メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

タスクの表示と実行

Integrationに移動すると、「統合タスクの概要」ページがデフォルトでロードされます。統合タスクは、インポートフローとして作成される定義済みの一連の操作です。タスクには、複数のデータ ソース、複数のローダ、さらにはその他のタスクを含めることができます。この概要には、表示または実行できるすべての既存のスケジュール設定済みタスクとスケジュール未設定のタスクが表示されます。

タスクの概要の各行にはタスクのタイプ、タスク名、次回実行予定の日時、現在のステータス、タスクキューのステータスが表示されます。タスクを選択すると、ページ内の新しいタブでタスクが開きます。

Integration Tasks Overview and Task Details
 

そこに着く方法

[Compass.png ナビゲーションメニュー navicon.gif > Integration > タスクの実行] へ進む

が始める前に

  • 許可が必要: [統合] > [インテグレーションオペレーター]
  • [統合] > [データ デザイナー] の権限を持つ人物に、タスクのセットアップと表示をしてもらいます
  • [統合] > [データ デザイナー] の権限を持つ人物に、実行したいタスクの起動権限を付与してもらいます

タスクの詳細を表示

  1. タスクをダブルクリックすると詳細が表示されます。
  2. [保留中/最近の実行] 内の実行の1つを選択して、タスク手順の進捗状況を確認し、エラーをトラブルシューティングします。
  3. 手動でタスクを起動する場合は [実行] を選択し、パラメーターを入力します。必須フィールドはタスクによって異なります。
  • スプレッドシートデータ ソースに関するタスクの場合は、ファイルを求められます。 
  • スクリプト化されたデータ ソースに関するタスクの場合は、実行時間パラメーターを要求するプロンプトが表示されます。

スクリプト化されたデータソースまたはローダを使用している場合は、デフォルト値に設定されたパラメーターでプロンプトが表示されます。その個々の手動実行について、パラメーターを上書きできます。スケジュールされたタスクでは、デフォルトのパラメーターが使用されます。

  1. タスク情報を表示するには、[実行履歴] を選択します。
  • 実行時間/日付
  • タスク名
  • 実行所要時間(秒)
  • 実行ステータス
  1. 実行履歴の項目をダブルクリックすることによって、ログ履歴の詳細にドリルインします。そうすることでその項目を手動で実行して、他の最近の実行の詳細を表示できます。
  • この記事は役に立ちましたか?