メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

メトリック ローダの作成

メトリック ローダは、ステージング テーブルの列を Adaptive Discovery のメトリックと属性にマッピングします。­メトリック ローダを使用すると、Adaptive Discovery ですでに定義されている既存のメトリックと属性にマッピングしたり、新しいメトリックを作成したりできます。また、メトリック ローダの作成および編集のプロセスの一環として、複数レベルの属性を持つ階層を作成することもできます。

メトリックローダを作成するには、次の手順に従います。

  1. [統合] > [データデザイナー] に移動して、[データ デザイナー] にアクセスします。

  2. 画面の右側にある [コンポーネント ライブラリ]  の [ローダ] フォルダから、[新しいローダの作成] をクリックします。
    [新規作成] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. ローダ タイプとして Discovery メトリック ローダを選択し、ローダの名前を入力します。

  4. [作成] をクリックします。
    ’­以下に示すように画面の中央には、新しいローダ設定やその他の情報が表示されます。

    Create Metric Loader
  5. 以下の通り、メトリック ローダの情報を入力します。’

  • ソース テーブルドロップダウンリストからソース テーブルを選択します。リスト内のソース テーブルは、このログインのデータ ソース内のすべてのテーブルです。
  • 期間ソースドロップダウンリストから期間ソースを選択します。
  • ロードが実行された日に提出: ロードが実行されたシステム日付を使用して Discovery にデータをロードするには、このオプションを選択します。­
  • 期間ソースとして列を選択: ステージング テーブルの列から日付を選択するには、このオプションを選択します。Discovery にロードされるデータには、選択した列に基づく日付値があります。(列は、日付型または 日時型のいずれかでなければなりません。)

インポートの前に、日付範囲を処理するために時間管理 においてPlanningカレンダーが設定されていることを確認します。メトリック ローダが使用する全日付範囲がPlanningカレンダーに組み入れられていないと、メトリック ローダは、「"1つまたは複数の期間列にカレンダー範囲外の日付が含まれています。」というエラー メッセージで失敗します。 "そのメッセージの末尾に、正常にインポートを完了するためのカレンダーの具体的な設定方法の説明が示されます。

  • [期間ソースとして列を選択] を選択すると、[期間列] フィールドが表示されます。ドロップダウンリストから期間を決定するために使用する列を選択します。
  • レコード期間タイプ:ドロップダウンリストから期間を選択します。
  • バージョンドロップダウンリストから、[実績]  または [予算] のバージョンを選択します。
  • ログレベル: ドロップダウン リストからログレベルを選択し、このデータ ソースをどこまで詳細にログするかを指定します。オプション:
    • エラー: 重大なエラーのみを記録します。
    • 情報: データ ソースが更新されたときなど、すべての基本情報を記録します。
    • 詳細: 全ての段階と操作に関する非常に詳細な情報を提供します。(このレベルは、主にデバッグや監査に使用されます。典型的な使用方法よりも多くのログ情報を生成する可能性があります。)
  • 個別の行:ロードする前にソースから重複した行を除外するには、このボックスをオンにします。

6. SQL フィルターを追加するには、[フィルター設定]  の下にあるテキストボックスをクリックします。以下に示すような [SQL フィルター編集] ダイアログボックスが表示されます。­

5_metric_loader_SQL_filter.jpg

7. [操作] メニューの [保存] をクリックしてください。

  • この記事は役に立ちましたか?