メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

数式のキャプチャ

セルに直接入力される数式は、シート上の他のセルを参照できます。この機能を使うには:

キャプチャ モードは、情報をセルに直接入力する場合のみ、使うことができます。数式バーで数式を直接編集・更新する場合には、使えません。

  1. = とセルに入力して、開始します。
    セル編集ボックスには等号以外には何も含まれていません。

    Admin-EnterFormula.jpg
  2. シート上で別のセルを選択し、数式内でキャプチャします。
    これでセル編集ボックスには参照科目のコードおよび、選択されたセルの他の関連情報が全て含まれていることに注意してください。
    +-*/などの単純な演算子を入力することで、数式をさらに変更することができます。

  3. シート内で別のセルを選択します。

  4. 好みに応じて何度でも繰り返します。

  5. 数式が完成したら、[Enter] キーを押すか、数式入力バーの横にある緑のチェックマークをクリックします。
    または [Escape] キーを押すか、キャンセルをクリックして数式をキャンセルします。

こうして、シート上の幾つかのセルの合計値を算出する数式がすばやく作成できます。

この方法で作成、完成した数式を、同じ方法で変更することはできません。数式を後に変更するには、変更をセル編集バーに直接入力するか、「フォーミュラアシスタント」を使います。

数式キャプチャ モードでの数式作成は、シートが「組織による表示」モードの場合は少々異なります。科目の公開設定によっては、シート上で数式に使えないセルがある場合があります。科目が「公開」に設定されている場合は、全てのセルが数式の枠として有効です。しかし科目が「プライベート」あるいは「全社のみに公開」に設定されている場合は、その科目のセルを数式内で使うことはできません。

  • この記事は役に立ちましたか?