メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

キューブ シートの作成

キューブ シートには、指定された属性のセットにわたって入力された多属性データを格納することができます。キューブ シートは複雑(で多属性)な営業予想のモデリング用に設計されたものですが、ほぼすべての種類の多属性モデルの計画に使用できます。キューブ シートの作成には、いくつかのタスクが必要になります。詳細については目次を参照してください。

 

新規キューブ シートを開始する

新規キューブ シートを開始するには:

  1.  [モデリング] > [モデル管理] に移動します。
  2. 以下のオプションのいずれかを選択します。 
    • 組織割り当てシート: 組織割り当てシートを作成します。
    • ユーザー割り当てシート: ユーザー割り当てシートを作成します。割り当てるユーザーは、シートにおいてすべての組織へのアクセス権を持ち、中には個人情報など、通常は見ない機密情報へのアクセス権も含まれます。   
  3.  [新規シート] をクリックします。 
  4.  「シート名」と「科目コード プレフィックス」を入力します。 シート名はインストールごとに固有でなければなりません。
  5.  [新規シートの作成] > [キューブ] を選択し、 [次へ] をクリックします。 

キューブ科目の作成

キューブ シートには、少なくとも1つの標準キューブ科目が含まれている必要があります。 総勘定元帳科目は最も一般的なタイプの科目ですが、他のタイプの科目も使用できます。 

キューブ科目を作成するには:

  1. キューブ シートの [シート要約] 画面から、[キューブ科目] をクリックします
  2. ツールバーにある以下の項目から1つをクリックします:

新規標準キューブ科目の作成: 標準キューブ科目は、標準シートのカスタム科目と同じように機能します。ユーザーはこの科目に数値や数式を入力し、カスタム科目のロールアップと同様に、キューブ内で作成された科目ツリーにロールアップすることができます。標準キューブ科目はすべて、キューブ シートの内外からアクセスできます。

新規キューブ算出科目の作成: キューブ算出科目は、モデル算出科目と同じように機能します。グローバル科目レベルで定義された数式があり、モデル算出科目と同様にロールアップします。それぞれの場所で数式の値が合計されます。キューブ計算科目には、同じ場所の標準キューブ科目が空の場合はゼロになる数式が必要です。

新規キューブ前提条件科目の作成。 キューブ前提条件は前提条件と同じように機能しますが、キューブ内からしかアクセスできません。キューブ外部からキューブ前提条件を参照することはできません。

新規キューブメトリック科目の作成。 メトリック キューブ科目は標準シート上のメトリック科目と同じように機能します。ユーザーはこの科目に数値や数式を入力し、用語のロールアップで数式を評価することにより、ロールアップが実行されます。 

  1.   <[新規科目]> >[科目の詳細] (右側)から、科目の「コード」を「名前」を入力します。「短縮名」と「説明」はオプションです。
  2. [タイプ] を選択します。  「科目の詳細フィールドの説明」を参照してください

  3. 必要であれば、[科目特性] から特性を選択してください。

  4. [データタイプ] > [表示方式] から数字、通貨、あるいはパーセントを選択します。 

  5. [データ プライバシー] の設定: プライベート、全社のみ公開、または全組織で公開。

  6. [保存] をクリックします。

キューブ科目作成のヒント: 

  • 科目グループ(カスタム科目領域の科目グループと同一)を作成するには、 [ 新規グループを作成] をクリックします。
  • 既存のキューブ有効GL総勘定元帳の短縮名)またはキューブ シート上のカスタム科目を含めるには、[GLまたはカスタム科目を含める] をクリックします。ユーザーはキューブ シートからキューブ入力GL科目のトランザクションにドリルダウンできます。
  • キューブ科目には、カスタム科目とほぼ同じ属性があります。また、シートは読み取り専用というチェックボックスが追加されています。チェックされている場合は、この科目はキューブ シートからは編集できません。このチェックボックスは、キューブ算出科目では利用できません。これらの科目はシート上で常に読み取り専用になっているためです。

カスタム属性および特性をシートに追加する

このセクションでは、シートへのカスタム属性および特性の追加に関する概要を提供します。詳細については、「キューブ シート ビルダー: 属性および特性 の定義」を参照してください。

キューブ シートには属性のセットを含める必要があります。

  • 時間」「科目」および「組織」属性は、システム属性で、すべてのキューブ シートに存在する必要があります。これらの属性はキューブから削除できませんが、どの要素をキューブに含めるかを指定することができます。これらの属性の横のアステリスク(*) は、属性がキューブ シートから削除できないことを示しています。

  • カスタム属性: シート1つにカスタム属性を7つまで含めることができます。キューブ シートにカスタム属性を追加するには、まずカスタム属性を作成する必要があります。[モデリング] > [組織と属性] に移動し、カスタム属性を作成、使用します。

  • 特性: これらは科目特性、組織特性、および属性特性です。属性特性を追加すると、関連する属性がキューブに存在していない場合は自動的に追加されます。

1つのキューブ内にシステム属性、カスタム属性、および特性を合計50まで追加できます。

属性あるいは特性をキューブ シートに追加するには: 

  1. キューブ シートの [シートの要約] 画面から、[属性、特性および組織] をクリックします。 
  2. 左側のペインを使い、 「属性特性」をブラウズまたは検索します。 

  3. シートに属性または特性を含めるには、中央パネルにドラッグします。 

  4. 属性のプロパティを閲覧するには、中央パネルで属性を選択するとプロパティが右パネルに表示されます。

  5. カスタム属性のみ)[シート上の属性を編集] を選択し、ユーザーがシートを使用する際に属性値を追加できるよう設定できます。 

  6. 属性と特性を並べ替えるには、次の方法を用います。ここで設定された並び順で、属性と特性の ドロップダウン セレクター がシート上に表示されることになります。 

    • 属性または特性を選択し、  [上下矢印]  で移動させます。

    • 属性または特性をドラッグ アンド ドロップして並べ替えます。

    • 右クリックして、コンテキストメニューから [最上部に移動] あるいは [最下部に移動] を選択します。

  7. 属性または特性を削除するには、削除したいアイテムを選択して [ごみ箱]  をクリックするか、[削除] を押します。

  8. 属性と特性の追加が完了したら、[保存] をクリックします。

初期シート表示の設定

ユーザーがシート表示内で最初にキューブ シートを開くときの、シートの表示の仕方をコントロールできます。 

初期表示を設定するには:

  1. 歯車アイコン (中央ペインの上)をクリックし、シートのプロパティを設定します。

  2. [初期設定] から、シートビューアの二軸に最初に配置された属性と特性を選択します。

  3. (オプション) 属性列の幅が広くなりすぎないよう、「行の最大幅」を指定します。

  1. オプション)ゼロあるいは空の値の行をシートビューアで自動的に非表示にするには、[ゼロあるいは空白の行を非表示] を選択します。

  2. [OK] をクリックします。

キューブ制限の設定

制限を使用すると、キューブで属性の特定の組み合せを使用できないよう指定できます。例えば、「西部営業」組織はサンフランシスコ、サクラメント、ロスアンジェルスの「都市属性」メンバーのみ閲覧できるように指定したいかもしれません。 キューブ制限を追加しない場合、キューブ シートにはすべての属性の組み合わせが存在します。 

新規に制限を追加するには:

  1. キューブシートの [シート要約] 画面から、[キューブ制限] をクリックします。 
  2. [新規追加] をクリックします。 属性のリストを含むページが表示されます。 左ペインは、制限を決定する属性を表します(一次属性)。 右ペインは、制限を受ける属性を表します(二次属性)。 例えば「団体組織」と「都市」の制限を設定したい場合、左ペインで団体組織属性を選択し、右ペインで都市属性を選択します。 
  3. 一次属性と二次属性を選択したら、[作成して続行] をクリックします。 
    [制限を編集] ページが表示されます。 
  4. [制限を編集] ページで各要素の制限を設定します。 
     「団体組織」と「都市」の例の場合は、左ペイン内の「西部営業」団体組織に移動し、  右ペインで サンフランシスコ、サクラメント、ロサンゼルスが許可されていることを確認します。
  5. 制限の定義が終了したら、[保存] をクリックします。 

  6. キューブ シートをチェックし、制限を確認します。例えば「西部営業」団体組織を選択した場合、制限で指定された都市属性のメンバー(サンフランシスコ、サクラメント、ロサンゼルス)のみが表示されるはずです。 

  • この記事は役に立ちましたか?