトランザクションが表示されます。また、Adaptive Insightsの科目をWorkdayの科目タイプにマッピングすることによって、Workday への計画公開用にWorkday 外部システムをセットアップすることもできます。

マッピング プロファイルを外部システムに関連付けることはオプションであり、Adaptive InsightsにおいてWorkday ドリルバックを有効にするためだけにセットアップする必要があります。

Workday 実績へのドリルバック

ドリルバックは、Adaptive Insightsの組織、科目、期間、および行を表すその他のデータをWorkdayに渡すことによって機能します。Workdayに戻される情報は、 Workday マトリクスレポート定義に適用され、新しいブラウザタブでレポートを提供します。Workday では、すべての科目に対して1つのレポートを定義することも、科目または科目階層ごとに特定のレポートを定義することもできます。

Workday ビジネスオブジェクトへのドリルバック

ドリルバックする機能を構成した後、Workdayからロードされた属性、組織、または科目にカーソルを合わせると、セル エクスプローラーに関連操作アイコンが表示されます。リンクをクリックすると、新しいタブが開き、Workday ビジネス オブジェクトのコンテンツに移動します。コストセンター + 地域など、組織/属性の組み合わせには対応しておらず、カーソルを合わせてもにリンクは表示されません。 

が始める前に

Workdayにおいて、

  • マトリクスレポートのタイプを構成し、レポート定義の [詳細] タブで [ウェブサービスとして有効化] を選択します。

Adaptive Insightsにおいて以下を確認します。

  • インスタンス用にWorkday Power of Oneが有効化されている。
  • 必要な権限: [統合] > [データ デザイナー]
  • Workday データ ソースおよびWorkday認証情報を作成しました。
  • Workday データ ソースのステージング テーブルからロードするPlanning データ ローダを作成しました。
  • Workday用にPlanning データ ローダでマッピング プロファイルを作成しました。

そこに着く方法

Compass.pngナビゲーションメニューから [統合] > [データ デザイナー] を選択します

基本ステップ

  1. 外部システムを作成し、名前を付けます。
  2. Adaptive Insightsが接続に使用するWorkday 認証情報を把握できるように、外部システム設定をセットアップします。  
  3. 外部属性マッピングをセットアップして、属性が外部システム上でどのようにして Adaptive Insightsの属性にマップされるかを特定します。
  4. 複数の外部列マップが1つのAdaptive Insights属性にマップされる場合、タプルSQL列をセットアップします。

Workdayからすべての科目を受信した場合の外部システムの作成

すべての科目がWorkdayからのものである必要がある場合は、まずこのワークフローを使用してそれらの科目を Adaptive Insightsにロードします。

  1. Workdayデータ ソースをセットアップします。
  2. そのデータ ソースにWorkdayレポートをセットアップして、科目をインポートします。
  3. Planning科目ローダをセットアップして、データ ソースから科目をインポートします。
  4. ローダを実行してAdaptive Insightsに科目を作成します。
  5. Adaptive Insightsで科目が作成されたら、外部システムを構成します。

Workday外部システムの作成

Workday マトリクスと複合レポートのみがドリルを許可します。外部システムを作成する場合、Workday レポートを選択し、それらのレポートにマップするAdaptive Insights科目と属性を選択します。 Adaptive Insightsがドリルバックに必要とする科目と属性に役立つすべてのデータは、単一のWorkday レポートに含まれているわけではありません。

Adaptive Insightsで複数の属性をWorkday から単一の属性にマップする場合、Plannningデータローダのステージング テーブルにカスタムタプルSQL列を作成します。 

既存のWorkday データ ソースをドリルに再利用し、複数のWorkday 列を単一のプランニング属性に取り込むことを計画している場合は、パラメーターマッピングを使用してマッピングをやり直す必要があります。データ ソースを使用したローダは、それらのローダを実行する統合タスクが引き続き機能するように再構成する必要があります。まずテスト環境でパラメーターマッピングの変更を行い、本番システムに展開する前にそれらを検証します。

  1. [コンポーネントライブラリ] で、[外部システム] を展開します。
  2. [新しい外部システムの作成] を選択します。
  3. Workdayを選択します。
  4. 名前を入力して、[適用] を選択します。

Workday 外部システム設定のセットアップ

外部システム設定では、次のことを示します。

  • Workday認証用のWorkday 認証情報。
  • Adaptive InsightsおよびWorkday オブジェクトのマッピング用のデータローダからのマッピング プロファイル。
  • Workdayへの公開用のWorkdayの人員数とフルタイム当量の要素。
  1. Workday 外部システムを選択します。
  2. Workday認証情報を選択します。  
  3. マッピング プロファイルを選択します。これらのプロファイルは、Planning データ ローダの [プロファイル] タブから取得されます。
  4. (オプション)[ Adaptive Insights 人員数] 要素を選択して、Workdayに人員計画を公開します。
  5. (オプション)[Adaptive Insightsフルタイム当量(FTE) ] 要素を選択して、Workdayに人員計画を公開します。
  6. [ログレベル] を選択します。
  7. [適用] を選択します。

Workday 科目とレポートのパラメーターマッピングのセットアップ

[Workday 科目とレポートのパラメーターマッピング設定] タブおよびそのサブタブでは、以下を選択できます。

  • ドリルレポート: ドリルバック先のWorkday マトリクスレポート。
  • 影響を受ける科目: 右クリックしたAdaptive InsightsシートセルからWorkday マトリクスレポートにドリルバックするAdaptive Insights科目。
  • レポートパラメーターマッピング: WorkdayレポートのパラメーターにドリルバックするAdaptive Insights属性。 Adaptive InsightsシートUIを使用する場合、これらは右クリックしたAdaptive InsightsシートセルのWorkday 属性を示します。
  • 計画公開の科目マッピング: Adaptive Insights.から計画を公開するために連結するWorkday 科目

Workday ドリルレポート、そのパラメーター、およびマッピングを示します。

  1. [科目とレポートのパラメーターマッピング設定] タブを選択します。
  2. [新規] を選択します。
  3. ドリルレポート用に既存のWorkday マトリクスレポートを選択します。このドロップダウンには、[プランニング用に有効化] で構成されたWorkday マトリクスレポートのみが表示されます。
  4. このWorkday レポートに必要なすべてのGL科目を選択します。
  5. [レポートのパラメーター マッピング] タブを選択します。
  6. 必要に応じて、Adaptive Insights期間の開始と終了を選択して、レポートのデータの日付範囲を制限します。インスタンスの期間は、[時間管理] での定義から取得されます。
  7. Adaptive Insightsプランニング属性を選択します。
  8. Workday レポートが特定の科目にハードコーディングされておらず、科目レポート パラメーターが含まれていない場合は、パラメーターリストでAdaptive InsightsのGL科目を選択し、マップします。
  9. プランニング属性のマップ先のWorkday レポートパラメーターを選択します。複数のWorkday パラメーターを単一のAdaptive Insights属性にマップする必要がある場合(つまり、タプルマッピング)、[区切り記号] 列を使用して、Workday パラメーターを区切る文字を示します。
  10. 外部システムを保存します。

Workdayへの計画公開のための属性マッピングのセットアップ

Workday に公開する場合、Workday 属性に対するAdaptive Insightsのプランニング属性のマッピングを指定します。プランニングの単一の属性は、下線(_)のような区切り記号で連結することにより、Workday の複数の属性にマップできます。

  1. [属性マッピング] を選択します。
  2. プランニング属性を選択します。
  3. 隣接するセルを選択し、少なくとも1つのWorkday 属性を選択してマップし、それらを連結するための区切り記号を指定します。

Workdayへの計画公開のための科目タイプマッピングのセットアップ

Workdayに公開する場合、費用や収益など、Workday 科目タイプに対する Adaptive Insights GL科目のマッピングを指定します。

  1. [科目タイプマッピング] を選択します。
  2. Adaptive Insights GL科目を選択します。
  3. 隣接するセルを選択し、マップ先のWorkday 科目を選択します。

WorkdayのカスタムSQLタプル列の構成

複数のWorkday 列から単一のプランニング属性にデータをインポートする必要がある場合、ドリル用にカスタムSQL列を構成する必要があります。 

Adaptive Insightsがさまざまなデータ項目をソースのWorkday 列に分類するには、このデータをAdaptive Insightsにインポートする前に、どのWorkday レポート列を組み合わせて1つの列を作成するかを指定する必要があります。

異なるWorkday 列が結合する順序と区切り記号は、Workday 外部システムでの多対1列マッピングの指定方法と全く同じである必要があります。

タプル列にWorkday レポート列を示すことで、Adaptive InsightsAdaptive Insights シートにドリルスルーURLを構築します。

カスタムSQLタプル列を作成する前に、Workday外部システムで多対1列マッピングを設定していることを確認してください。

  1. データ ソース内のID用にカスタムSQLタプル列を作成します。Workday データ ソースのセットアップの記事の末尾で説明します。 
  2. データ ソース内のラベル用にカスタムSQLタプル列を作成します。Workday データ ソースのセットアップの記事の末尾で説明します。
  3. Planning データ ローダにおける列マッピングの設定:
    1. [外部システムのレポート設定] タブで、パラメーターマッピングでマップした外部属性マッピングに対応するプランニング属性を選択します。
    2. [マッピング] タブを選択します。
    3. [外部属性] ごとに、対応するテーブルの列をマップします。
    4. [適用] を選択します。
    5. [操作] パネルで [保存] を選択します。
  • この記事は役に立ちましたか?