メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

NetSuite 統合 - セットアップ

NetSuiteでは、2019年4月8日までに、すべての顧客に対して、二要素認証およびトークンベースの認証が求められるようになります 。2019年4月8日までにNetSuite統合をトークンベースの認証にアップグレードしない場合、Adaptive Insights内でNetSuiteに接続することができなくなり、統合が機能しなくなります。対応の詳細については、こちらをご覧ください。

NetSuite の顧客でもあるAdaptive Insightsの顧客の場合、NetSuiteコネクタを使用して、NetSuite アカウントからAdaptive Insightsモデルへの実績データのインポートを自動化できます。NetSuiteコネクタを有効にして設定したら、予算をAdaptive InsightsからNetSuiteにエクスポートし、Adaptive InsightsからNetSuiteへのドリルスルーを有効にすることもできます。この接続のメソッドは、NetSuite Basicとも呼ばれています。

Adaptive Insightsモデルでは、管理権限を持つAdaptive Insightsユーザーは、あらゆるロールに対してNetSuite セットアップ権限を付与できます。そのロール権限を持つユーザーは、NetSuite コネクタのセットアップを行うことができます。

2つの認証オプションのうちいずれかを使用して、NetSuite Basicによる統合が可能になります。

  • NetSuite Eメールアカウント/パスワードを必要とする従来のログインは、NetSuiteがすべての顧客をアップグレードする2019年4月8日をもって機能しなくなります
  • NetSuiteで生成するコンシューマ キー、コンシューマ シークレット、トークンID、およびトークン シークレットを必要とするトークンベースの認証は、2019年4月8日以降も機能します。

が始める前に

  • Adaptive Insightsで必要な権限: 管理者
  • NetSuiteで必要な権限: NetSuite管理(ロールID = 3)
  • [セットアップ] > [企業] > [企業情報] に移動して、NetSuite内で企業のNetSuiteアカウントIDを取得します
  • トークンベースのアクセスの場合:NetSuiteでトークンベースの認証キーを生成します
  • 従来のアクセスの場合: NetSuite管理(ロールID = 3)のログイン認証情報を入手するか、Adaptive Insightsとの統合専用のAdaptive PlanningユーザーをNetSuiteで作成します

基本ステップ

  • Adaptive Insightsでロールに対してNetSuiteセットアップ権限を付与し、NetSuiteコネクタをセットアップする必要があるユーザーにそのロールを割り当てます
  • NetSuiteアカウントIDおよびNetSuiteシステムタイプ(本番またはサンドボックス)をNetSuiteから入力します

トークンベースの認証(TBA)の場合

  • NetSuiteセットアップ権限ロールを持つユーザーとしてAdaptive Insightsにログインし、[NetSuite統合セットアップ] ページでNetSuiteのトークンベースの認証キーを入力します。

ビデオを見る: 4分00秒

Token Based Authentication and upgrading to NetSuite 2018.1 for NetSuite Basic in Adaptive Insights
 

従来のログイン

  • Eメール アドレス、パスワード、ならびにNetSuite(ロールID = 3)または統合プロセス専用に作成された特別ユーザーのNetSuiteロールIDを入力します。このメソッドは2019年4月8日をもって機能が停止し、使用できなくなります。

両方の認証オプションの場合

  • NetSuiteから初めてインポートする前に、Adaptive InsightsにおいてNetSuiteのカテゴリー構成とマッピングをセットアップします。
  • NetSuiteからAdaptive Insightsへのインポート
  • 必要に応じてNetSuiteに予算をエクスポートします

そこに着く方法 

Compass.pngナビゲーションメニューから [統合] > [NetSuiteセットアップ] に移動します。

統合のセットアップ

Adaptive Insightsインスタンスのそれぞれについて、NetSuite統合を1回セットアップします。

  1. Adaptive Insightsにログインします。
  2. ナビゲーションメニュー > [統合] > [NetSuiteセットアップ] に進みます。NetSuiteセットアップを見ることができるのは、NetSuiteセットアップ権限を持つユーザーに限られています。
  3. [認証] オプションを選択します。
    NetSuite Basic - Authentication Options
    1. NetSuiteですでにトークンベースの認証キーを生成済みで、NetSuite 2018.1エンドポイントを使用する場合は、トークンベースの認証を選択します。
    2. NetSuiteでトークンベースの認証を有効にしていない場合は、[従来のログイン] を選択します。 

設定をアンロックするには、[インポートユーザーの更新] を選択する必要がある場合があります。インポートユーザーを更新しても、マッピングや以前にインポートした実績は削除されません。

  1. NetSuiteアカウントIDを入力し、システムタイプを選択します。会社がNetSuite Bundle MarketplaceでNetsuite バンドル用のAdaptive Insightsを購入した場合(推奨)、[強化されたバンドルベースのドリルスルー] を選択します。
    NetSuite Integration - Setup - NetSuite Account Details

NetSuiteサンドボックスアカウントが_SBxで終了する場合(例: _SB1または_SB2など)、[システムタイプ] を「本番」に設定する必要があります。

  1. 認証情報を入力します。
    1. トークンベースの認証の場合、NetSuite生成したNetSuiteコンシューマー キー、コンシューマー シークレット、トークンID、トークン シークレットを入力します。
      NetSuite Basic - Token Based Authorization Keys
    2. 従来の認証情報の場合、EメールアドレスとパスワードにはNetSuiteユーザーの必須フィールドを入力します。管理者以外のロールを持つユーザーがNetSuiteからインポートする場合、オプションのロールIDを入力します。
      NetSuite Basic - Legacy Login 
  2. セットアップを保存します。

セキュリティ上の理由により、ユーザーの ’NetSuite のパスワードと E メール アドレスは Adaptive に格納されません。

[保存] をクリックすると、Adaptive InsightsNetSuiteに接続して統合を確立しようとします。接続に成功すると、このページで統合が確認され、NetSuiteアカウントID が表示されます。接続に失敗すると、このページにエラーメッセージが表示され、問題点が説明されます。

従来のログインの場合は、NetSuiteロール3管理ステータスとウェブサービス専用ロールを保持します

NetSuiteウェブサービス専用ロールを使用して、従来のログインのNetSuite Basic(NetSuite OEM)統合プロセスを開始することはできません。NetSuiteを使用した従来のログインでは、最初に管理者(ロールID = 3)がSSOLoginを開始して、セキュリティトークンをAdaptive Insightsに渡せるようにする必要があります。

従来のログインユーザーの元のNetSuite管理者(ロールID = 3)は、ロール3ステータスを維持する必要があります。維持しないと、Adaptive InsightsとのNetSuite統合は機能しなくなります。

元々の従来ログイン型NetSuiteユーザーが管理者(ロールID = 3)ステータスを喪失した場合、インポートユーザーを新規の管理者(ロールID = 3)ユーザーに更新します。インポートユーザーを新規の管理者(ロールID = 3)ユーザーに更新した後、そのインポートユーザーを、ウェブサービス専用ロールを持つ別個のユーザーに変更します。

Adaptive Planning 統合ユーザーの作成

推奨されるベストプラクティスとして、NetSuiteデータインポートの実行専用に新しいユーザーアカウントを作成できます。このオプションのユーザーアカウントは、最初のユーザーアカウントが無効になってしまった場合に、統合が失われるのを防ぎます。

統合とインポート プロセスへの対処専用のNetSuiteシートを使用したくない場合は、以下の手順を使用して、既存のユーザーを適切な権限で設定できます。

NetSuiteにおけるAdaptive Planning統合ユーザーのセットアップ方法:

  1. NetSuiteAdaptiveという名称の新しいロールを作成します。次の権限によるウェブサービスのみのアクセス権の付与:
  • トランザクション > トランザクションを見つける – 完全
  • トランザクション > 予算を設定 – 完全
  • リスト > 検索を実行 – 完全
  • リスト > 科目 – 表示
  • リスト > クラス – 表示
  • リスト > 顧客 – 表示
  • リスト > 部門 – 表示
  • リスト > 項目 – 表示
  • リスト > 場所 – 表示
  • リスト > 子会社 – 表示
  • レポート > 貸借対照表 – 表示
  • レポート > 損益計算書 – 表示
  • レポート > 財務諸表 – 表示
  • セットアップ > 会計リスト – 編集
  • [セットアップ] > [削除済みのレコード–完全]
  • [セットアップ] > [アクセストークンを使用してログイン – 完全](トークンベースの認証用)
  • セットアップ > 会計期間の管理 – 表示
  • セットアップ > ウェブサービス – 完全

権限の名前はNetSuite内で変更できます。このリストに権限が表示されない場合、NetSuiteで [設定] > [企業] > [レコード/トランザクションの名前を変更] に移動し、変更済みの名前を確認します。例えば、「Class(クラス)」は「Classification(分類)」に名前が変更された可能性があります。エラーメッセージにはオリジナルの名前が使用されます。 

複数の子会社を擁する NetSuite OneWorld のお客様は、あらゆる子会社にロール アクセスを与え、子会社間の記録の閲覧権限ボックスにチェックを入れる必要があります。ロールページの [子会社の制限] セクションで、アクセス可能な子会社を「すべて」に設定します。 

  1. ロールの [内部ID] をメモします。[内部ID] が表示されない場合は、[ホーム] > [詳細設定] > [全般設定] > [デフォルト] > [内部IDを表示] に移動し、[T] を選択します。
  2. NetSuite Adaptive Planning[Integration]という新しいユーザーを作成し、このユーザーにAdaptive ロールを割り当てます。
  3. Adaptive Insightsにおいて [統合] > [NetSuiteセットアップ] に移動します。
  4. [インポートユーザーの更新] を選択します。
  5. Adaptive Planning統合ユーザーの認証情報を入力します。NetSuiteにアカウントIDを表示するには、[セットアップ] > [統合] > [ウェブサービスの設定] に移動します。ロール ID は、先ほどメモした内部 ID のことです。

統合セットアップのリセット

NetSuite 統合が正常に完了すると、画面の下部に [接続をリセット] ボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、NetSuite 統合が無効になり、NetSuite からAdaptive Insightsへデータを転送できなくなります。統合をリセットしても、マッピングや、以前にインポートされた実績は削除されません。

前述の [NetSuite 統合セットアップ] ページで認証情報を再入力することにより、統合を復元できます。

従来認証のインポートユーザーの更新

従来の認証においてインポートユーザーとして設定されているNetSuiteユーザーを変更する必要がある場合、[インポートユーザーの更新] をクリックします。新しいインポートユーザーの詳細を入力できる [NetSuite統合のセットアップ] ページが開きます。

NetSuite ユーザー アカウントへの変更の影響

NetSuite統合が作成されると、インポートユーザーがNetSuiteからAdaptive Insightsにデータを転送できます。NetSuiteにおいてインポートユーザーに対して特定の変更を行うと、NetSuiteAdaptive Insights間のリンクが無効になり、その後のインポートが失敗する原因になる場合があります。

  • NetSuite でユーザーのパスワードを変更しても、そのユーザーのログイン認証情報を参照するAdaptive Insights NetSuite リンクが無効になることはありません。’
  • NetSuite でユーザーのデフォルトのロールを変更しても、そのユーザーのログイン認証情報を参照するAdaptive Insights NetSuiteリンクが無効になることはありません。’
  • NetSuite でユーザーを変更し、インポートに必要なデータへのアクセス権限がなくなった場合は、その後のインポートが失敗する原因になります。
    これを修正するには、NetSuiteのセットアップ権限を持つAdaptive Insights管理者が、インポート ユーザーを更新して、必要な権限を持つ有効なNetSuiteユーザーにする必要があります。
  • NetSuiteでユーザーを変更し、有効なユーザーではなくなった場合は、その後のインポートが失敗する原因になります。
    これを修正するには、NetSuiteのセットアップ権限を持つAdaptive Insights管理者が、インポート ユーザーを更新して、必要な権限を持つ有効なNetSuiteユーザーにする必要があります。

NetSuiteカテゴリー構成のセットアップ

  1. ナビゲーションメニュー>[統合] > [Netsuiteカテゴリー構成] に進みます。
  2. ページの下部にある [Netsuiteカテゴリーマッピングのインポート] を選択します
  3. NetSuite.から最初のインポートを行う前に、使用中のNetSuite カテゴリーを対応するAdaptive Insights属性にマップします。

管理者はNetSuiteカテゴリー(子会社、部門、クラスなど)をAdaptive Insightsの対応する属性(科目、組織など)に関連付ける方法を指定できます。ここで確立された関連付けにより、次のマッピングが可能になります。

  • NetSuiteカテゴリー対Adaptive Insightsの単一の属性の1対1の関係
  • 複数のNetSuiteカテゴリー対Adaptive Insightsの単一の属性
  • 単一NetSuiteカテゴリー対Adaptive Insightsの複数の属性

マッピングは、インポートプロセス中、または [NetSuiteカテゴリーマッピング] ページからインポートする人がどの選択肢を取得するかを決定します。マッピングを変更する必要は全くないか、あったとしても頻繁ではありません。

  • 複数のNetSuiteカテゴリーが単一のAdaptive Insights属性に関連付けられている場合、それらのカテゴリーの値は連結され、1つのカテゴリーであるものとしてマップされます。たとえば、「部門」と「場所」の双方が「組織」に関連付けられている場合、インポート マッピング画面には「エンジニアリング 米国」または「販売 ロンドン」といった選択肢が表示されます。
  • 単一のNetSuiteカテゴリーが 2 つのAdaptive Insights属性に関連付けられている場合、マッピングは双方の属性で表示されます。たとえば、「クラス」が「地域」と「製品」の双方に関連付けられているのであれば、インポート マッピング画面には各属性が表示され、ユーザーは「北北米・中南米」でマッピングできます。1 件のインスタンスで製品 Aアメリカ大陸に、アメリカ:別のインスタンスで製品 A製品 Aに。

NetSuiteカテゴリーの構成

  1. NetSuiteカテゴリをAdaptive Insights属性にマップするには、ドロップダウンリストで各カテゴリーに対応する属性を選択します。ドロップダウンには、科目、組織、およびモデルのカスタム属性が表示されます。複数のNetSuite カテゴリーを1つのAdaptive Insights属性にマップする場合、これらのカテゴリーについてドロップダウンリストでその同じ属性を選択します。
  2. 1つのカテゴリーを複数の属性に関連付けるには、ドロップダウンリストの横にある [追加] を選択します。各カテゴリーに最大 3 つの追加ドロップダウンリストを追加することができ、そのカテゴリーに合計 4 つの属性が割り当てられます。
    NetSuite Category Configuration - Categories
  3. 完了したら [保存] をクリックします。

NetSuite カテゴリーマッピング値の構成

カテゴリーの構成を完了したら、[NetSuiteインポートのカテゴリーマッピング] リンクでマッピング ページに移動します。インポートを行うユーザーは、NetSuiteカテゴリー値とAdaptive Insightsモデル属性値の間のマッピングを指定できます。このリストはインポートするまで空のままです。

NetSuiteからインポート

NetSuite 統合とカテゴリー構成が完全に設定が済んだら、インポートユーザーは、Adaptive モデル内の [インポート] タブのNetSuite からインポートを実行できます。

  1. Adaptive Insightsにログインします。
  2. [ナビゲーションメニュー統合] > [データをインポート] に進みます。
  3. [インポートの種類] から、[実績] を選択します。
  4. [インポート元] から、[NetSuite実績] を選択します。
  5. デフォルトで [標準] が [シートにインポート] から選択されます。
  6. [インポートする期間] からインポートする期間範囲を選択します。
  7. [インポート] をクリックします。
  8. [カテゴリーマッピング] ページで必要なマッピングをセットアップします。
  9. [続行] をクリックします。
  10. インポートが完了すると、[インポートの結果] ページがロードされ、インポートが成功したかどうかが示されます。

NetSuiteへのエクスポート

管理者は、予算を NetSuite にエクスポートするように Adaptive Integration を設定できます。

必要な権限

[管理] > [一般設定] > [統合] および [NetSuite Basic]

[管理] > [ロールと権限] でエクスポートするユーザーを編集して、[エクスポート機能] および [への予算のエクスポートNetSuite] を選択します。.

エクスポートターゲットとしてNetSuiteを選択

NetSuite Basicを有効にすると、[NetSuiteへ予算をエクスポート] の権限を持つユーザーは、NetSuiteまたはCSVファイルにエクスポートできます。

NetSuite Basicが有効になっているものの、構成されていない場合、[出力ターゲット] セクションが表示されますが、NetSuiteのチェックボックスは無効になっています。[NetSuiteのセットアップ] が構成されていない場合、[NetSuite カテゴリーの構成] リンクが表示されます。

  1. 未構成の場合、前述の [NetSuiteカテゴリーの構成] をセットアップします。
  2. [統合] > [データのエクスポート] に進みます。
  3. 出力ターゲットにNetSuiteを選択します。
  4. NetSuiteでエクスポートする予算カテゴリーを選択します。
  5. NetSuiteでエクスポートする1つまたは複数の会計年度を選択します。
  6. [エクスポート] を選択します。

DrillThrough

NetSuiteからのインポート用にマップされた実績数値を含むAdaptive Insightsのシートまたは [セル エクスプローラー] ウィンドウを表示すると、数値にドリルダウンできます。これにより、当該数値を構成するトランザクションを詳述したNetSuiteレポートを起動できます。

[管理] > [一般設定] のNetSuite Basicチェックボックスでは、 [NetSuite インポートされた数値のドリルイン] と呼ばれる [ロールの詳細] 権限を有効にし、いずれのロールにも付与することができます。

ドリル行動は、Adaptive Insights for Netsuite バンドルが(NetSuite Bundle Marketplaceから)NetSuite インストールにインストールされているかどうかによって異なります。バンドルがインストールされている場合は、必ずNetSuite [統合セットアップ] ページに行き、Adaptive Insights for Netsuiteバンドルインストールのチェックボックスにチェックを入れてください。

ドリルのための要件

NetSuiteからのデータのインポートが終了すると、適切な権限を持つユーザーは、Adaptive InsightsからのNetSuiteデータをドリルインできます。

NetSuiteにドリルインするための要件の詳細については、こちらをご覧ください。

Adaptive Insights for Netsuite バンドルなし

Adaptive Insights for Netsuite バンドルがNetSuiteにインストールされていない場合、NetSuite にドリルインするオプションは、以下のすべてが該当する場合のみ右クリックメニューに表示されます。

  • ユーザーには、Drill into NetSuite Imported Numbers権限を含むロールがあります。
  • NetSuite統合セットアップが成功すると、NetSuite 接続が構成されます。
  • 右クリックされた番号は、実績バージョンに属します。数字は数式の結果ではありません。生のデータかデータの合計のいずれかでなければならず、データはNetSuiteからインポートされたものです。
  • 数字は、少なくとも1件のNetSuite会計期間にマップするタイムスロットの数です。
  • 数字は、NetSuiteインポート科目マッピングのターゲットである科目のためのものです。
  • 数字はキューブ科目にはありません。(キューブ科目にリンクされているリンクされた科目で、実際の番号が表示され、ドリルスルーできます。)
  • 数字は、以下の要件の少なくとも 1 つを満たすレベルにあります。
    • レベルが最上位レベル(全社)。
    • 組織がNetSuiteインポート組織マッピングに含まれています。
    • 番号が分割上にある場合、分割に割り当てられたすべての属性(空白またはAny値を除く)は、1つまたは複数のNetSuiteインポート属性マッピングに含まれます。
  • 数字は各NetSuiteカテゴリーについて最大1つの値にマッピングされます。

 Adaptive Insights for Netsuite バンドルあり

Adaptive Insights for Netsuite バンドルがNetSuiteにインストールされている場合、NetSuite にドリルインするオプションの要件は、制限が緩和されます。

  • 探索中またはアクセス中の座標がNetSuiteからマップされた場合は、NetSuiteにドリルインのオプションが表示されます。マッピングは厳密に1対1である必要はありません。
  • 合計に含まれるリーフのセルの少なくとも1つがNetSuiteからマップされた場合、合計のドリルが許可されます。合計に含まれるすべてのセルにマッピングが必要なわけではありません。

その他すべての要件は同じです。

より具体的に言うと、NetSuiteにドリルインするオプションは、以下のすべてが該当する場合のみ右クリックメニューに表示されます。

  • ユーザーには、[NetSuite にインポートされた数字にドリルイン] 権限を含むロールがあります。
  • NetSuite 統合セットアップが成功すると、NetSuite 接続が構成されます。
  • 右クリックされた数字は実績バージョンに属します。
  • 数字は数式の結果ではありません。生のデータかデータの合計のいずれかでなければいけません。ロールアップの場合、そのロールアップ内のデータの少なくとも1つがNetSuiteから来ていなければいけませんが、必ずしもすべてではありません。
  • 数字は、少なくとも 1 件のNetSuite 会計期間にマップするタイムスロットの数です。
  • 数字は、NetSuiteインポート科目マッピングのターゲットである科目のためのものです。
  • 数字はキューブ科目にはありません。(キューブ科目にリンクされているリンクされた科目で、実際の番号が表示され、ドリルスルーできます。)
  • 数字は、以下の要件の少なくとも 1 つを満たすレベルにあります。
    • レベルが最上位レベル(全社)。
    • レベルがNetSuite インポート組織マッピングに含まれています。
    • 番号が分割上にある場合、分割に割り当てられたすべての属性(空白またはAny値を除く)は、1つまたは複数のNetSuite インポート属性マッピングに含まれます。
  • 数字はNetSuite カテゴリー1つ以上の1つ以上の値にマッピングされます。

シートからのドリル

シートは、次のいずれかの場合に実績値を表示できます。

  • 表示セレクターで実績バージョンが選択されている
  • 選択された計画バージョンに、数ヶ月分の実際のデータが表示されている 

いずれにしても、実績の数値を右クリックすると、[NetSuiteにドリルイン] という選択肢を含むメニューが開きます。

右クリックのメニューから [NetSuite にドリルイン] を選択すると、新しいブラウザのウィンドウでNetSuite トランザクションレポートが起動されます。NetSuiteへのログインが済んでいない場合、ログインを要求するプロンプトが表示されます。

ログインすると、選択された番号に応じて、NetSuite 損益詳細レポートまたはNetSuite 貸借対照表の詳細レポートのいずれかが表示されます。ドリルインしている金額が経費、収入、その他の収入、その他の費用、計上なし、または売上原価のタイプのNetSuite 科目である場合、損益詳細レポートが表示されます。他のすべての科目タイプは、貸借対照表詳細レポートを起動します。

NetSuiteでどこでも構わないのでクリックすると、NetSuiteが提供する詳細にドリルインすることができます。

ドリルインしている番号がAdaptive Insightsで編集された場合、NetSuiteから元々インポートされた番号と一致しなくなる可能性があります。NetSuiteの数字はAdaptive Insightsにインポートされた後に変更された可能性があります。このような場合、NetSuiteレポートには、Adaptive Insightsでドリルインした番号とは異なる番号が反映されます。

 セル エクスプローラーからのドリル

[セル エクスプローラー] ウィンドウに上記の規則を満たす数字が表示された場合、[変更履歴を表示] の右側のウィンドウの右上に [NetSuite にドリルイン] リンクが現れます。このリンクは、右クリックメニューにある [NetSuite にドリルイン] オプションと同じ働きをします。

  • この記事は役に立ちましたか?