メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

NetSuiteデータ ソースのカスタムロールに必要な権限

テーブルのデフォルト セットをNetSuiteからAdaptive Insights NetSuite データ ソースに入力するためにNetSuiteで必要となるカスタム ロール権限について説明します。

これらの権限は、統合内のNetSuiteデータ ソース専用です。NetSuiteの基本的な権限についてはこちらにお進みください。

NetSuite内でカスタムの「NetSuiteウェブサービスのみのロール」を作成する場合、このロールには通常、NetSuiteのテーブル、列、記録、フィールドを含むデフォルト セットをAdaptive Insightsに入力するための一連の権限が必要です。

が始める前に

  • 管理者としてNetSuiteにログイン
  • 組織用にNetSuiteからAdaptive Insightsにロードするために必要なものを理解する

NetSuiteでロールを編集する方法

  1. 管理者としてNetSuite にログインします。
  2. [設定]>[ユーザー/ロール]>[ロールを管理]に移動します。
    NetSuite - Setup - Users Roles - Manage Roles
  3. 該当するロールの [編集] をクリックします。
  4. ロールページの下部にある権限をクリックします。権限のタイプがタブとして表示されます。

NetSuite - Manage Roles - Edit Role - Permissions

NetSuiteテーブルのデフォルトセットの権限

リスト > 検索を実行 – 完全
リスト > 科目 – 表示
リスト > クラス – 表示
リスト > 顧客 – 表示
リスト > 部門 – 表示
リスト > 従業員 – 表示
リスト > 項目 – 表示
リスト > ジョブ – 表示
リスト > 場所 – 表示
リスト > プロジェクト – 表示
リスト > ベンダー – 表示
リスト > 子会社 – 表示(複数の子会社に必要)
レポート > 財務諸表 – 表示
セットアップ > 会計リスト – 表示
セットアップ > 削除済みのレコード – 完全
セットアップ > アクセス トークンを使用してログイン – 完全 (トークンベースの認証付きのNetSuite 2018.1に必須)
セットアップ > ユーザー アクセス トークン – 完全(トークンベースの認証付きのNetSuite 2018.1に必須)
セットアップ > 会計期間の管理 – 表示
セットアップ > ウェブサービス – 完全
トランザクション > トランザクションを見つける – 表示
トランザクション > プロセスを行う各トランザクション タイプ(例:仕訳入力、機会など)には、アクセス権の表示を可能にする権限も必要です。

権限の名前はNetSuite内で変更できます。このリストに権限が表示されない場合、NetSuiteで [設定] > [企業] > [レコード/トランザクションの名前を変更] に移動し、変更済みの名前を確認します。例えば、「Class(クラス)」は「Classification(分類)」に名前が変更された可能性があります。エラーメッセージにはオリジナルの名前が使用されます。

子会社の権限

複数の子会社を含むNetSuite OneWorldアカウントの場合、NetSuiteにアクセスするロールについて、すべての子会社にアクセス権を付与します。ロールページの [子会社の制限] セクションで、アクセス可能な子会社を「ALL(すべて)」に設定します。

カスタム フィールドの権限

これらの権限は、NetSuiteからカスタム フィールドを取得する場合にのみ必要です。

セットアップ > カスタム ボディ フィールド – 表示
セットアップ > カスタム列フィールド – 表示
セットアップ > カスタム エンティティ フィールド – 表示
セットアップ > カスタム イベント フィールド – 表示
セットアップ > カスタム項目フィールド – 表示
セットアップ > その他のカスタム フィールド – 表示

カスタム レコードの権限

この権限は、NetSuiteからカスタム フィールド レコードを取得する場合にのみ必要です。

セットアップ > カスタム レコード タイプ – 表示

カスタム セグメントの権限

NetSuiteカスタム セグメントがある場合、NetSuiteのセグメント設定でNetSuite にアクセスするロールに権限を付与する必要があります。カスタム セグメントの権限の詳細については、「検索およびレポート」において「セグメント使用に関するロールへの権限の付与」のトピックに関する NetSuiteヘルプ システムを検索してください。

カスタム セグメント権限を使用して、以下を示すイベントログのエラーを解決することができます。

権限違反:このページにアクセスするには、カスタム セグメント <セグメント名> の値管理に対する、より高レベルの権限が必要です。アカウントの管理者に問い合わせてください。

NetSuite内で、

  1. カスタム セグメントを編集します。
  2. [権限] サブタブを選択します。
  3. アクセスが必要なロールを [権限] サブリストで参照します。
  4. サブリストを見て、当該ロールが既に存在するかどうかを確認します。
    • 当該ロールがない場合、サブリストに行を一つ追加します。[ロール] 列で当該ロールを選択します。[検索/レポート アクセス レベル] 列で、必要なアクセス レベルを選択します。[値管理アクセスレベル] 列、および[アクセス レベルを記録] 列で、このロールの値を表示します。[値管理アクセス] 権限を注意深く確認します。ユーザーはこの権限によって値を作成することができます。[追加] を選択します。
    • ロールは既にリストされているものの、値を管理できない場合は、ロールのアクセス権を編集します。サブリストでロールを検索します。[検索/レポート アクセス レベル] 列の対応する値を「Edit(編集)」に設定します。[OK] を選択します。
  5. [デフォルト検索/レポート アクセス レベル] リストでデフォルト検索/レポート アクセス レベルを設定します。このアクセス レベルは、特定のアクセス レベルを持つ [権限] のサブリストに表示されないロールに適用されます。
  6. [保存] を選択します。

 

  • この記事は役に立ちましたか?