メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

スプレッドシートデータ ソースから属性値をロード

この例は、Planning属性ローダを使用して、スプレッドシート データ ソースからCRM顧客リストをAdaptive Insightsにロードする方法を示しています。顧客という階層属性が既に存在することを前提としています。 

Existing Dimension - Customer

最終的な目標は、階層的な顧客属性の直下にいくつかの属性値をCRM顧客のコレクションとして追加し、ツリーが次のようになるようにすることです。

 顧客 |__顧客1 |__顧客2 |__CRM顧客 |__R.G. Barry Corporation |__Sierra Bancorp |__SkullCandy, Inc. ... |__StoneMore Partners L.P. |__ScanSource, Inc. ... 

CRM顧客スプレッドシートのフォーマット設定

Planning属性ローダへのインポートに使用されるスプレッドシートでは、どの属性値が親であり、どの属性値が子であるかを示す特定のフォーマット設定が必要です。

次の3つの列が必要です。

  • Id: ソースシステムの属性値の一意の識別子。
  • ParentId: ソースシステムの属性値の親のID(親がある場合)。
  • 名前: ローダを初めて実行する際にPlanningに存在する場合、ソースシステムの属性の名前。理想的にはプランニング属性値と一致するもの。

ID列は、各属性値を一意に識別します。[ParentId] 列は、属性値が親として指すIDを示します。ルートでロードするには、ParentIDをヌルにする必要があります。

CRM Customer Spreadsheet

1のCRM顧客のIDは3であることに注意してください。この3のIDは、2のParentId列で参照され、その子になるすべての属性値にフラグを立てます。

顧客の属性は、ローダのデータ ソース設定で選択されるため、スプレッドシートに含める必要はありません。 

Planning 属性ローダのCRMシートデータソースの作成

上記のスプレッドシートを使用して、CRMシートと呼ばれるスプレッドシート データ ソースを作成します。

CRM Planning Dimension - CRM Sheet Data Source

データソースのシートコンテンツをインポートすると、ステージング領域にデータが読み込まれます。

CRM Sheet - Spreadsheet Data Source

Planning 属性ローダ設定の構成

スプレッドシート データ ソースを作成し、そのデータがステージング テーブルに読み込まれると、ローダを構成できます。

データ ソースの設定

ソーステーブルは、CRMシート データ ソースのSheet1です。この例では、CRMシート データ ソースのみを使用していますが、リスト内の他のデータ ソースを確認できます。Planning 属性ローダは、データ ソースに関係なく、どのステージングデータにもアクセスできます。

CRM Dimension Loader - Data Source Settings - Source Table

プランニング属性として顧客を選択します。

CRM Planning Dimension Loader - Data Source - Planning Dimension

Planningで見つからない場合は、[属性値の作成] を有効化します。

CRM Planning Dimension Loader - Create Dimension Value option

列マッピング

データ ソース スプレッドシートのフォーマットと列によって、このローダの列マッピングは次のようになります。

Planning列 ソースID列 ソース表示名列
親ID ParentId  
顧客 ID 名前

 

CRM Planning Dimension Loader - Column Mapping

この例では、ビジネスルールは必要ありません。

[操作] パネルで [保存] をクリックしてローダを保存します。

ローダ出力のプレビュー

ローダが保存されたら、[操作] パネルで [ローダ出力のプレビュー] をクリックします。

CRM Planning Dimension Loader - Preview Loader Output Button

[ローダ出力ステータスのプレビュー] をレビューし、エラーが発生しないことを確認します。

 CRM Planning Dimension Loader - Preview Loader Output

ローダの実行

ローダ出力のプレビューが正常に完了すると、このローダをロードする準備が整います。[操作] パネルで [手動で実行] をクリックして実行します。

CRM Planning Dimension Loader - Run Loader

また、自動的に実行できる [スケジュールされた統合タスク] にローダを含める準備もできています。

CRM Planning Dimension Loader - Scheduled Integration Task

ロードされた属性値を表示

以下のスクリーンショットは、顧客属性値をロードした結果を示しています。左側の1は、[モデリング] > [モデル管理] > [属性] 内の拡張ツリーを示しています。右側の2 は、インポート用にフォーマットされたスプレッドシートを示しています。ParentId列3を空白のままにすると、Planning 属性ローダのデータ ソース設定ドロップダウンで選択したプランニング属性がその親になります。

Dimension Values Import XLSX Formatting

左側の [属性値] リストの上部にある顧客が、ローダ内の [データ ソース設定] ドロップダウンでプランニング属性として選択されています。

Planning Dimension Customer

親属性値

ローダを使用して既存の属性値の親を変更するには、移動する必要がある属性値のParentId列に新しい親のIDを入力します。たとえば、上記の例の結果を使用して、CRM顧客を顧客1の子にしたい場合、ツリーは次のようになります。

 顧客 |__顧客1 |__CRM顧客  |__R.G. Barry Corporation |__Sierra Bancorp |__SkullCandy, Inc. ... |__顧客2 |__StoneMore Partners L.P. |__ScanSource, Inc. ... 

データ ソース スプレッドシートは次のようになります。

CRM Plannding Dimension Loader - Reparent Dimension Values

顧客1のIDは、1の1です。これは、CRM顧客の2 parentId列に示されているように、CRM顧客の親になります。

このスプレッドシートをロードした結果は次のようになります。

CRM Planning Dimension Loader - Reparent Dimension Values Example

スプレッドシートのparentId列で示されるように、顧客1はCRM顧客の親であることに注意してください。

特性をリスト属性に関連付ける

parentIdを指定せずにマッピングすることにより、リスト属性に特性を関連付けることができます。

リスト属性は全体的に階層構造を持たない属性を意味します。サブ属性や属性値の階層構造を持たず、値の一様なリストのみが存在します。

リスト属性製品のスプレッドシート データ ソースには、グループ、色、サイズなどの各属性の特性の列があります。

Spreadsheet Data Source - List Dimension - Attributes

グループ、色、およびサイズの列には、製品属性の特性が含まれています。

ローダのデータ ソース設定でリスト属性を選択します。

Dimension Loader - Select List Dimension

この属性はリスト属性であるため、製品の特性は列マッピング内の列として使用可能になります。

Dimension Planning Loader - Attribute - Column Mapping

これが階層属性である場合、これらの追加列は列マッピングに使用できません。

スプレッドシートを読み込んだ結果は次のようになります。

Planning Dimension Loader - Dimensions Loaded with Attributes

  • この記事は役に立ちましたか?