メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Looks like this logo isn't being used anymore since we started using the new CSS to make our documentation look like our product UI.

Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

トークンベースの認証用のNetSuiteキーを入力

NetSuiteの2018.1 の二要素認証要件をサポートする一環として、NetSuiteからのトークンベースの認証キーを入力する方法について説明します。

NetSuiteの二要素認証(2FA)への更新期限は、2019年4月8日です。NetSuiteが従来メソッドの認証をオフにすると、既存の従来型統合は機能しなくなります。実行する必要がある具体的な手順は次のとおりです。

NetSuite 2018.1および二要素認証

NetSuiteの2018.1リリースをもって、NetSuiteでは、高度な特権のあるロールに二要素認証(2FA)が必要になります。 Adaptive Insightsには、NetSuite Basicのセットアップ、またはAdaptive Integration内のNetSuiteデータソースの一部として、高度な特権のあるロールが必要です。NetSuite 2018.1の場合、NetSuiteで生成された認証キーをAdaptive Insightsの適切な場所に入力する必要があります。

が始める前に

NetSuiteでトークンベースの認証を有効にし、コンシューマー キー、コンシューマー シークレット、アクセストークンID、アクセストークン シークレットを生成して、安全な場所に保存します。

NetSuiteトークンベースの認証キーを入力

トークンベースの認証キーを入力する場所は、NetSuiteをAdaptive Insightsと統合するために使用する方法によって異なります。

会社はAdaptive IntegrationでNetSuite BasicまたはNetSuiteデータ ソースのいずれかを使用しています。

NetSuite Basic

  1. [統合] > [NetSuiteの設定] に移動します。
  2. [トークンベースの認証] を選択します。

設定をアンロックするには、[インポートユーザーの更新] を選択する必要がある場合があります。インポートユーザーを更新しても、マッピングや以前にインポートした実績は削除されません。

  1. NetSuite内で生成したコンシューマー キー、 コンシューマー シークレット、アクセストークンID、アクセストークン シークレットを貼り付け、[保存] をクリックします。

ビデオを見る: 4分00秒

Token Based Authentication and upgrading to NetSuite 2018.1 for NetSuite Basic in Adaptive Insights
 

Adaptive Integration内のNetSuiteデータ ソース

[統合] > [データ デザイナー] に移動します。

既存のNetSuiteデータソースをアップグレードするか、新しいNetSuiteデータ ソースを作成できます。

既存のNetSuiteデータ ソースがある場合は、2019年4月8日までにNetSuite 2018.1にアップグレードする必要があります。

新しいNetSuiteデータソースを作成する場合、NetSuite 2018.1を自動的に取得するため、アップグレードする必要はありません。

どちらの場合でも、アクセス キーを保持するNetsuite認証情報を作成します。

既存のNetSuiteデータ ソースを2018.1にアップグレード

ビデオを見る: 4分4秒

Token Based Authentication and upgrading to NetSuite 2018.1
 
  1. 既存のNetSuiteデータ ソースを選択します。
  2. [操作] パネルで [2018.1へのアップグレード] を選択します。
  3. データ ソースのいずれかをNetSuite 2018.1に初めてアップグレードする際は、[新しい認証情報を今すぐ作成] を選択します。
  4. NetSuite認証情報の名前を入力します。認証情報は、作成後、あらゆるデータ ソースに再利用することができます。
  5. NetSuite内で生成したアクセス キーを貼り付けます。
  6. [OK] を選択します。
  7. ダイアログの変更を確認し、それらのメモを取ります。変更に問題がなければ [アップグレード] を選択すると、データ ソースが更新されます。
  8. ローダ内のデータマッピングに必要な変更を行います。
  9. [構造のインポート] を選択し、データ ソース内のすべてのテーブルをアップグレードします。

新しいNetSuiteデータ ソースの作成

新しいNetSuiteデータソースを作成する場合、デフォルトで2018.1エンドポイントが使用されます。アップグレードする必要はありません。

  1. [認証情報の作成] を選択し、[NetSuite認証情報] を選択します。
  2. NetSuite認証情報の名前を入力します。認証情報は、作成後、あらゆるデータ ソースに再利用することができます。
  3. NetSuiteから生成したアクセス キーを貼り付けます。
  4. [新しいデータ ソースの作成] を選択し、[NetSuite] を選択します。
  5. [適用] を選択します。
  6. これでデータ ソースを使用して計画ローダを作成できます。

NetSuiteでトークンベースの認証監査ログを表示

NetSuiteで監査ログを表示して、ログイン試行中に正しいトークン要素がAdaptive InsightsからNetSuiteに送信されるかどうかを確認できます。

  1. NetSuiteにログインします。
  2. [セットアップ] > [ユーザー/ロール] > [ログイン変更履歴検索] に進みます。
  3. [高度な検索を使用] を選択します。
  4. [結果] タブを選択します。
  5. 結果に以下を追加します。
    • トークンベースのアクセストークン名
    • トークンベースのアプリケーション名
    • 詳細
  6. 検索を送信します。
  7. 最新のログインをトップに並べ替え、ログイン試行のステータスと詳細列を確認します。

NetSuite - Login Audit Trail Search Results for Token-based Authentication

 

  • この記事は役に立ちましたか?