メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

カスタムスクリプトからデータをインポート

カスタムスクリプトからデータを手動でインポートする方法について説明します。

カスタムスクリプトは、CRM、ERP、またはHRシステムなど、外部ソースからデータをインポートする旧式のメソッドです。これらのスクリプトは、特に組織のニーズに合わせて書かれており、ソースシステムからデータを直接引き出します。

カスタムスクリプトはIntegrationタスクに移行中です。移行が完了したら、カスタムスクリプトはすべて削除されます。

が始める前に

  • 必要な権限:データインポート機能
  • カスタムスクリプトを実行する時点でのバージョンは、インポート先/エクスポート元のバージョンです

そこに着く方法

Navigation Icon5.pngナビゲーションメニューで [統合] > [データをインポート] をクリックします。 

カスタムスクリプトの実行

  1. インポートの種類として、実績、計画、またはトランザクションを選択します。
  2. バージョンを選択します。
  3. [カスタムスクリプト] を選択します。最後の実行時間、最後の実行者、最後の実行ステータスとともにスクリプトがテーブルに表示されます。
  4. 実行する必要があるスクリプト名をクリックします。
  5. スクリプトでインポートする最初の期間を選択します。
  6. スクリプトでインポートする最後の期間を選択します。1つの期間に対してのみインポートする場合、最初と最後に同じものを選択します。
  7. カスタムスクリプトがソースシステムに接続するために必要な認証情報を入力します。
  8. [スクリプトの実行] をクリックします。

スクリプトを実行すると、新しい最後の実行時間と最後の実行ステータスを示すよう、スクリプトリストが更新されます。

  • この記事は役に立ちましたか?