メインコンテンツまでスキップ
Adaptive Insights
Knowledge @ Adaptive Insights LLC, a Workday Company

数式バー

数式バーは大きなデータ入力バーで、シート ビューアーのグリッドの真上にあります。3 つの小さいボタンと、数式を入力できる大きな入力ボックスで構成されています。

 
  • 適用 このボタンを使うと、数式バーで行われた変更内容が、選択されたセルに適用されます。[適用] ボタンをクリックするまでは、数式バーで行われた変更内容は選択されたセルに格納されず、保存もされません。

  • キャンセル:このボタンを使うと、数式バーで行われた変更内容がキャンセルされ、元の値(選択されたセルに現在表示されている数式)が復元されます。

  • フォーミュラ アシスタント: ツールバーのこのボタンは、数式バーの数式用にフォーミュラ アシスタントを起動します。フォーミュラ アシスタントで [OK] または [完了] をクリックすると、そこで構築された数式が数式バーにコピーされます。ただし、[適用] ボタンをクリックするか、キーボードで Enter を押すまでは、選択されたセルに適用されません。

数式バーをクリックし、右下部隅にドラッグすることで、数式バーを拡大できます

数式バーには、グリッドで現在選択されているセルの数式が表示されます。セルが選択されていないか、複数のセルが選択されている場合、数式バーは空白になり無効です。数式は、ボックスに入力すると直接編集できます。数式ボックスに数字を直接入力すると、数式の代わりに値を入力できます。

編集後は [適用] ボタンをクリックするか Enter を押して、変更内容をグリッドのセルにコピーする必要があります。数式バーで変更してもセルに適用されなければ、その変更内容は破棄され、保存されません。

セルに数式を直接入力

数式バーを使って数式を入力する代わりに、グリッドのセルに数式を直接入力することもできます。この場合は [適用] ボタンをクリックして変更内容を適用する必要はありません。別のセルに移るだけで、当該セルへの変更内容が格納されます。その後、シートを保存すると変更内容も保存されます(ツールバーで [保存] ボタンをクリックしてください)。 

数式をグリッドのセルに入力する場合は、セルのコンテキスト メニューを右クリックしてフォーミュラ アシスタントを起動できます。直接、セルで数式を作成・編集する場合はシート上の別のセルへの参照を入力できます。「=」、「+」、「*」、または「/」を入力してセルを選択すると、編集中の数式に当該セルへの参照が含まれます。この機能は、数式バーで数式を編集・作成する際には利用できない点に留意してください。 

数式の詳細な情報について: 

数式の概要
フォーミュラアシスタント
数式構文
[数式] タブ(共有数式)
数式のキャプチャ

  • この記事は役に立ちましたか?