メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

スクリプト化されたローダの作成

作成できるローダの 2 番目のタイプが、スクリプト化されたローダです。スクリプト化されたローダは、ETL スクリプトを使用して複雑な計算や分析を実行します。

スクリプト化されたローダは、異なる送信ステップを使用するという点で、スクリプト化されたデータソースとは異なります。スクリプト化されたローダには以下の 2つのタイプの送信があります。

  • Adaptive Discovery 更新の構成タイプ
  • Adaptive Discovery メトリックの送信

メトリックの送信は、スクリプト化されたデータソースよりも前のメトリックを更新するためのメカニズムです。この方法で送信されたデータは、ステージング領域をまったく使用しません。代わりに、データはメトリックデータストアに直接送信されます。

スクリプト化されたローダは、 Planning への送信、および、 Planning からのエクスポートにも使用できます。

新しいスクリプト化されたローダを作成するには、以下の手順に従ってください。

  1. [統合] > [データデザイナー] に移動して、[データ デザイナー] にアクセスします。

  2. 画面の右側にある [コンポーネント ライブラリ]  の [ローダ]  フォルダから、[新しいローダの作成] をクリックします。
    [新規作成] ダイアログボックスが表示されます。

  3. ローダ タイプとして スクリプト化されたローダを選択し、ローダの名前を入力します。

  4. [作成] をクリックします。
    ’­以下に示すように画面の中央には、新しいローダ設定やその他の情報が表示されます。

!loaders_script_create_new.png

5. 以下の通り、スクリプト化されたローダの情報を入力します。’

  • 関連エージェントドロップダウンリストからデータ エージェントを選択します。
  • エントリー ポイントドロップダウンリストからスクリプトを選択します。
  • ログ レベルドロップダウンリストからログレベルを選択し、このデータ ソースをどこまで詳細にログするかを指定します。オプション:
    • エラー: 重大なエラーのみを記録します。
    • 情報: データ ソースが更新されたときなど、すべての基本情報を記録します。
    • 詳細: 全ての段階と操作に関する非常に詳細な情報を提供します。(このレベルは、主にデバッグや監査に使用されます。典型的な使用方法よりも多くのログ情報を生成する可能性があります。)
  1. [操作] メニューから、[保存]  をクリックします。

ローダの基本設定を保存したら、パラメータを追加できます。パラメータは、ランタイム情報をスクリプトに渡すために使用されます。

ローダにパラメータを追加するには、以下の手順に従ってください。

  1. パラメータを [パラメータ]  メニューからドラッグして、[メトリック設定]  テーブルにドロップします。

  2. [操作] メニューから、[保存]  をクリックします。

パラメータの追加と編集

スクリプト化されたローダのパラメータの追加や編集ができます。

パラメータの追加は、以下の手順で実行します:

  1. [パラメータ]  の見出しの右側にある [パラメータを編集] アイコンをクリックします。
    [パラメータ エディタ] のダイアログボックスが表示されます(以下に示す通り)。

    !loaders_script_edit_parms.png
  2. 左ペインの、パラメータを追加したいフォルダーをクリックします。フォルダー名が右ペインに表示されます。

  3. [追加] をクリックし、フローティング メニューに表示される以下のオプションの1つを選択します:

  • フォルダー: 新規フォルダーを作成します。
  • ブール値:ブール値のパラメータ(true/false)を作成します
  • 整数:整数のパラメータを作成します。
  • テキスト:テキスト値のパラメータを作成します。
  • パスワード:パスワードのパラメータを作成します。
  • 期間範囲:Adaptive Planning の時間構造からの期間を使用して、期間範囲パラメータ(開始日と終了日)を作成します。
  1. 右ペインで、選択したオプションの情報を入力します。
  2. [適用] をクリックします。

個々のパラメータを編集するには、編集したいアイテムを左ペインでダブルクリックし、フィールド内の情報を編集します。編集が終了したら [適用] をクリックして変更を保存します。

フォルダを作成してパラメータをグループ化し、パラメータをフォルダにドラッグすることができます。

  • この記事は役に立ちましたか?