メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

NetSuite カテゴリーの設定 - 基本

NetSuite BasicNetSuite OEM)統合を使用している場合、NetSuite カテゴリーの設定には以下のものが役立ちます。NetSuiteから最初のインポートを行う前に、NetSuite 科目 で使用されているNetSuite カテゴリーを、対応するAdaptive Planning属性にマップする必要があります。この画面では、管理者はNetSuite カテゴリー(子会社部門クラス場所項目顧客)をAdaptive Planningの対応する属性(科目、組織、組織構造内のレベル、あらゆるカスタム属性)に関連付ける方法を指定できます。

この画面で設定された関係は、標準的な 1 対 1 の関係よりも複雑にすることができます。複数のNetSuite カテゴリーを Adaptive Planningで単一の属性にマップしたり、単一のNetSuiteカテゴリーをAdaptive Planning.で複数の属性に関連付けたりすることができます。

この画面で設定された関係はNetSuite統合の特徴になり、頻繁には変更できません。このような関係により、インポート プロセス中に、または [NetSuite カテゴリー マッピング] ページでカテゴリー値をマッピングする際に示される選択肢が決まります。

  • 複数のNetSuiteカテゴリーが単一のAdaptive Planning 属性に関連付けられている場合、それらのカテゴリーの値は連結され、1つのカテゴリーであるものとして、一度にマッピングされます。たとえば、「部門」と「場所」の双方が「組織」に関連付けられている場合、インポート マッピング画面には「エンジニアリング - 米国」または「販売 - ロンドン」といった選択肢が表示される可能性があります。

  • 単一のNetSuiteカテゴリーが 2 つのAdaptive Planning属性に関連付けられている場合、マッピングは双方の属性で表示されます。たとえば、「クラス」が「地域」と「製品」の双方に関連付けられているのであれば、インポート マッピング画面には各属性に「クラス」が表示され、ユーザーはクラス「北北米・中南米:「製品A」を「地域」属性の「北米・中南米」と「製品」属性の「製品A」にマップすることができます。

注:この画面は、NetSuite Integration 機能をオンにしている企業でのみ利用できます。この機能の詳細な情報については、Adaptive Insights顧客担当者にお問い合わせください。

NetSuiteカテゴリーの設定方法

この画面には、以下のNetSuite カテゴリーが一覧表示されています。子会社部門クラス場所項目顧客の NeSuite カテゴリーが表示されます。各NetSuite カテゴリーの隣には、インスタンス、N/A科目組織Adaptive インスタンスにあるあらゆるカスタム属性)が含まれているドロップダウン リストが表示されます。

カテゴリーの設定は非常にシンプルなプロセスです。

  1. NetSuite カテゴリーの隣で、ドロップダウン リストから対応するAdaptive 属性を選択します。NetSuiteカテゴリーを使用していない場合、またはAdaptive 属性にマップされていない場合は、"N/A"を選択します。複数のNetSuiteカテゴリーが単一のAdaptive属性にマップされている場合は、複数のドロップダウン フィールドでそのAdaptive 属性を選択してください。NetSuite の 1 つのカテゴリーがAdaptive Planningの複数の属性に対応する場合は、当該カテゴリーの属性選択肢の隣にある [追加] リンクをクリックします。属性ドロップダウン リストがもうひとつ表示され、別のAdaptive 属性を当該カテゴリーに関連付けられます。各カテゴリーで属性ドロップダウン リストは最高 3 つまで追加できます。つまり、各カテゴリーは最高 4 つの属性に関連付けられます。

  2. ドロップダウン リストで属性を指定したら、[保存] をクリックします。

NetSuite カテゴリー マッピングの設定(マッピング値)

カテゴリーの設定が完了したら、[インポート] タブのNetSuite サブタブ リンクを使って設定ページの代わりに [NetSuite カテゴリー マッピング] ページを表示します。インポートを行うユーザーは [マッピング] ページで、NetSuite カテゴリー値と当該カテゴリーに対応する属性のAdaptive Planning属性値の間のマッピングを指定できます。インポートが行われるまで、利用可能なNetSuite カテゴリー値のリストは空白です。

  • この記事は役に立ちましたか?