メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

データをエクスポート

質問

新しいユーザーです。[データのエクスポート] ページでの様々なオプションについて説明してください。

回答

このページでは、現在選択されているバージョンの科目 値を Microsoft ExcelTM で開くことができるカンマ区切り値(csv)ファイルにエクスポートできます。多くの点で標準シートの印刷対応ビューに類似していますが、このページではインポートの場合と同様に、指定された科目とその値をすべてエクスポートし、これをオプションで外部科目コードと組織名にマッピングできます。

NetSuite統合オプションを購入している場合は、このページで予算バージョンをAdaptive PlanningからNetSuiteにエクスポートすることもできます。この機能の詳細については、「 NetSuite 予算エクスポート」を参照してください。

データをエクスポートするには、4つの利用可能なオプションのセットから選択して [エクスポート] ボタンをクリックします。この機能では、エクスポート時に個別の分割の値が集計されることに注意してください。

  1. フォーマット このセクションでは、エクスポート ファイルで科目と組織にラベルを付ける方法を選択できます。[形式] の隣にある [編集] をクリックすると、以下のような選択肢が表示されます。

    外部エクスポート名の設定方法については、ページの下部にある「エクスポート科目マッピングとエクスポート組織マッピング」の手順を参照してください。

    • Adaptive Planning科目名とコード - このオプションを選択すると、エクスポートされたデータには Adaptive Planning の科目名と組織名のラベルが付けられます。

    • 外部科目コード - エクスポートされたデータには、[科目マッピングをエクスポート] と [エクスポート組織マッピング] 画面で設定された科目コードと組織名のラベルが付けられます。外部科目コードは、異なる科目または組織マッピングが必要な他のシステムに Adaptive データをインポートする場合に非常に便利です。科目または組織でエクスポート マッピングが設定されていない場合は、デフォルトでエクスポートから除外されます。[マップされていない項目を含む] チェックボックスを選択すると、あらゆる科目と組織を含めることができます。この場合、マッピングのない科目と組織には、Adaptive Planningで使われている名前のラベルが付けられます。

  2. フィルター: [フィルター] セクションでは、[編集] をクリックすると、エクスポートされるデータに含まれる科目、組織、時間範囲を指定できます。これを指定しない場合は、すべてのデータがエクスポートされます。

    科目 - このセクションには、モデル内に存在するすべての科目(総勘定元帳、カスタム、メトリック、モデル、キューブ、前提条件、為替レート)のリストが表示されます。Ctrl または Shift をクリックすると、エクスポートに含める特定の選択肢または科目の範囲を指定できます。月と四半期などの別々の時間層を使用する科目を選択した場合、エクスポートでは2つのうちの長いほう(たとえば四半期)が使用されます。

    組織 - このセクションには、アクセスできる組織がすべて一覧表示されます。Ctrl または Shift を押しながらクリックすると、エクスポートに含める特定の選択項目または組織の範囲を指定できます。

    期間  - [時間の範囲] ドロップダウン セレクターで別のオプションを選択して、エクスポートに組み入れる期間を選択できます。時間セレクターは動的に更新を行って、選択された科目の時間層に基づいて範囲を示します。月と四半期などの別々の時間層を使用する科目を選択した場合、範囲は2つのうちの長いほう(たとえば四半期)で表示されます。

  3. 属性: このセクションでは、エクスポート ファイルでデータにタグを付ける際に使用する単一 または複数の属性を選択できます。属性の隣にある [編集] をクリックすると、モデル内のカスタム属性すべてのリストが表示されます。

  4. ルール: ルールの隣にある [編集] をクリックすると、以下の 4 つのオプションが表示されます。

    • 通貨 - すべての金額をエクスポートする際の通貨を選択します。デフォルトの "組織の通貨を使用" では、各組織の金額が該当する組織の通貨でエクスポートされます。

    • 空の行を含む - デフォルトで、データのない行はすべてエクスポートから除外されます。科目または組織にデータが含まれているかどうかに関わらず、このエクスポートに指定した科目と組織をすべて含める場合は、このオプションを選択してください。

    • 科目と組織の合計を含める - フィルターがエクスポートに適用されていない場合は、このオプションを選択すると、エクスポートにロールアップ(親)科目と組織を含めることができます。フィルターを適用している場合、このオプションは使用できません。これは、フィルターで選択されている場合はロールアップが除外されるためです。

    • 時間合計を含む - これを選択すると、要求された期間内の時間合計の列がエクスポートに組み入れられます。選択しない場合は、個別のデフォルトの時間層列のみが組み入れられます。 

  5. [エクスポート] をクリックします。

科目マッピングをエクスポート

他のシステムで使用する目的で Adaptive から科目データをエクスポートする必要があり、その科目をそのシステムの外部名にマップする必要がある場合は、エクスポートを支援する目的で [エクスポート科目マッピング] を使用できます。

科目マッピングのエクスポートを設定するには、 インテグレーションの >[エクスポート科目マッピング] に行き、以下の手順に従ってください。

  1. 親科目をナビゲートして展開し、マッピングしたい子組織の科目を選択します。親科目は選択できません。
    [科目マッピング] リストのヘッダーの左上にあるボックスをクリックすると、すべての科目を選択/選択解除できます。

  2. 既存のインポート名を使用するには、右側の詳細パネルで [インポート名を使用する] をクリックし、確認ポップアップで [OK] をクリックします。

  3. 複数のアイテムが選択されている場合、選択されたすべての科目でインポート名が使用されます。

カスタムの外部科目名を入力するには、 Integration の >[エクスポート科目マッピング] に行き、以下の手順に従ってください。

  1. 親科目をナビゲートして展開し、マッピングしたい子科目を選択します。親科目は選択できません。
    [科目マッピング] リストのヘッダーの左上にあるボックスをクリックすると、すべての科目を選択/選択解除できます。

  2.  右側の詳細パネルの [外部科目名] フィールドにカスタム名を入力します。変更内容を破棄したい場合は、[キャンセル]   をクリックします。

  3. 希望する名前を入力したら、[保存]  をクリックします。

  4. [外部エクスポート科目] 列に変更内容が表示されます。

  5. 複数の科目が選択されている場合、選択されたすべての科目で入力したテキストが使用されます。

  6. ページの上部にある [印刷可能なビュー]  をクリックすると、すべての科目マッピングを含むスプレッドシートが表示されます。

エクスポート組織マッピング

他のシステムで使用する目的で Adaptive から組織データをエクスポートする必要があり、その組織をそのシステムの外部名にマップする必要がある場合は、エクスポートを支援する目的で [エクスポート組織マッピング] を使用できます。

エクスポート組織のマッピングを設定するには、 Integration の >[エクスポート組織マッピング] に行き、以下の手順に従ってください。

  1. 組織をナビゲートして展開し、マッピングしたい組織を選択します。
    [組織マッピング] リストのヘッダーの左上にあるボックスをクリックすると、すべての組織を選択/選択解除できます。

  2. 既存のインポート名を使用するには、右側の詳細パネルで [インポート名を使用する] をクリックし、確認ポップアップで [OK] をクリックします。

  3. 複数の組織が選択されている場合、選択されたすべての組織でインポート名が使用されます。

カスタムの外部エクスポート組織名を入力するには、 Integration の >[エクスポート組織マッピング] に行き、以下の手順に従ってください。

  1. 組織をナビゲートして展開し、マッピングしたい組織を選択します。
    [組織マッピング] リストのヘッダーの左上にあるボックスをクリックすると、すべての組織を選択/選択解除できます。

  2. 右側の詳細パネルの  [外部エクスポート組織名] フィールドにカスタム名を入力します。変更内容を破棄したい場合は、[キャンセル]    をクリックします。

  3. 希望する名前を入力したら、[保存]   をクリックします。

  4. [外部エクスポート組織名] 列に変更内容が表示されます。

  5. 複数の組織が選択されている場合、選択されたすべての組織で入力したテキストが使用されます。

  6. ページの上部にある [印刷可能なビュー]  をクリックすると、すべての組織マッピングを含むスプレッドシートが表示されます。

  • この記事は役に立ちましたか?