メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

標準シートの作成

新規標準シートの作成手順を説明します。

標準シートは、データ入力、レポート構築、情報追跡などの様々なタスクのために使われます。

新規標準シートの作成

標準シートビルダーを使い、新規に標準シートを作成します。新規に標準シートを作成する際には科目、属性、表示オプション、およびシート可用性を指定します。 

標準シートを作成するには:

  1. 次に移動します: [モデリング] > [モデル管理]
  2. 以下のオプションのいずれかを選択します。 
    • 組織割り当てシート: 組織割り当てシートを作成します。
    • ユーザー割り当てシート: ユーザー割り当てシートを作成します。
  3. [新規シート] をクリックします。 
  4. シート名を入力します。シート名はインストールごとに特有でなければなりません。
  5.  [新規シートの作成] >  [標準] を選択し、[次へ] をクリックします。 

科目グループの定義

[シート用科目] を使用して、シート上に表示される科目を指定します。科目グループは、グループが作成されたシート上でのみ見ることができ、科目ツリーの様々な部分の科目をまとめて素早く閲覧することができます。最初に科目グループを作成し、次に科目をグループに追加します。 

新規科目グループを追加するには: 

  1. [新規グループ] をクリックします。
  2. [グループの詳細] 内で: 
    • [ヘディング] フィールド内で、グループに名前をつけます。 
    • グループのヘディング(名前)をシート上で表示するには、[ヘディングを表示] を選択します。
    • グループの科目の小計をシート上で表示するには、[小計を表示] を選択します。 
  3. [保存] をクリックします。

科目をグループに追加するには:

  1. グループを選択します。
  2. [科目を選択] エリア内で、グループに追加する科目を選択します。次の操作ができます:
    •  種類によって科目を選択。 
    • 科目ツリーを移動して科目を選択。 
    • 名前あるいは番号で科目を検索

科目合計をグループに追加すると、子科目もすべてシートに表示されます。

3. [グループに追加] をクリックします。

グループに追加された科目のうち、特定の科目をシート内で読み取り専用にできます。読み取り専用科目は、シート内のどの組織についても編集できません。 

科目を読み取り専用にするには:

  1. [シート用科目] から科目を選択します。
  2. [科目の詳細] から、[読み取り専用] を選択します。
  3. [保存] をクリックします。

科目グループの作成とシートへの科目の追加が終了したら、[次へ] をクリックします。 

属性の追加

シートに属性を追加できます。属性は計画データの分類と分析に役立つカスタム フィルターを提供します。属性を使用してデータを表示するか、さまざまな方法で数式にデータを組み込めます。追加された属性は、列としてシート上で利用できます。属性列は時間を表す列の隣に配置されます。標準シートには属性は必須ではありません。

属性をシートに追加するには:

  1. [利用可能な属性] から属性を選択します。 
  2. 右矢印>>をクリックし、シートの  [選択された属性] に追加します。
  3. 属性の追加が終了したら、[上に移動]、[下に移動] を使ってシートに表示される属性の順序を変更できます。 

シートへの科目の追加が終了したら、[次へ] をクリックします。 

表示オプションを指定

シートを最初に開いた時に読み込まれる状態を選択します。次のオプションから選択できます:

  • 組織別に表示モードで開始: 会社の組織構造がシートのY軸に、時間がX軸に表示されます([組織別に表示])。このチェックボックスがオフの場合は、シート用に選択された科目グループがシートのY軸に表示されます([科目別に表示])。 
  • ゼロあるいは空白の行を非表示: 値がゼロあるいは空白の行を自動的に非表示にします。

シートの表示オプションの追加が終了したら、[次へ] をクリックします。 

シートの可用性の指定

組織構造内のどの組織にシートへのアクセス権を与えるかを指定します。選択された組織へのアクセス権を持つユーザーは、シートにアクセスできます。サブ組織が選択された場合、親組織も自動的に選択されます。 

ユーザー割り当てシートを作成する場合、シートへのアクセス権を持つユーザーと、シートに表示される組織を指定します。 

組織構造内を移動し、含めたい組織を選択します。 

  • 画面が最初に表示される時は、組織構造の最上部の組織のみが表示されます。 
  • より綿密にアクセス権を指定するには、[サブ組織をカスタマイズ] をクリックします。[サブ組織用にシートをカスタマイズ]  が開き、選択した「科目」が左側に、選択した「[組織」が右側に表示されます。 
  • 表には、組織へのアクセス権を持つユーザーが次の操作を行えるかが表示されます:
    • シート上の様々な科目を編集できる ([編集可能])/
    • 科目を読み込めるが、編集はできない([読み取り専用]) 、
    • 科目の閲覧ができない([非表示]) 

以下のルールが適用されます:

  • 科目が親組織から見て非表示になっている場合、子組織は科目を閲覧できません。
  • 科目が(シートビルダーの   [科目を選択] ページで) [読み取り専用] と指定された場合、ここでは [編集可能] に変更することはできません。[非表示] あるいは [読み取り専用] への変更のみとなります。

組織の選択が終了したら、[シートを作成] をクリックします。以下のシート設定へのリンクを含む要約が表示されます。「科目グループ」、「属性」、「表示オプション」、および「[組織の可用性」。 

シートの管理

シートを管理するには:

  1. [モデリング] > [モデル管理] > [シート] に移動します。 
  2. 管理したいシートの種類に応じて、[組織割り当てシート] あるいは [ユーザー割り当てシート] を選択します。 
  3. 好みに応じて変更を行います:
    • シートは [編集]、[削除]、あるいは [名前を変更] できます。シートを編集する際は、「科目グループ」、「属性」、「表示オプション」、「可用性」など、シート作成時に使用した設定を変更することができます。
    • 上下の  [移動] 矢印 で、リスト内のシートの位置を変更します。
  • この記事は役に立ちましたか?